So-net無料ブログ作成
精神障がい者 ブログトップ
前の10件 | -

こわいと思われる? [精神障がい者]

 

 

障害者差別解消法は昨年度から施行されています。しかし、相模原障害者施設殺傷事件の対策として政府が出したのが措置入院などの強化です。しかし、それはまずいと指摘されると事件とは関係なく提案したと詭弁を弄しています。これでは、精神障害者が危険な存在だと政府が思っていることではないのか。その影響を取り上げた記事が掲載されています。

 

「障害者手帳、あの日から見せられなくなった201753日朝日新聞

■「みる・きく・はなす」はいま ゆがむ事実

 障害者46人が殺傷された相模原事件。人の命に優劣をつける考え方が事件の背景にあると指摘された。ところが、政府は再発防止策として、むしろ精神障害者の「監視」を強めるような法改正案をまとめた。障害がある人たちは「むしろ偏見を助長する」と批判する。

 

 3月。たにぐちまゆ(44)は大阪・梅田の映画館で、楽しみにしていたアニメを友人と見た。統合失調症の精神障害があり、障害者手帳を窓口で見せれば、割引が受けられる。でも、あの日から手帳を見せられなくなった。

 「こわいと思われるんじゃないかって」

 昨年7月26日。相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺された。逮捕、起訴された植松聖(さとし)被告(27)は「障害者は生きていてもしかたがない」と語り、パーソナリティー障害と診断された。事件後、ネット上には「精神障害者はみんな病院に入れておけばいい」といった言葉があふれた。たにぐちは、「精神障害者=危険な存在」という偏見が再び噴き出したと感じた。

 たにぐちまゆは仮名だ。十数年前に結婚した妹は、夫に「姉は修道院にいる」と言った。「妹に差し障りがあるといけない」と実名を伏せて暮らす。その頃から「たにぐち」と名乗り、自らの障害をブログやSNS、講演で語る。少しでも精神障害への偏見がなくなればと考えるからだ。

 昨夏の事件で、いままでの積み重ねを壊された思いがした。「氷を解かすように少しずつやってきたのに……」。彼女が心配するのは、世間の「視線」だけではない。人の命に優劣をつける考え方こそ問題のはずなのに、国の再発防止策はむしろ、たにぐちら障害者を「危険視」して管理しようとする方向に進んでいるからだ。

 政府は今年2月、相模原事件を受けて、精神保健福祉法改正案を国会に提出した。精神疾患で自分や他人を傷つける恐れがある人を強制入院させる「措置入院制度」について、警察や自治体の関与強化が柱となった。これに先立ち、厚生労働省の有識者チームは、植松被告は事件の約5カ月前に措置入院先から退院していたことを踏まえ、行政や医療機関が退院後に十分支援していれば、「事件の発生を防ぐことができていた可能性がある」と指摘。法改正に道筋をつける報告書をまとめた。

 しかし、有識者チームの一人は「措置入院制度の改正を議論した認識はないが、政府の意向を受けて『制度的な見直し』が報告書に盛り込まれた」と指摘。あるメンバーは「医療や福祉的な支援があれば事件を防げたと考えていた人はいないだろう」と話す。

 国の統計では精神障害者の犯罪率は障害がない人より低い。一部の野党は改正案を「精神医療を犯罪防止に使うのはおかしい」「警察の関与は監視につながる」などと批判する。

 「措置入院制度に不備があったから事件が起きたという理屈は、政府による問題のすり替えだ」と、刑法学者で九州大名誉教授の内田博文(70)は改正案に反対する。「誤った政策を通じて偏見が社会に広まれば、市民が差別の担い手になる。差別された人たちは社会の反発を恐れ、声を上げられなくなる」

 影響力がある人の誤解を招く発信も、差別や偏見を呼び覚ます恐れがある。

 元民放アナウンサーの長谷川豊(41)は昨年9月、ブログに書き込んだ。「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ! 今のシステムは日本を亡(ほろ)ぼす」

 患者団体などから「透析患者らへの偏見を助長する」と批判され、長谷川は後に会見で謝罪。4月に改めて取材すると「自業自得の人と本当に困っている人をひとくくりにしたつもりはなかったが、そうみなされる隙があったと反省している」と語った。

 「精神障害が相模原事件の原因ではありません」

 4月30日、神戸市の繁華街。身体障害があり、車いすに乗る石地(いしじ)かおる(49)は月1回、「障害者は力が弱く、価値の小さな存在との印象が社会全体で作り上げられ、命を軽視する思考につながった」と訴える。

 道行く人に「障害をもって生まれてきたんやから、しゃあないやろ」と言われたことも。「障害者は目の前にいない方がいいと、心の中で思う人は多いのでしょう」と石地は言う。でも「見えない壁」をなくす希望は捨てていない。

 「直接相手と向き合って、私はあなたと同じ人間だと伝え続ける。偏見をなくすにはそれしかない」=敬称略(保坂知晃)」

   

011.JPG

体験入院 [精神障がい者]

 

 

地面をこする靴音がする。振り向いてみる。誰もいない。自分なのです。老いとは容赦なくやってきます。足があがっていません。しばらくは、足を挙げていますが、しばらくするとこする音に変わります。こうした日々です。

 

「花

住民のうれしそうな表情とは裏腹に、ずらりと並ぶプレハブ住宅に気分が少し重くなった。5日、 熊本地震で初の仮設住宅
ができた熊本県甲佐町。
入居する人たちを取材しながら、3カ月前に訪ねた東北を思い出していた▽福島県南相馬市の男性(74)2DKの侠設住宅に孫2人と住んでいた。壁にもたれる姿やコーヒーを入れる背中。何げないしぐさに、仮住まいで過ごした歳月の長さを感じた。新居の完成が間近だったが、周りにはまだ転居のめどが立たない人も多かった▽避難生活を
、強いられた熊本の人たちにとって、侠設住宅は待ちわびた「わが家」だろう。建物は暑さ寒さ対策に防音と、過去の震災の教訓を踏まえた設計という。居心地がいいに越したことはないが、一日も早く本当の家に移れることを願う。(森井徹) )(2016625日西日本新聞)

 

被災地にも格差社会は厳しく迫ってくるのでしょうか。

 

入院してみれば、変わるでしょうが、ショックもあるのではないかと思います。体験を言いだす病院は処遇に自信があるのでしょうが。

 

「製薬会社の方入院体験を

福岡の精神科病院「患者を知って」

 

精神科病院である「雁の巣病院」(福岡市東区、精神病床264床、一般病床29)は、製薬会社社員などを対象に「入院体験研修」の機会を提供している。全国でも珍しい取り組みという。 提供開始は2年前。利用者には12日や23日の日程で病院で過ごしてもらう。その問、統合失調症など精神疾患で入院する患者に精神科医と一緒に向き合ってもらったり、精神科医や看護師など病院スタッフと意見交換してもらったりする。精神疾患の治療法の一つである「森田療法」を体験して学んでもらう機会もあるという。
発案したのは佐伯祐一医療部長。「精神疾患の薬の開発や販売に携わっていながら、患者さんに直接会つたことがない人が多いことを知り、素朴にびっくりした。それが企画のきっかけと話す。その上で「精神疾患の症状や苦しさに直接触れた経験がなくて、良質の薬を届けようという意欲をどれほど持てるでしょう
か。やはり体験することが
大事だと思う」と訴える。
利用料は11万円。これまでに2件計8人が体験 したという。佐伯氏は「病 院としての本業が優先なので、いつでも受け入れられるわけではないが、精神疾患の患者さんのことをよく知らない製薬会社の人は、ぜひ利用してほしい」と話す。問い合わせは雁の巣病院=092(606)2861(西山忠宏)(同前)

028.JPG

 


交通費は結構な負担 [精神障がい者]

 

 

私の場合は、現役の頃は定期券がありますので基本的に負担ゼロですが、退職すればそれが全額負担ですので多くの人が負担感はあると思います。だが、バスの割引とか、美術館などの高齢者割引などがあります。都市によっては高齢者への助成があります。

てんかんは治っていますので対象外ですが、精神障害者の割引は少ない。脳梗塞の後遺症も申請せず手帳なし。そんなわけで一切割引がありません。それは仕方がないのですが、障害者の貧困率は、障害者でない人の倍だという試算があります。精神障害者では、月収6万円という。高齢者割引も欲しいですね。

 

「精神障害者に対する鉄道の運賃割引 実施は3割止まり 20160323日福祉新聞

 

精神障害者の家族でつくる全国精神保健福祉会連合会(本條義和理事長)は315日、精神障害者に対する全国の鉄道・バス会社の運賃割引実態の調査結果を発表した。鉄道会社は157社のうち割引実施が約3割の52社にとどまる。

身体障害者、知的障害者については9割が実施していて、大きな開きがある。バス会社は精神障害者について、349社のうち9割超が割引している。連合会は割引を求める署名を集め、今年5月にも国会請願する方針だ。

連合会が各社に要請した結果、割引しない理由としては「割引すると、その分は一般の乗客が負担することになる。本来は国の社会福祉施策として割引を実施すべき」との回答が多かったという。

連合会は、知的障害、身体障害の手帳保持者に割引しても、精神保健福祉手帳の保持者にはしない会社が多いことから「障害種別間の格差を是正してほしい」と訴えている。

調査は2015年12月から今年2月まで実施したもので、北海道から沖縄まで一覧できる。連合会のホームページにも載っている。割引を求める署名は現在約43万筆集まっている。15日、割引制度導入に賛同する団体の代表者と厚生労働省内で記者会見した。

連合会が15年4月に発表した会員の生活実態調査結果(精神障害者、その家族の計4818人が回答)によると、平均月収は6万円。毎月の交通費の負担額は3000円以下が44だった。」

003.JPG

「親なきあとマニュアル」への反響 [精神障がい者]

 

 

「大分精神障害者就労促進ネットワーク」の会報が届きました。

トップ記事は会が先に刊行した「親なきあとマニュアル」への反響が掲載されています。

 

「『親なきあとマニュアル』への反響、続々 「悩む」「不安」「心'配」一孤立は今も

 

2月に発行した「親なきあとマニュアル」は マスコミからも注目していただき、6月には 分合同新聞と読売新聞で報道されました。新 に掲載されると、朝から「マニュアルを送って ほしい」という電話が鳴り始め、つらい思いを
綴った手紙も含め、1 12町の約200人の方か らご連絡をいただきました。面談を希望された方も8名いました。寄せられた声からは、精神障がい者とその家族の現状が浮かび上がってきます。1000部発行したマニュアルはすぐになくなり、有志の寄付により500部を追加発行しました。現在、『親なきあとマニュアル実践編』
とレて“第2"の発行を検討しています。 (お寄せいただいた声をいくつか紹介します)

 

■新聞を見てホッとしまし た。今まで何も知りませ んでした。子ども40代、 70代。現在自宅療養中 です。将来が本当に心配です。何か手がかりがあればと悩んでいました。

 

■私は70代の未亡人ですが、息子(50代〉が統合失調症で今ち通院し
ています。私の年金で
生活していますが、私が高齢になり親なさ後
が心配です。

 

■私の息子は精神障害者手帳 をもち、家と病院を行き来 しています。家にじっとしていると不安を感じる時が
多くあります。冊子を見て
参考にしたいと思います。

 

■当事者の母としてきちん と準備しておきたいのでお 願いいたします。

 

■悩みを抱えているものです。是非参考にしたいと思います。知人も障がい者の子を持っていますので2人分送ってください。

 

30代の息子がうつ病を発症し仕事を退職してしまいました。主人が最近亡くなり私も体調が悪く息子の将来を考えていた矢先の記事でした。よろしくお願いいたします。

 

■子どもは知的障がい、発達障がい、 てんかんもあります。福祉就労施設で働いていますが、私も60代になり、 行く末が心配でたまりません。私たち親子に一歩一歩と前進できる希望にしたいので冊子を送ってください。

■重複した障がいがある30代の弟の家事や通院を、母親が毎日通って世話をしています。弟の子ども私たち姉妹が見ています。

 

■障害のある子が結婚もしておらず将来を考えると毎日が不安ばかりです。」

 

会報とは違う形での引用です。切実な悩みが反映されています。

053.JPG

 


ベルギーの精神医療改革 [精神障がい者]

 

 

「第9回ベルギーの精神医療改革から学ぶもの 伊勢田堯 医師/代々木病院」(NPO日本障害者協議会「すべての人の社会」2015.10)によれば、ベルギーのことが紹介されています。一部を抜粋します。

 

「■日本と似ていた国・ベルギーの改革

 

 このところベルギーの精神医療改革の動向が注目を集めるようになってきました。わが国との共通点に関 心が集まっているからのようです。 まず、両国は精神病床数が世界でも突出して多いと いう共通点があります。ベルギーは人口千人当たりの 精神病床数は175床で、日本の2.69床に次いで世界第2 位です(OECD、なおOECD諸国平均は0.68) ヨーロッパ連合諸国(E) 27か国で比較すると、ベ ルギーはEUの平均の4倍の病床数を抱えています。

精神病床の住まいの場に転換する仕組みが提示された時に、日本と似たベルギーのことが話題になりました。ヨーロッパの脱施設化とは違う道を歩んでいたのです。

 

「もう一つの共通点は、改革の遅れの主要な要因のひとつに私立精神科病院が多いという側面があります。 両国ともに病床のおよそ85%90%が私立病院です。こ のことが病院治療体制から地域ケアに転換することの
障害になったとされています。
ところが、わが国と似た状況にあったベルギーでし
たが、ここにきて改革のスピードを上げてきたのです。 千人当たりの精神病床数が2.51(2005)から1.75 (2011)となり、この6年間で約30%と脱施設化が加速されてきました。どうして、ベルギーの改革が軌道
こ乗るようになったのかに注目が集まったのです。」

当然ながらベルギーに学べと言う声が高まりました。改革のあらましは次のようです。

 

ベルギーでは、1980年代に、どのようにすればベル
ギーの国で改革を実現できるようになるのか真剣な検
討がなされました。注目しなければならないことは、
改革を実現するために政策決定システムの変革に手を着けたということです。 つまり、従来のような官僚制と市場原理に任せてい たのでは、政策と国民との間に議離が生じ危機が発生 するので、政策決定に国民を参加させなければならな という認識に到達したのです。

そして、イタリア型の急激な改革ではなく、徐々に脱 施設化するという穏健な改革を選択し、そのために、 患者参加、多職種協働、救急、と地域ケア、精神保健ケ
アネットワークとの連携を発展させることを基本方針
としました。」

 

「〔改革の3つのプロセス〕

1次改革(1990-1995)(略)

2次改革(1995-2010)(略)

3次改革(20105-)プシ107条プログラム

 横断協議会の終了後、ベルギー病院法第107条による プシ“Psy 107 (www.Psy107.be)という新たな政策プログ
ラムを発足させました。可能な限り患者の生活環境で
治療し、患者が治療に積極的に関わり、症状の軽減で
はなく患者の価値観を実現するというリカバリ一志向
の治療を基本理念としました。
そのガイドラインは、①精神保健の予防と増進、早 期発見、スクリーニングと診断、②急性期の機動的治 療チームと慢性期の機動的治療チームと外来治療、③ 地域社会に再統合するための精神科リハビリテーション、④急性期と慢性期の集中的居住サービス、⑤家庭 生活困難患者への特別居住サービス、という5つの機 能を実現するために作られました。」

 

1次、2次は失敗します。

 

「■ベルギーの精神医療改革の経験から学ぶもの

 

私がベルギーの経験から学んだことは、①まず、 策決定システムの改革から始めたこと、②利害関係者
の既得権を優先させるのではなく、患者のニーズを実
現するための改革を目指すという軌道修正が行われた
こと、③それまでの病院収入を補償しながら、精神科 治療を思い切って地域移行したこと、④発病早期の患 者・家族への支援(早期介入サービス)にも取り組む こと、⑤総じて、リカバリ一志向の精神保健サービス
を目指すこと、などがあげられます。
ベルギーの精神医療改革の経緯を調べてみて、初期
の段階の、そして失敗であったと総括された病棟転換
政策をわが国に“つまみ食い的"に導入しようとする 態度は情けないというのが、私の率直な感想、です。志 の高さが比べものにならないからです」

 

病院の収入をどう保障するのかから始めないといけないのでしょうが、改革が必要なことを国民的な合意にすることが大事なのかもしれません。

 

003.JPG

「かきくけこ」が大事と [精神障がい者]

 

 

「ニュース川柳

・なめらかな手話の佳子さま素晴らしい

・国の事ひととき忘れ墓参

・被災地に輝き放つボランティア

・ラグビーのにわか応援団になる」(2015929日西日本新聞)

 

28.29の両日「全国精神保健福祉会連合会」の全国大会が福岡市で開かれたので参加しました。大会のテーマは「精神障がい者が共に暮らせる地域づくり~当事者の力、家族の力、地域の力が未来を拓く~」で、基調講演が日本障害者フォーラム幹事会議長の藤井克徳氏で圧巻でした。演題は「戦後70年と障害者権利条約」。戦後70年では、過日「ハートネットTV」で放映されたナチス政権下の「T4作戦」。30万人の精神障害者(てんかん含む)・知的障害者が虐殺された。その後、ユダヤ人虐殺につながったという。「T4作戦」は中止されたというが、実際は続いていたのではという。日本でも、戦時下の精神科病院では餓死が続いた。当然、精神疾患にかかる人も増え、今夏の報道では、まだ、入院している人があるという。70年が何であったか、そして、今の政治状況をどう思われているのでしょうか。

 そして家族会や当事者に対して「かきくけこ」が大切だと言われました。

「隠さない―顔を上げる」

「決めつけない」

「悔やまない」

「健康を」

「孤立を避ける」

 これは、てんかんについても言えると思います。特に、「隠さない―顔を上げる」が当面一番大事なことだと思っています。なんとか隠して、うまく生きてみようという気持ちは分かりますが、そんな人が多いと何かが動くというのはきびしいのでは。そう決めつけないがいいが。

014.JPG

精神障害者の親なきあとは [精神障がい者]

 

 

25歳の精神障がい者の投稿です。

 

「亡き母の思い使命に生きる 25

 

母が急死してから1カ月がたった。私は精神障がいを抱えている。母がいつもそばで支えてくれたから、今の自分がある。
亡くなってからも母に「あーちゃんなら大丈夫」と言われているような気がして、沈む感情も切り替えられる。
死が終わりではない。亡くなった人の思いをつないで、一緒に生きていくのが残された者の使命だ。母が望んでいるのは私が、毎日、笑って健康に生きることだと思う。
母の仏壇の前で今日も父と2人、笑顔で手を合わせ ている。」(2015312日西日本新聞)

 

心穏やかに過ごされているようでいいですね。うまくいく場合もあるし、大変なこともあります。親の心配は続きます。このほど、「大分精神障害者就労推進ネットワーク」という団体が、「親なきあとの支援マニュアル」を刊行しました。

「本人の不安として

・ご飯が作れるか心配

・洗濯や掃除ができない

・家事全般の経験がない

・生活保護の手続きができない」

などが挙げられています。

「家族の不安は

・子どもの不安定時に対応できないなどの対応

・子どもの生活力に対する不安

・制度への対応ができない」

 

現在、24時間対応の医師とワーカーなどの医療と福祉の支援チームが対応する動きが始まっています。イタリアでは入院を廃して24時間対応の支援チームで在宅生活を支援するのが基本になっています。そうなれば親も、本人も、親なきあとの不安は大幅に軽減されると思います。

005.JPG

日常があることの意味 [精神障がい者]

 

 

「適正価格で途上国支え

フェアトレードで選んで

 

14日のバレンタインデーを前に、買うと社会貢献にもな るチョコレートを選ぶ人が増えている。その一つが、途上
国の製品を適正価格で買い支える「フェアトレード(公平な貿易)」のチョコ。東京のNPO法人「ACE(エース)」などが1月、福岡市内で啓発イベントを開いた。

日本はチョコの原料カカオの 8割をガーナから輸入している。
生産現場では約100万人の子どもが過酷な労働を強いられている といわれています。同法人事務局長の白木朋子さん(40)がスクリ ーンに写真を映し出した。教育を 受ける機会もなく、貧困から抜け 出せない子どもたち。白木さんは
「コストに見合った価格でチョコ
を買うことが、生産者や労働者の自立につながる」と訴えた。(以下略)」(2015210日西日本新聞)

 

日本のバレンタインは異様だが、チョコレートの生産国もまた尋常ではありません。

日本の精神科の長期入院は世界からすれば異様な社会です。

 

「幸せってこういうことか 精神科長期入院後の男性の思い 編集委員・大久保真紀

2015213日朝日新聞

 

長期入院、生きる力奪われる

 《NPO大阪精神医療人権センターの山本深雪さんの話》 私はうつ病で3回入院した。若いころ、閉鎖病棟に1カ月入ったことがあるが、3週間もたつと外を歩く自分が想像できなくなる。お風呂に入るのもちょっとしたイベントになり、ベッド周辺の空間が安心で平和な世界になってしまう。

 3週間目にコーヒーを飲みたくなり、勇気を振り絞って医師にお願いして外出したが、10年以上入院していた同室の女性に「勇気がある」と声を掛けられた。「看護師がいる詰め所を通って外に出て、またそこを通って、身体・持ち物検査を受けて戻るなんて怖くてできない」と彼女は言った。

 詰め所は、患者にとっては恐怖の第一関門。生意気と見られると、薬の量が増えるのでは、保護室に入れられるのでは、などと考えてしまう。鍵をもち、絶対的な権力がある看護師ににらまれるのは怖い。だから、患者は自分を守るために思いを口にしなくなる。

 当初は朝目が覚めて、隣に同室の人の顔が見えてギョッとしていたのに、入院していると普通になる。トイレで自殺した人がいて、監視のために扉を取り払った病院に長期入院していた人は、退院後もしばらくは怖くてトイレのドアを閉められなかった。私の感覚では、入院が1カ月を超えると生活力が落ちる。自分に自信がなくなり、「生きる力」を奪われる。治療に入院の必要のない人が7万人も入院しているという推計もあり、20~30年も入院させるというのは、やってよいことの限度を超えているのではないか、と私は思う。(一部引用)

 

強制的に収容されるという人権無視が続くのは、一般社会でも人権が大事にされていないのではないか。精神障害者への差別は結局は国民に戻っていくのではないか。

014.JPG

姜尚中氏は昨日は福岡で今朝はテレビに [精神障がい者]

 

 

土曜日NHKのドラマ「限界集落株式会社」の第1回を観ました。50人足らずの限界集落で有機農業をする祖父が急死し、それを受け継ぐ決意をしたのは孫です。だが、困難が待ち受けています。家族の軋轢や民間企業の参入を織り交ぜての展開のように思われます。

その前に、NHK福岡の「特報フロンティア」という番組では、「特攻 歪められた戦果」として、轟沈、撃沈などとされたものがほとんどなにほどの戦果でもなかったことの証言を集めています。特に、末期には、特攻機には練習機を使い、未熟な操縦技術でほとんど戦果はなかったとして、その実態を示します。特攻を美化する人たちが、再度、軍国主義を推進していますが、本当の姿を伝えることの大切さを感じました。

 

昨日は、福岡市内の精神障害者施設などが中心に啓発事業が行われ、障害当事者などが参加。姜尚中氏が講演。日曜日の朝はTBSの「サンデーモーニング」に出演。

 

「「生きることに価値」 姜尚中氏が講演 [福岡県]

 

 精神障害についての理解を深める「こころの病~理解のために~みんなの集い」が31日、福岡市西区の西部地域交流センター「さいとぴあ」であり、東京大名誉教授の姜尚中氏が講演した。

 市内の社会福祉事業所など48団体でつくる同市精神保健福祉協議会と実行委の主催で、約400人が参加した。

 姜氏は「いきる」をテーマに、ハンセン病患者や吃音(きつおん)者との出会いと交流を紹介。姜氏は「多くの人が今ある自分の苦しみ、悩みをネガティブに捉えてしまいがちになる」とした上で、「その暗闇から見つけ出した光こそ素晴らしいものになる」と語った。

 以前よりも隣人に無関心になった現代社会についても言及。姜氏は「心に病を持った人がいれば手を差し伸べる。これは社会が存立するために必要なこと」と強調。病を背負い、生きる意味について思い悩む人たちには、「今ここで生きることに価値がある」と語り掛けた。講演後はシンポジウムがあり、市内の保健師や精神保健福祉士らが仕事のやりがいや経験を報告した。=2015/02/01

西日本新聞朝刊=」

003.JPG

 


前の10件 | - 精神障がい者 ブログトップ