So-net無料ブログ作成
検索選択

洞海湾の古城 [歴史]

 

 

西日本新聞によれば、若戸大橋の下にかば島(パソコンで出てこない「ば」という字)で通称「中ノ島」とも呼ばれたという。そこに福岡藩の出城として「若松城」があったという。幕府による一国一城令により廃止された。明治の頃には工場などがあったという。1940年に安全航行のために削り取られたという。大戦が始まる前です。

北九州市のネットの説明もありました。

 

「もともと、地方の一村落でしかなかった若松村が水運の拠点として大きな役割を担うのは、遠賀川の上流一帯で産出される石炭の積出港になってからである。
(略)

 洞海湾の湾口、若松、戸畑間にかば島(通称 中ノ島)があり、藩政時代は、黒田藩三宅若狭家義の小城が築かれていたが城は後に壊された。

 この島は幕末当時、台場があり、明治大正期には造船所数件と貯炭場などがあったが、昭和1410月当時の内務省が切り取り工事を開始、昭和1512月に完了し、今はその姿をとどめていない。(北九州風土記による)

 また、奥洞海湾入口(八幡製鉄所の西側)に葛島があり葦が生い茂っていたが、埋め立てられ八幡製鉄所と陸続きになり植樹され緑の小山になっている。」

. 

豊前国と筑前国の境になり、そのための防衛のためのものだったのではないか。

006.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました