So-net無料ブログ作成

時間が追いかける [生活]

 

 

 

 

「仲畑流・万能川柳  毎日新聞201742日 東京朝刊

☆印は秀逸(仲畑貴志選)

死にそうとメールしたのに了解と 千葉 姫野泰之

先生の「今日はここまで」だけが好き 宝塚 忠公

独居でもトイレに鍵の几帳面 武蔵野 竹とんぼ

立ち止まること許されぬラッシュアワー 座間 ぼうちゃん
(以下略)」

 

東京のラッシュで後ろから押し込まれた乗車した記憶は消えません。

 

「(声)都会と田舎、流れる「10分」違う 37歳 201744日朝日新聞

 

 ある朝ラジオをつけたら、どこかの首長さんが、鉄道のダイヤ改定で、ある区間が「10分」も短縮された、と誇らしげに話していた。その「10分」が物流や企業活動に恩恵をもたらすという。

 私は田舎町で86歳から2歳まで、4世代9人家族で暮らしている。この暮らしの中の時間軸と、ラジオから流れる時間軸とのあまりの違いに少し戸惑う。

 2歳の子は、おやつのヨーグルトを食べるにも、スプーンを振り回し、食卓を汚し、あっという間に「10分」経つ。足の悪い大ばあちゃんが、部屋から玄関までたどり着くのにも「10分」かかる。

 その「10分」で、都会では町を一つ越えてしまうのだ。どちらがよくて、どちらが悪い、という話ではない。

 ただ、経済活動を巡る時間の効率化を重視する考え方が、世の中の主流になってしまうと、少し息苦しいな、と思う。」

 

長崎新幹線は着工されたが、在来線より26分短縮するという。投資額は2600億円超。さらに実質的には10分超しか変わらないという。たかが10分。されど10分。

三池炭鉱 024.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感