So-net無料ブログ作成

図書館のせいか [読書]

 

 

 

「花時計

「こんな選挙は初めてだ」。国政選挙に何度も関わってきたという労働組合員が驚いていた。衆院選の期間中、福岡のある選挙区から出馬した候補者の事務所に、市民20人以上が「党を応援したい」とボランティアを志願してきたからだ「何か手伝えることはないですか」。ほとんどが選挙活動は未経験者だったが、ビラ配りやはがきの宛名書き、電話での投票依頼などを担った。「自宅から一番近い、支持する党の候補者の選挙事務所をネットで探した」と いう人もいた陣営にとつては貴重な入手だった。また「党の理念や政策に、突き動かされた方からの無償の支援。とても重たいし、候補者は裏切れないよね」との声も聞いた。有権者が政治家に緊張感をもたらす方法は、投票以外にもあった。(三重野諭)」(2017112日西日本新聞)

 

図書館が本の売り上げを減らして、著作者の収入にも影響しているという声が多い。果たしてそうなのでしょうか。一般的に本を読まなくなったし図書館利用が増えたというがどうも違う気がします。高齢者が増え、年金生活者が増えことと低賃金での購買力の低下もあるのではないか。そのことを抜きにした図書館批判はどうなのでしょう。

 

「笑いを誘った帚木氏の講演  70

「本に恋する季節です」が標語の読書週間です。先日、思いがけず作家帚木蓬生さんの講演会に行くことができた。ユーモアあふれる講演だった。正しい読書法、それは買って読むこと。もっと正しい読書法は買ったことを忘れてまた買うこと。正しくない読書法は回し読みすること、図書館で借りることと笑いを誘った。 納得です。自分の本としてページを折ったり、傍線を入れたり、感動箇所を読み直したり。本屋さんに行けば、読みたい本ばかりで、

つい買ってしまう。でも、本が増え、始末に因り、何回も捨てたり、人にやったりで、最近は図書館を利用する。が、新刊書は待ちの状態。すぐには、借りられない。帚木さんが言われるよう本を買うことが作家や版元を育てる。印税は作家に大事なこと。今日買った本は「守教上下」で、本人のサインをもらう。「ノーベル賞をもらってください」と言うと「この本の価値が上がるね」と笑われた。福岡県小郡市出身の精神科医。身近な出来事を深く掘り下げた小説が多い。楽しい一日だったねと友と言い合いました。福岡県は作家が多い。県民として誇り です」(同前)

013.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡詩人会議から [読書]

50年の歩みと作品集 定価2000円税別 電話 0942-75-5983

Scan0001.jpg
筑紫野143号から
Scan0002.jpg
クリックして拡大してください

 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤木圭一郎のこと [読書]

 

 

赤木圭一郎という俳優がいたことを知っている人も少なくなったのではないか。1961年に事故死した。当時、日活映画では小林旭・宍戸錠そして赤木などが活躍していました。私が高校時代、唯一の娯楽だった映画を羽犬塚で見て、隣町の瀬高町であるというと自転車ででかけていました。そんなことを思い出したのは『

美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか

美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか

  • 作者: 佐藤剛
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: 単行本

』を読んだからです。美輪さんは、当時は丸山明宏でした。

 

出会いは「カワンターに座っていた先客の赤木を馴染みのバーテンに紹介されたのだ。赤 木はそのとき、二一歳の大学生だったが、次々に主演映画が封切られてスター街道を驀進中だった。「僕はあなたが出ている映画を妹と一緒に観に行きました。とても良かったです」と言われた出逢いのきっかけにも、映画『永すぎた春」が関係していた。 丸山明宏はその日、上野まで出かけて借金しに行ったが、断わられて気落ちしていたところだった。そこに芸能界から忘れられつつあった自分のことを、赤木は映画で観て好印象を持っていてくれた。話をしてみると若いのにカフカやバルザックを読む、繊細な文学青年だということが

わかって、そこから意気投合した。テレ屋かと思えば大胆になり、無口かと思えば饒舌になる。陰気なようだと思っていると、手のひらを返したように陽気になったりする。芸能人らしさが微塵もない、純粋な少年のような印象だったという。

二人はその晩、赤木のクルマで横浜の山下公園までドライブに行った。」

 

赤木の素顔を知りえることなどなかったので驚きであり、二人は急激に親密になるという。だが、赤木の事故死という悲惨な結末が待っていたというのです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本を買えない人は [読書]

 

 

図書館が出版業界と著作者の利益を圧迫しているという指摘があります。

新聞の投稿欄からです。

 

「出版守るため 図書館一考を  67

時々、図書館を利用する。ずっと心配していたが、やはりというか。全国図書館大会で文芸春秋の社長が、国内の文庫市場が毎年5%以上縮小して経営に大きな影響が出ている現状を説明した上で「できれば文庫の貸し出しをやめていただきたい」と呼び掛けた。納得です。文庫本に限らず、最新本も遅れて貸し出すべきです。作家の印税収入と版元の経営を守る。そして、街中の書店がいつまでも続くのが希望です。小中学校の図書室は例外です。子どもには多くのことを学ばせたいからです。今年のノーベル文学賞のカズオ・イシグ口氏の本がすごい人気で、ある図書館では5年待ちとラジオで知りました。解決策として、図書館は貸し出しを5年止めたらいかがでしょう。待てない人は書店で自費で購入すれば済むことです。一種の「官業」が民業を圧迫してはいけません。(以下略)」(20171030日西日本新聞)

 

文庫の貸し出しだけでいえば、文庫だけの本もあります。買える人は良いが・・・。そもそも出版不況は図書館の影響なのかという問いもあります。本を読まない人が減り続ければどうかしないと解決しません。いい知恵はないのでしょうか。

011.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「しっかりとした大人」とは [読書]

 

 

『ピアニストだって冒険する』(中村紘子)の続きです。

 

「(ある方が浅田真央さんのことで「金メダルは取れないだろうなあ」と思っていた、)というのである。その理由として酒井さんは、日本社会における女性を取り巻く空気が、真央ちゃんを始めとした女子選手にどこか「しっかりとした大人」になるととを躊躇させるものがあるからだ、と述べている。 つまり、アグレッシヴで強い女性よりも、優しく無邪気で可愛らしい女の子の方が、大人からも可愛がられ、異性からも好まれると。それゆえ、日本の女の子は二十歳をいくつも過ぎて なお、「しっかりとした大人」になりにくい・・・。 そういう「弱い」女の子を好む男の子たちもまた「しっかりとした大人」になりにくいのだ ろうか。 つい先日も、「高松国際ピアノコンクール」の審査委員長であり、私の子供の頃からの大先輩である岩崎淑さんが、電話で同様のことを言って嘆いていらした。「コンクールで日本人はとてもきちんと良く弾くけれど、みな印象が薄いのよね。迫ってくるものがない。子供っぽいのかしら」」

 

元首相が浅田さんのことを取り上げてブーイングを浴びたような記憶があります。愛されるスポーツ選手と勝負とは両立しないのでしょうか。テレビをつければ「かわいい」の連発。

どこか本質に触れているのかもしれません。「しっかりとした大人」というのもよく分かりませんが。

 

002.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ピアニストだって冒険する』を読む [読書]

 

 

ピアニストの中村紘子氏の本です。音楽とは無縁ながら一流の人の思いを読めるのではないかと手にしました。ネット情報によれば1944年生まれで、亡くなったのが72歳となった翌日です。私はほぼ同じ時期に産まれています。何も関係はありませんが。「題名のない音楽会」について次のように述べられています。

 

「(「題名のない音楽会」について)

波乱万丈の五十年、スポンサーが全く変っていなかったということだ。しかもこのスポンサー出光興産は、いかなることがあろうと番組の内容に関して、一切口を出さなかった。これは、まさに信じられないほど稀有なことであると思う。 この六月(O一四年)、私は「題名のない音楽会」五十周年記念の番組に出演した。この秋は、私自身の楽壇生活五十五周年の節目の年でもある。 ところでこの「題名」という由緒ある音楽番組を、羽田健太郎時代からプロデューサーとして支えてきたのは、或る一人の若き女性だった。テレビ朝日の鬼久保美帆さんという。この十四年間、黛さんの作り上げた「伝統」とその質を、落すことなく公開録画の聴衆もテレビの視 聴者も楽しませ、いまやNHKを除いて民放で唯一の毎週レギュラーのクラシック音楽番組となった。この「題名」を継続するためには、想像を絶するエネルギーと努力とアイディアがいったことだろう。

番組開始から五十年を迎えたいま、これからの未来を、彼女はどう見すえているのだろうか。

幸いにも佐渡裕さんという、パワフルで実行力に溢れた「相棒」がいる。二人でこれからま

すます後世に残るような名番組の数々を創り出していってほしいと思う。それにしても、この番組が百周年を迎える頃に、日本は世界はどうなっていることだろう。」

 

100周年を見ることはないのですが、関心はありますが。誰か、あの世とやらに伝えて欲しい。

009.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『新聞記者』を読む [読書]

 

 

官房長官に切り込む記者として知られる東京新聞の望月衣塑子氏の『新聞記者』を日曜日の夜に読みました。各局、選挙特番でしたのでその時間を使いました。

 望月氏のジャーナリスト志望に影響したのは、母に勧められた吉田ルイ子氏の『南ア、アパルトヘイト共和国』(大月書店)だという。「非白人はタクシーに乗ることができない」などの実態は衝撃を与えたという。また、業界紙の記者である父の言葉もジャーナリストへの憧憬を強くしたという。就職試験では全国紙は落ち、東京新聞に入社。社会部での仕事に熱中するが、異動などもあり、望まない仕事にもつく。他社からの引き抜きの話もあり、社会部としては有能な読売新聞の転職を考えるが、学生運動の経験もある父の意見で取りやめたという。読売新聞の政権よりのスタンスを父は懸念していたという。そういうことに関心が向かないというのも愛嬌と言えば・・・。

官邸での質問をマスコミも取り上げるが、そのことでも問題があるという。

「キャスターの金平茂紀さんにお会いしたときに、言われたことが印象に残っている。安保法案が審議されていたとき、メディアはその法案について、どこがよくどこが悪い、と本来きっちり言うべきなのに、立ち上がったSEALDsの奥田愛基さんたちを大きく報道した。今時の若者らしくてシンボリックだと祭りあげる一方で、彼らが非難を浴びたときに守るわけでもない。臆病なメディアが他人を使って報道している面もある、表だって責任を取りたくないのだ、と。私についても同様だ、と金平さんは一言う。

本来は私がするようなことをいろいろなメディアがすればいいのに、私がしたことを良くも悪くも取り上げて、その結果どうなるということに責任は取らない。そこに一歩踏み

込むのは嫌だ、いるのは常に後ろなのだ、と」

これがマスコミの実態なのだ。

そして、レイプ事件の取り上げ方についても男性記者の視点に問題があるとも指摘する。「わからないから繰り返し質問する」だけなのに他の記者はしない。それが報道の自由度世界で70位以下という国なのでしょうか。両親との別れもまた切ない。

 読む力が衰えている私ですが一気に読めました。なぜなのか分かりませんが。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書も大変に [読書]

 

 

藤井聡太4段の活躍をとらえたNHKスペシャルを見ました。負けるとなきじゃくる子ども時代や今も将棋が好きなことなど印象的でした。400年に一人の天才というのは有難迷惑ではないか。

 

秋は読書週間がありますが、出版不況というから週間の力も届かないのでしょうか

 

「『本に恋して』文章書き写す  69

「本に恋する季節です」を標語に、10月下旬から読書週間が始まります。

先日の新聞広告を見て、丹羽宇一郎氏の「死ぬほど読書」を購入した。著者の本に対する熱い思いに引き込まれるように一気呵成に読み終えた。氏は本書の中で、人間にとって一番大事なのは「自分は何も知らない」と自覚することであり、本は人間力を磨くための「栄養」で あると述べている。氏の読書遍歴ともいうべき古今東西の書物も随所に紹介され、その膨大な読書量には 驚嘆させられた。 いい本を見抜く方法やベストセラーは読む価値があ るのか、また古典の値打ち とは何かなど、興味津々だった。本は借りずに買うベきで、傍線を引いたり、端を折ったりしながら自分のものにするよう勧める。読んだ本を生かす方法として読後、心に残った文章をノートに書き写すことも。著者の本に向き合う真摯で謙虚な姿勢には、深いり感銘を覚える。」(2017107日西日本新聞)

 

最近では、小さい字が読みにくい。眼鏡式のルーペも用意していますが、少し時間がたつとつらくなります。

003.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本を読む中学生 [読書]

 

 

 

「消費税増税分 借金の返済に  84

政府は2年後、消費税の 税率を10%へと引き上げ、 子育て支援や医療、福祉、 年金など社会保障の充実に 14500億円を充て、 4兆円を借金の返済に回 し、財政再建を目指すとし ていた。 しかし、今回の衆院選の 公約として突如、増収の使途を見直し、1兆円を幼児教育の無償化などに振り向けるとした。その分、国の財政は悪化する。消費税増税58千億円は、あくまで子孫につけを残さないための財政再建と少子高齢社会の社会保障充実に充てるべきである。国会で十分な議論もないまま、安倍首相の意向だけで増税の使途を変更するのはおかしい。衆院選を意識のした「甘い公約」である。国家百年の大計を基に、ぶれることなく国の財政再建に踏みだすことこそ、肝要である。」(2017104日西日本新聞)

 

次世代に負担をつけまわすのに、自民党内から意見が出てこない。何か怖い。

 

そんなことを忘れさせてくれるかのような次世代の人たちのことです。

 

「紅皿 こんな中学生もいる

ある日曜日の夕方、帰宅を急いでいて地下鉄のホームに降り立った。そこには十数人の中学 生が並んでいて、一瞬「これはまたうるさそうだな」と思いきや、彼らのほとんどが文庫本を手にしているのが目に入った。 時々お互い一言二言話しかけはするものの、 それぞれが一心に本に目を落としている。周りの大人たちが皆スマホにくぎ付けになっている 中、彼らの姿はひときわ印象的である。 思わずその中の女の子に、これは何か、学校から読書を義務づけられているのか、と尋ねてしまった。すると、1人の男の子が「僕らただ本が好きなだけなんです」と答え、皆「ウンウン」とうなずく。私がうれしくなって「君たち偉いねえ。今どきはみんなスマホばっかりいじるのにね」と言うと、彼らは一斉に「ありがとう

ございます!」とさわやかな笑顔を向けた。そして「僕らやっぱりスってなくて良かったなあ!」とうれしそうにはにかんだ。車中でも、彼らは終始静かに読書を続けていた。私はこんな中学生がいることを頼もしく思いながら見つめていた。T中学の陸上部のみんな、これからも多くの本との出合いを!(59歳 福岡市中央区)」(同前)

 

環境が整えばこんな子どもたちが増えていくのではないかと思います。

002.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

在宅医療のこと [読書]

 

 

最後の時を自分らしく―在宅医療ができること

最後の時を自分らしく―在宅医療ができること

  • 作者: レシャード・カレッド
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 2017/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

『最後の時を自分らしく-在宅治療ができること』レシャード・カレッド著を読みました。

年齢もありますが、家人を含めて最後をどう過ごすかということが現実の問題になっています。最後を自宅でという人の希望が高いそうですが、現実は2割にも満たないという。ですが、高齢化の進行では病院でという希望も難しいのではないでしょうか。

 著者はアフガニスタン出身で日本に帰化されています。

 

「私は、在宅医療がこれからの地域医療にとって大事になってくると考えていますが、 これらの例だけからもわかるように、問題は単純ではありません。必要とする人に医療や介護が届いていないという例では、家族の姿勢の問題である場合もあるでしょうが、その家族が抱えている問題も、単に「姿勢をあらためなさい」といえば済むといえるような場合は少ないかもしれません。そこには、仕事や収入などの経済的な問題、生活上の問題、親子関係を含む人間関係の問題など、医療や介護のスタッフが対応できる範囲を超えたものもたくさんある気がします。また、それとは別の大きな問題として、在宅医療の担い手の問題があります。在宅医療を行うには、患者を訪ねて診療や看護、介護をするスタッフが必要です。在宅医療を行う医師、訪問看護、訪問介護などのスタッフです。スタッフの確保と養成には、当然ながらお金と手間ひまがかかりますが、現状ではその面で十分とはいえません。スタッフが十分にいない状況でも、高齢社会は待ってくれませんので、限られた人的資源を有効に活用するため、病院・診療所・訪問看護ステーションなどの間の、あるいは介護関係者との連携も必要です。これも連携の整備が十分かどうかということについては地域差があるように思われます。」

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感