So-net無料ブログ作成
検索選択

残されるもの [高齢者]

 

 

エッセイストの吉沢久子さんは、かつて「女一人残されたら大変」だと夫に言ったら「男だって同じだ」と言われたという。大方、そうだと思いますし、自分が先だと勝手に決めていますが・・・。

 

敬愛する詩人・茨木のり子氏の「梅酒」という作品の中では次のように記されています

 

「後に残るあなたのことばかり案じてきた私が

 先に行くとばかり思ってきた私が

 ぽつんと一人残されてしまい

 梅酒を見るのも厭で

 台所の隅にほったらかし

 梅酒は深沈と醸されてとろりと凝った琥珀いろ」(一部引用)

 

残された茨木氏はたくさんの業績を残してくれました。

011.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人生はどげんでんなる? [高齢者]

 

 

 生きることは厄介なことも多い。予定通りと言う人もいるかもしれませんが、ままならないと思う人も多いでしょう。亡き人を思いながら、思索した人のメッセージです。

 

「亡き家族との物語込めた思い

「生きる力」を伝えたい

闘病の妻との日々をつづった 安武編集委員

人生どんげんでんなる

認知症の母を描き連載100回岡野さん

 

漫画家岡野雄一さん(67)長崎市= が、91歳で亡くなった認知症の母光江さんを中心に家族の物語を紡ぐ「ペコロスの陽だまりの時間」(毎週火曜掲
)4日、連載100回を重ねた。
この節目に、岡野さんと、同じ生活面 の連載「はなパパの食べることは生きること」(20159月から173)を終えたばかりの安武信吾編集委員(53)が、亡くした家族について伝える意味などを語り合った。(井上真由美)

 

安武

亡くなったお母さんを描くってどういう作業ですか?

岡野

自分を産んでくれた人間を思い返すことで、自分の歴史を見返すような気がする。僕の場合、 いろんなトラウマ(心的外傷)を越えるというか、なぞっていく感じ。

安武

分かります。僕は、連載の最後から2番目に書いた「妻とと暮らした最期の日々」は、最初に理由書こうとして書けなかった。後悔がずっとあったから。書く前に、千恵(享年33)を診てくれた在宅医の二ノ坂保喜先生に会いに行った。僕が一方的にしゃべって、最後に「あれがあったからこそ、本当の夫婦になれた気がした」と言った途端、涙があふれた。先生は
「それは意味のあることだと思い ます」と。自分を肯定できた気が して、最期の日々が書けた。

岡野

僕は母が亡くなった直後、天国に行った母ちゃんばかり描いて、ただただしおれている漫 画が続いた。4カ月たったころ、 ギャグを入れたらすごく読者の反応があった。やっとよみがえった。 漫画を描きながらよいしょっと立ち上がった。

安武

悲しみを乗り越えたのではなく、大切に抱きながら生き続けることができるようになったという気がします。

岡野

漫画を描き、講演をして、亡くなった親が認知症だったとか、介護中とかいう人が日本には多い、とあらためて気付く。講演の最後に必ず歌うのが自作の「どんげんでんなる」。「生きとこうで。生きとけばどんげんでんなる」という母の口癖から作った歌です。(以下略)」(201744日西日本新聞

 

「どんげんでんなる」はどうにかなるという意味です。救われるような気がします。

010.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「多死社会」 [高齢者]

 

デスク日記  

 

 「元気出して」。口にしがちな言葉だけにどきりとした。家族などを失った人にこんな声掛けをすると、本人はかえってつらいのだそうだ。

 最近、愛する人と死別した悲しみを癒やす「グリーフケア」について考える機会があった。ドキュメンタリー「在宅看取(みと)りとグリーフケア」(豪田トモ監督)は、妻をがんで亡くした初老男性を描く。「後悔を伴った悲しみはピュアな悲しみではない」と、別れの前に思いを語り合えるみとりの重要性を訴える。」

 福岡市の在宅医二ノ坂保喜さんの寄稿「続・死を見つめて生きる」(本紙生活面で木曜掲載)にも夫をみとった妻の「最期の時間はハネムーンだった」という印象的な言葉があった。その時間が悲嘆を思い出に昇華させたという。

 日本はやがて高齢社会の次に訪れる「多死社会」を迎える。みとりの時間は旅立つ人のためだけではなく、残された人の生も左右する、と知っておきたい。 (井上真由美)

2017/04/11付 西日本新聞朝刊=」

 

人口減社会の予測に、政策で減が鈍化していることを強調させる官邸の動きがあったという報道がありました。ベビーブームが二度ほど続いたのですから減は避けられません。基本は貧困社会にあるのだと思いますが、そこに焦点をあてていないのが問題では。

 

 

「『看取り難民』

実際に亡くなっている場所をみると、病院と診療所が七七・八%を占め、自宅十二.%、 老人ホーム五・三%介護保健施設が一・九%で、その他が二・二%。自宅と施設を合わせた「在宅」での看取りは二0・一%にとどまっている(O一三年現在)。 国の財政的制約で病院のベッド数はそうそう増やせない。このままでは急増する高齢者
の看取りの場を確保できない恐れがある。厚生労働省は、「死亡場所別、死亡者数の年次 推移と将来推計」で、二OO年には医療機関、介護施設、自宅を除いた「その他」での 死亡者数が約四七万人に達すると予想している。 「その他」とは、いったいどこなのか。無認可の介護施設か、はたまた路上なのか。日本
にもムクティ・パワンのような宿泊所がつくられるというのだろうか。「その他」について厚労省は詳しい説明をしていないが、語感から「看取り難民」が大量に発生する危機感が伝わってくる。四七万人という数字の根拠はともかく、厚労省は看取りの場の不足に警鐘を,鳴らしたいのだ。」(『長生きしても報われない社会』)

012.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

足が上がらず [高齢者]

 

 

 

「人は年を取る 現実は厳しい  70

 「こだま」に掲載された「みよちゃんと50年後に再会」。うれしくて、掲載後すぐに幼なじみのみよちゃんヘ手紙をしたためた。心待ちにしていた、返事が届いた。相変わらず流麗なし墨字の表書き。胸をときめかせながら封を切った。衝撃だった。今、整形外科に入院中とあった。「えっ、まさか」と頭が一瞬、
真っ白になった。詳しいことは書いてないが「現在、 歩く練習中で、もう大丈夫」 とあった。でも、とても心配である。私も少b前、雑草を取り、
しようけで運んだ。近道をしようと思ったのが大間違い。足が上がっておらず、 石につまずいですね、あの「弁慶の泣き所」を打った。それはもう、痛いのなんのってーl

みよちゃんとの思い出はほんわかと50年前のまま。しかし、人生の現実を突然に突き付けられた。人は皆、年を取るということを。」(201748西日本新聞

 

足が上がりません。散歩していてもこする音に気づき直します。

 

「知命」  茨木のり子



他のひとがやってきて

この小包の紐 どうしたら

ほどけるかしらと言う

他のひとがやってきては

こんがらがった糸の束

なんとかしてよ と言う

(はさみ)で切れいと進言するが

(がえん)じない

仕方なく手伝う もそもそと

生きているよしみに

こういうのが生きているってことの

おおよそか それにしてもあんまりな

まきこまれ

ふりまわされ

くたびれはてて

ある日 卒然と悟らされる

もしかしたら たぶんそう

沢山のやさしい手が 添えられたのだ

一人で処理してきたと思っている

わたくしの幾つかの結節点にも

今日までそれと気がつかせぬほどのさりげなさで

013.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自宅で看取る [高齢者]

 

 

児童はかま姿変わる卒業式 79

家の前のMちゃんは小学校を卒業したかわいい女の子。卒業式の日、外出から帰ったら、家の前ではかま姿でにこにこしている姿にびっくり。小学生のはかま姿を見るのは初めて。しかも、よく似合っている。思わず抱きしめたくなる。普段から私たち年寄り夫婦に「おじちゃん」「おば
ちゃん」と親しんでくれ、 2人暮らしには何ともうれしい存在。早速、並んで写真を撮ってもらう。 それにしても、卒業式のはかま姿は大学生とばかり思っていたが、今や小学生
でもそうなのかと驚く。着物姿の同級生は12人だった とか。友達3人一緒に、彼
女の家で着付けてもらった そうだ。知らないうちに世の中、変わってきているんだなあと、改めて感じ入る。Mちゃん、これからもじいちゃん、ばあちゃんを驚かせてね。」

201746日西日本新聞)

 

はかまという着慣れない形を素直には喜べないのですが・・・。

ノルディックウォーキングポールを利用して散歩している人が増えました。歩くのがラクになるというが、まだ、その気になれません。その方たちも含めて健康寿命を延ばしたいというのは切実な思いだと思うが、衰えは避けられません。友人からのメールによれば10歳くらい若い元同僚ががんで余命いくばくもないという。年寄りのメールには生死までが登場します。多分、「良いネットワーク」とされる支える人たちに恵まれていたから実現できたのではと想像しました。

 

「自宅でみとる約束果たせた 57

旅立ちの季節を前に母が突然、天国に旅立ちました。春の足音とともに49日が近づいた。 仕事との両立が難しくなり、介護と向き合う日々。 1年もたたずに終わってしまった。
病状の悪化や変化、ハプ ニングに戸惑いながらも、夫婦で力を合わせ、その一つ一つに対応し、乗り越えていった。母を囲んで笑い声が絶えなかったのは、自分に時間のゆとりがあった,からだと思う。

ただ、今でも「もう少し・・・たら」「もっと・・・れば」 と、反省する。良いネットワークに囲まれ、在宅でみとる約束は果たせた 最後の1カ月は指一本でさえ、自分で動かせなくなった。その不自由さは、耐え難かったととだろう。あの我慢強い母が弱音を吐いていた。介護にもっとどっぷり漬かる覚悟をしていたのに、あまりにもあっけなく逝ってしまった。ちゃんとお別れの言葉が言えなかったお母さん、よく頑張ったね。もう少し、一緒に居たかったけど、今までありがとうね。」(同前)

003.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家族でなくとも [高齢者]

 

 

日曜日はNHKスペシャルでは認知症が取り上げられていました。ですが、年寄りも含めて自分の問題として考える人は少ない気がしています。それが介護問題の根幹に影響していないのか。そんな思いが最近強くなってきました。年寄りの問題を取り上げる人の少なさがあると思います。業界筋の方は多いのですが、その範囲外の方が少ないように思います。介護保険では軽度者は対象外と言うか、自治体任せになっていますが、認知症のことでは介護度が軽い人も多くいます。そうすると、介護度の判定基準は今のままでよいのかということになります。このように漠然とした老後の不安は年寄りを重たく包んでいます。

 

「(声)語り合う相手がいる老後は幸せ 80歳 2017324日朝日新聞

 

 生前に一面識もなかった人の七回忌の法要に招かれた。故人は身寄りのない老人。法要を取り仕切ったのは、バングラデシュ出身の大学准教授とその家族だった。その場に故人の血縁者は一人もいなかった。

 准教授の一家は十数年前、生きる意欲を失った故人と知り合い、7年間、実の親子以上の深い付き合いをしてきたという。准教授が年寄りをたぶらかして財産を奪おうとしていると、うわさする人もいたようだ。だが、孤独だった故人は、この家族と幸せな老後を過ごし、97歳で亡くなった。財産と言えるような遺産などなかったようだ。

 准教授は無宗教だそうだが、自分が喪主となり、故人を希望通り仏式で送った。そして6年間、お仏飯を供え、朝晩、仏壇に手を合わせてきたという。七回忌には、故人の思い出を語り合えるよう故人と親しかった人を招いた。准教授と故人のつきあいに興味を持っただけの私も、招いてもらった。

 法要に出席し、幸せな老後とは、周りに語り合える人がいることだとつくづく感じた。相手は必ずしも家族でなくていいのだとも。」

008.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「清冽-凛としたたたずまい」 [高齢者]

 

 

タイトルは詩人茨木のり子氏の評伝のタイトルです。西日本新聞の1面コラムは「春秋」です。それにならった読者の「春秋」の募集で優秀で新聞に掲載されたものです。

 

「丸 山孝子さん(62)

題材

戦後70年の昨年は茨木のり子さんの詩〈わたしが一番きれいだったとき/まわりの人達が沢山 死んだ/工場で海で名もない島で・・・〉(「わたしが一番きれいだった とき」)を読み返す人が増えた今月17日 で没後10年になる茨木さんの最期を思い返
す人も増えたかもしれない。思い返すたび に、「戦後現代詩の長女」と評された人らしくキリッとしていた、と思う▽40代で夫
に先立たれ、独りで暮らしていた茨木さんは79歳で急に病気で亡くなった。親しかっ た人たち、お世話になった人たちへの「お別れの手紙」を、自分で書いて印刷も終えていた。親族が日付と病名を書き加えて郵送した▽〈このたび私・・・この在におさらば
することになりました。これは生前に書き置くものです〉で始まり、葬儀やお別れ会などは何もしない旨を添え〈「あの人も逝ったか」と一瞬、たったの一瞬思い出して下さればそれで十分でございます〉と書いていた▽50代の時の随筆「花一輪といえども」(1994年の随筆集「1本の茎の上に」筑摩書房・所収)の中に「送りかた送られかたはいろいろであっていい」「『このようにする』と言い残すことはできる」とあるどうして自分は死ななければならないのか、と誰かに聞くこともできずに戦争に命をもっていかれた人々の、たくさんの無念にも思いをはせさせてくれる送られかただった、とあらためて思う。(昨年27日掲載)」(2017321日西日本新聞)

 

 これを読んだのが茨木氏の死後刊行された『歳月』という詩集を読んだばかりで深く同意したように感じました。それは私の勝手な思い込みなのですが・・・。

 

そして、丸山さんは次のように述べています。

 

「あの人も逝ったか」と一瞬、たったの一瞬思い出して下さればそれで十分でございます。 これは、27日の春秋に掲載された茨 木のり子さんの生前書かれた「お別れの手紙」の一部だ。まさに私自身、常々こう思
っている。「冠婚葬祭」が苦手で特に葬式 のセレモニーに違和感を覚える。 出席しながらいつも「私は葬式はいらな い」とつぶやく。かつて私を知った人が私 の死を心で悼んでくれたら、それで十分だと思っている。茨木さんは「送りかた、送られかたはいろいろであっていい」とも書かれている。

若い頃から死をみつめて生きてきた。子供の頃、病床に伏して横たわっていることが多かったからかもしれないが、それは大人になるにつれ明確になってきた。まず物は減らしている。突然、事故で自分が家に戻らぬことがあってもいいように、できる限り部屋は整えている。かつて
の部屋の主として魂だけは戻ってきている かもしれないから。そして荷物でなかなか捨ててきれないのは、新聞記事のスクラップ や本、映画などの感想を書いたノート、という活字にまつわるものが多い。しかしこれとて興味のない人にとってはただの紙くずだ。燃えるゴミにすぐに出せるようまとっている。

服もコートスーツなど、シンプルで丈夫な物が私とともに年を重ねている。体形 はほとんど変わらないまま、今に至っているので服が極端に増えることはない。すっきりしたクロゼットやタンスをみるたびに心の中まで、さっぱりする。かつては本にうもれていたが、一番重いのでほとんど処分した。だらだらと書きつづった日記は、一年前の物から年末に処分

ている。ただ思い出深い若い頃の日記だほ捨てきれず残している。「終活」などという言葉も好きではなく、もともと物のない空間がおちつくので常々そうありたいと思っているだけだ。しかし茨木さんのように「お別れの手紙」書くほど知人がいないことに私は気づい

た。父母の病、そして死をみつめるうちに、自分の人生からあらゆるものをそぎおとして生きてきた気がする。 「あとは死ぬだけ」と、ときどき自分につぶやく。そして植物や動物たちの小さな手でふれるたび「長く生きるんだよ」と心を寄せている。」(同前)

 

 

私が50歳代のころ、どう死ぬか考えることがあると話したところ、当時、還暦近かった人から、そんなに若いのにと驚かれました。それは、私には死を還暦近くまで考えないというのに驚きました。茨木のり子氏の死を「孤独死」だったという報道がありました。しかし、生前用意されていた「お別れの手紙」は200通もあったという。それを孤独死とはいうまい。今月、ひっそりと古い友人が逝った。重い病と知ったときはもう最後に近いと家族は言っていたという。静かに送りたいという家族の思いは悲しみの深さを感じました。合掌。

007.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

70歳過ぎると・・・ [高齢者]

 

 

「働き方改革  期待せず47% 求職登録の主婦調査 毎日新聞2017318

 

正社員と非正規労働者の不合理な待遇差をなくす「同一労働同一賃金」の実現や、長時間労働の抑制を目指している安倍政権の「働き方改革」について、求人・求職サイトに登録している主婦のうち「期待していない」と答えたのは47.2%で、「期待している」の42.8%を上回ったことが民間企業の調査で分かった。安倍政権は女性の社会進出を促そうとしているが、働く意欲のある主婦は冷ややかに受け止めている形だ。
(以下略)」

 

「同一労働同一賃金」の本来の意味はなんだろう。「不合理な待遇差」をどう解釈するかでどうにもなるという発想では解決にはならないと思うが・・・。

 

たしかに40歳がいつのまにかやってきたという記憶があります。ただ、慌ただしく過ごしたように思います。今の年になるとそんなあわただしさは消えたのに早い。脳の酸素吸入量で時間感覚が変わるという説がありますが・・・。

 

「花時計

 

30を過ぎると1年はあっという間だぞ」との上司の言葉を「大げさな」と鼻で笑う・・・そんな新人時代が最近のことのように思えるが、気付けばもうすぐ中年の仲間入り▽今は1年なんてあっという間だが、思えば小学生の頃は1年どころか1日がとても長かった。それまで生きた時間と比べると、10歳にとっての1年と30歳の1年は感じ 方が違うのは当然か。では4歳になるわが子の1年、1日、そして1分は?抱っこをせがまれ「ちょっと待って」と我 慢させている時聞は、本当に子どもにとっても
「ちょっと」だろうか▽新人だった私に上司が伝えたかったのは「今を大切に」ということだと今なら分かる。たくさんの「今」をおざなりにしてきた反省も踏まえ、子どもの「今」くらいは大切にしよう。(河津由紀子)」(2017318西日本新聞

013.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

残りの人生への挑戦? [高齢者]

 

 

古い友人が亡くなった。そっと見送りたいという家族などの思いに、本人の生き方が重なります。渡瀬恒彦さんが亡くなったという報道の日に知りました。ご兄弟のリスペクトしあう関係は親御さんの教育もあるのでしょうか。同じ日に、WBC日本チームの投手コーチが鳥栖市出身の78歳の権藤さんと知り、本番前の状態から本番ヘの変化に理屈抜きに納得してしまいました。それは、要請した小久保監督への賛辞でもあります。野村克也氏がかつて何かで書いていたと思いますが、プロ選手で本を持参する人はほとんどいない(野村さんの目では)のに読んでいる。これは違うぞとか思ったという記述を思いだました。そして、練習環境の改善を求めて球団幹部と対立し、無償トレードされてしまいました。それらを乗り越えてきた小久保監督にもエールを送りたい。

 

というのも、最近老化現象が激しく、つまずくし、物忘れも増えて、とても前向きに生きていくなどとは思いもできせんでした。最近の出来事から感じることは、それぞれの人生にはいろんな形があるということ。それをどう生きは切るかなのではと思いましたというと、カッコ良いのですがすぐに忘れて落ち込むと思いますが。

 

「孫と卒業競う 大学45年生」  70

 世の中には努力の人がいらっしゃるものです。しかも、身近に。本紙2月中旬の筑後版「76歳、三池工定時制卒業ヘ」を読み、驚きと感銘を禁じ得ません。
まずは、心から「おめでとう」を送ります。何ごとも目標を持ち、諦めない気持ちがいかに大切か、教えてくれました。やる気をも らいました。 私が通信制大学の門をたたいて約45年。留年、退学、 再入学を繰り返し、諦めかけていた「卒業」の2文字 に光明が差し込む思いで
す。改めて、わが学業を見直してみました。合格リポートより不合格が断然、多い。自分の不勉強は棚に上げ、添削者の名前が鬼に映るときがあります。卒業に必要な単位は131。現在まで77単位を取得、残りは54単位。今からでも遅くない。諦めたら終わりです。孫娘も4月から大学生。「よし、卒業を競争するか」。古希のハートに火がつきました。」(2017316日西日本新聞

007.JPG

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

良い人が先に [高齢者]

 

 

「気流

福岡市・天神のアクロス福岡シンフォニーホールで先日あったコンサート。ウィーン・フィルハーモ
ニー管弦楽団の主要メンバー ら9人が絶妙なアンサンブル で観客1800人を魅了した▽ウィーンでのニューイヤーコンサートに出演したメンバーが日本に駆けつけ、本場の音楽を届ける。福岡では2006年からコカ・コ一ラウエストが主催し、ニューイヤー

コンサートとして定着。今回 の招待には過去最多の14 713通の応募があり、長崎熊本などからの来場者もいた▽北九州コカ・コーラ時代 の1989年に始まった無料
クラシックコンサートは93 回を数える。コカ・コーライーストジャパンとの経営統合を4月に控え94回目の開催は未定。文化・スポーツなど各分野で地域貢献活動を続ける企業姿勢には頭が下がる。統合後も変わらないでほしい。」(2017114日西日本新聞)

 

いいホールが近くにありますが、まだ、2度ほどしか行ったことがありません。できれば、年1回は行ければいいですが・・・。

 

日記は若い頃には書いていましたが、その後は書いたことがありません。良い人ほど早くなくなるというのはなぜかそう思います。今月も古い友人が亡くなりました。渡瀬恒彦さんが72歳でしたが、ほぼ同じ年齢です。そんな年齢を超えて生きていくには日記もいいかと思いますが・・・。

 

 

「『最後の日記』 これで3冊目   82

師走、喪中のはがきを見ながら、夫いわく「良い人ほど早く亡くなって、何の取りえもない自分がこの年まで生きている」とつぶやく。私はすかさず「そんなことないよ。父さんが居てくれないと困る」と返す。
こんな会話のすぐ後「10年日記を買ってきてくれ」 との注文。「えっ、まだ10年も生きるつもり?」。そうは言ったものの翌日、買い物ついでに書店で「10年 日記」を予約して帰る。」5日後、入荷の知らせ。 「大型10年当用新日記20172026」の表紙を前に、夫は「これが最後の日記帳だ」と感慨深げ・・・。と、毎回言いながらこれで3冊目の購入となる。新年から新しい日記を付け始めた夫。どうぞ10年、元気でありますように。」

010.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感