So-net無料ブログ作成
市民農園 ブログトップ
前の10件 | -

野菜が大事 [市民農園]

 

 

「デスク日記

 

 福岡市を拠点に発行されていた雑誌「ariya(アリヤ)」が今夏、定期発行を終えた。障害者施設で作られた小物や食品を美しいカラー写真で紹介。途上国の子どもたちの支援リポート、統合失調症の人のコラムなど、考えさせられる記事が多かった。

 誌名の由来は、アリの目線で社会を見ること。約10年続けた藤野幸子編集長は「良いことがというより、面白いことがしたかった」と振り返る。広告を取らず自費出版にしたのは、体制や権力に遠慮なく物申す姿勢を貫くためだ。

 最終号の特集で、「私たちの方がいろんなものをもらった」と語っていた。「障害」に無知で、先入観、偏見で見るのではなく、実際に会って、その人の生きざまに触れることで気付くことは多い。そんな、つながり合う意味を教えてくれていた。最終号では、社会が変わる中で新たな冒険を見つけるとも宣言している。次は何に挑戦するのだろうか。楽しみだ。 (木下悟)=2016/08/23 西日本新聞朝刊=」

 

血圧のためにも良いということもあり、元々好きなので玉ねぎを大事にしていますが、家庭菜園も今年は不作。九州の産地でも病気で不作とか。北海道では思わぬ台風で流されたという。玉ねぎ受難の年。それでも廃棄される野菜があるという。

 

(声)「野菜助けて」に心動き大量買い 46歳 201696日朝日新聞

 

 私は気分転換も兼ねて、各地に点在している道の駅に行くのが楽しみの一つだ。

 最近も、愛知県内の標高の高い山間部にある道の駅に行った。そこでは、キュウリやレタス、ナスにピーマンと、とれたての新鮮野菜が手に入るので、我が家から少し離れているが、足を延ばして行くようにしている場所だ。

 青果コーナーに足を踏み入れた時、「野菜を助けて下さい」という声が聞こえてきた。

 何だ? びっくりした私はその声の主に近づいてみると、20代に見える若い女性。売り場の店員さんだった。

 「明日は定休日です。残ると廃棄に回ってしまいます。まだ十分新鮮です」と力説している。売れ残ったら、捨てられてしまう野菜を助けたい気持ちが伝わってきた。自分の言葉でお客さんに訴えかける姿に思わずうれしくなり、野菜を大量購入した。

 戦後70年を超え、食べ物がなかった時代を知らない世代が発した言葉。すてきな表現に感謝したい。」

 

TPPなどで野菜も高くなるかもしれない。廃棄しなくてすむ方法も考えないと・・・。

002.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

畑を耕して [市民農園]

 

 

テレビで「ずっと独身でいて欲しい芸能人」という勝手なアンケートが流れていました。

 

「もし1週間ほど幸せに暮らしたかったら、嫁をもらうがいい。

もし1か月ほど幸せに暮らしたかったら、豚を殺して肉にするがいい。

もし一生ずっと幸せに暮らしたかったら、畑を耕して種を植えるがいい。

 

十七世紀から伝わっている言葉だが、遺伝子組み換え作物による食料支配の足音が聞こえるこの21世紀には、最後の「畑を耕して種を植えるがいい」が切迫感を帯びて、よけいにうなずける。(略)

しかしそれに比べて、結婚生活の「幸せ」の短命なこと!」(『もしも、詩があったなら』アーサー・ビナード)

 

妻が畑を借りていますが、イノシシなどの被害が多く、市に申請して防護柵みたいな補助をしてもらいました。季節ごとに玉ねぎやニンニクなどがとれますが、年も年ですので疲れるようです。私は何もしませんというか、役に立ちません。自宅の隣りが空き地で、そこに今年になって毎日通う人がいます。黙々とよくやられます。野良猫の棲家だったが、それはできなくなったようです。こういう時間の使い方はいいなと思います。

008.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

畑が荒らされて [市民農園]

P3110002.JPG

雪がやんでようやく晴れ間が出てきましたが、冷え込んではいます。畑に行きましたらまだ雪は残っていましたが、いのししらしき形跡で荒らされていました。人がとおる通路には網をしていますが、どこからか入り込んでいるようで、進入防止の仮処理だけして帰ってきました。

P3110003.JPG

畑には土筆もでていて 春が近いことを感じさせます。

P3110007.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

農業のことを考えてみました [市民農園]

 

おだやか陽射しです。人間1日どの程度のことを考えるのでしょうか。毎日、さして、変わらないことを繰り返し、考えたり、心配したりしています。例えば「九州男児だから」「男だから」という物指しで見られると、私などは規格外です。いろんなことを考えて、忘れるのも早いのでやっていけるのかもしれないと思ったものでした。

 
P1160050.JPG

先日、「平成の農地改革」という趣旨で改正農地法の話があってました。私の家でも、退職後、農地探しをしましたが、新規参入には農業委員会の承認などいろいろありまして、難しいのだなと思いました。元々農村育ちですので、簡単に考えていたのかもしれません。どこもそうですが、耕作放棄地も増えているし、これをどう利用するかも問題です。減反で使用しないたんぼをどうするのか。田舎の人が、一度、作らなくなったら再開するのはものすごく大変だと話していました。今回の改正で企業の参入が緩和されたそうです。自民党の農政では大規模化が推進されてきました。大規模かも必要だったのかもしれません。というのは、各農家に同じ農機具があり、その費用負担にあえいているのを見てきたから無駄なことではないかと思っていました。共同化も含めて考えないと農機具メーカーだけがもうかって、農家はいつまでも採算が合わないのではと思ったものでした。ただ、企業が参入して、価格破壊があったときに、個人農家はどうなるのか。企業が撤退したときに跡地はどうなるのか。そんなこともあるような話でした。

生活の基本となる農業。新政権での戸別補償なども含めて、もっと知らないといけないと思っています。

 
P1170052.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彼岸花堪能 [市民農園]

朝 畑の周りの彼岸花を見ましたが 帰り道 別の畑にもたくさん咲いていました。彼岸で墓参りの車でめずらく混んでいましたが後でまた見に行きました。

P9230003.JPG
P9230005.JPG
P9230016.JPG
P9230027.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

農産物の直売所に [市民農園]

今日は少しひんやりとしています。タレントの酔っ払いについての会見を延々と放送しているところがあったようです。「すみませんでした」と済む話ではないのかと思うのですが

P4010077.JPG

農協の直売所がオープンするということででかけました。連休の初めだからなのでしょう車も多く、会場もたくさんの人出でした。よろよろと歩いていては弾き飛ばされそうですぐに車に避難しました。

農協では共有地での畑作りを計画しているそうですが、高齢者が多いので、比較的若い人を募っているとのとこです。

P4250003.JPG

P4250001.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朝の作業に参加 [市民農園]

P4240022.JPG

定額給付金という税金の払い戻しがあり、振込通知があり、妻は「さもしく」銀行に出かけました。

今朝は畑で水やりなどをしてきました。1時間余でしたが、借りているうち2か所をまわりました。ここは水もたやすく手に入りますので助かります。

P4240019.JPG
P4240023.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋も深まり [市民農園]

 暖かくなりました。山の畑にたまねぎを植えたりしに行きました。車が多くて、世間が3連休であることをつい忘れていました。山は秋を感じました。
PB220020.JPG

 

PB220022.JPG

PB220028.JPG

 お誘いを受けましたが

夜なので無理かと思っています

大野城市  内田麟太郎講演会 

ところ・大野城まどかぴあ小ホール

 とき・2008年12月5日 午後7時〜8時半

参加費/前売1300円 当日1500円

呼びかけ人 上野恵子ほか 申し込み/子どもの本専門店エルマー 

TEL FAX 092-582-8639


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

畑に [市民農園]

市民農園とは別に借りているところで新たに追加して貸してもらったのでということで、畝つくりの手伝いにと久しぶりに出かけました。鍬を使ったのですが 早速 腕が痛み始めています。無念

P9230010.JPG

秋が深まってきて人恋しくなりますね、サラリーマン時代のOB会名簿が届きました。中学校の同窓会の案内も。こうして人のつながりは保っていくのでしょうが。パソコンにはグーグルからニュースなどが自動的に表示されます。世の中動いているなと思います。株価が一時7千円切ったとか。動かないものを見ていく必要も感じます。江戸時代の士農工商は明治政権が作り出した概念で農民というか 百姓とよばれる集団も刀みたいな武器を持っていたという。そういう意味では映画「七人の侍」はフィクションだという。そして、それが歴史だと刷り込まれているのだとも。そんなものを読んだりして、いろいろと頭は暇なので考えています。

P9250013.JPG

畑の帰りに昼のおかずをということでスーパーに寄ったのですが、もの凄い人出でした。特売日かと思いましたら、火曜日はポイントが多いのだという。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土筆も [市民農園]

PHOTO

つくしも、桜も

春の訪れは一緒に

 
P3270019.JPG
P3270018.JPG
P3270021.JPG
 借りている畑に行ったら、近所の方がつくし取りをしていたので、急遽、私たちも帰り道につくしを取っていこうということになった。

 福岡県と佐賀県の県境、1日5本程度のバスしか通らないダム付近の土手で探した。数人の先客もあったが、短時間のうちにある程度とれた。山あいには桜も咲いており、その中を中学生数人が走っていた。話に興ずる人たちもいて、春の1日をそれぞれに過ごしていた。寒の戻りで少し肌寒いつくし取りだった。

(3月27日、福岡・筑紫野市で)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 市民農園 ブログトップ