So-net無料ブログ作成
検索選択

合言葉 [政治]

 

 

「気流

自民党の惨敗となった東京都議選。投開票目だった2日はNHKと複数の民放が特番を組み、国政選挙さながらの報道だった。テレビ東京系で池上彰氏の冠番組を見て、同氏の人気の理由が分かった▼一つは、知りたいことに切り込んでくれる心地よさ。例えば自民党の都連会長として出演した下村博文幹事長代行には、安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計学園側から受け取った20 0万円について追及。11人分 の政治資金パーティー券代とする下村氏の説明に「あまりに数字ができすぎている」と切り込んだ▼もう一つは分析力。今後は、小池百合子知事 国と安倍首相の関係に注視すべきだと指摘した。小池知事と安倍首相は直接批判を避けてきた節があり、手を組む可能性もあると。ひるまない姿勢で取材し分かりやすい言葉で伝える。報道の原点を見た。」(201774日西日本新聞

 

こんなに作為的なことがまかり通るのは法自体に欠陥があるのだと思う。10人では違反になるが11人だと大丈夫というのは作為的に見えます。こんなことは許されない。政党助成金も見直したが良いのでは。

 

 

「あいことば 樋口伸子

合言葉とか暗号とか聞くとわくわくする性分だ。けれど、何かを申し込む度にパスワー ド,を設定するのはうんざりする。高齢者には厄介なことなのだ。 それは一種の暗号で金庫を開ける鍵ですと いわれてもねえ。金庫の中身が乏しいのに、 役所の登録書からケータイの契約まで暗号鍵をじゃらじゃ らもたされると、何が何だかわからなくなってしまいそう。 もとは秘密の合言葉や暗号アソビが好きだったのに、現 実の生活ではカードやパスワードにあふれでいるから皮肉 なことだと思う。今では、山と言えば構えずに川と返す人 たちの社会でゆるゆる過ごしたい。 初めてロックつきの集合住宅に入った時、同居人と合言葉を決めた。「どなた?」「私の名はわたし」で解錠。たは「誰?」「オレではないオレ」。解錠の度に60代の2人バッカじゃなかろかと笑った。今は昔の子ども時代。1歳ちがいの従妹と飽きもせずに遊んだ。いさかいをしてゴメンが言えずに、やがて寂しくなった時、「キリン」と発すれば互いに元通りという魔法の合言葉を決めた。キリンはまだ見ぬ珍獣だった。それから30年して待ち合わせた。遅れた方がキリンと謝り、相手もキリンと笑った。さらに30年。頼み事をして、「キリン」「よう覚えとったね」。次は感謝の合言葉も考えて、と頼んで本を送れば、「本届く。パンダ、パンダ」と郵便が。うん、コレは2人の流行語大賞だ。当分、キリンとパンダの連発で嫌なことは忘れよう。(詩人、福岡)」(同前)

 

010.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古い記憶は [政治]

 

 

「【めろんのきもち】メロンの気持ち  樋口伸子

 

この季節、今でも口ずさみたくなる歌がある。コラソン・デ・メ ロン、デ・メロン、メロン、メロ
ン、メロン、メロン。
これは1960年代のヒット曲 「メロンの気持」のフレーズで、 憂さを吹き飛ばすマンボ調のリズムに乗って、単
純なことばを繰り返したものだ。当時は戦後の日
本がやっと経済の見通しもついたころだった。
コラソンはスペイン語で心の意。アメリカ渡り
の曲をカバーして、繰り返しの歯切れよさが受け
た。同じ果物でも、敗戦直後の国民愛唱歌「リン
ゴの唄」の、けなげな明るさに比べて陽気そのも
の。ただ、メロンはまだ高根の花だったけれど。
網目メロンでもそう珍重する気がないのは、そ
の先祖が野菜の親類ウリだと思ったせいか。昔、
井戸で冷やしたマクワウリが甘くないと塩をつけて食べた。(以下略)」(201667西日本新聞

 

日本人で歌った人がいたと思い出した。森山加代子さんなどが歌っていたとすぐに出てきた。昔の記憶はすぐ出てきそうです。

 

政治家の記憶は複雑なようです。

 

 

「「政治家のモラル崩壊」

 識者規正法見直し求める声も

 

 東京都の舛添要一知事は6日、自身の政治資金を巡り、弁護士による調査結果を公表した「政治家としてのモラルは崩れ去った」。識者からは舛添氏の姿勢を厳しく批判する声が上がる一方、繰り返される「政治とカネ」の疑惑に、政治資金規正法自体を見直すべきだとの指摘もあった。「今後、違法性を否定した調査報告替の内容を金科玉条のように使うのだろう」と話すのは、千葉大の新藤宗幸名誉教授(行政学)。問われているのは、規正法に照らして問題があるかどうかではなく、政治家としてのモラルだと指摘する。

新藤教授は弁護士に頼らずに最初から自分の言葉で都民に説明すべきで、対応を間違った」と手厳しい。今後、舛添氏が新たな政策を打ち出しても「都民の信頼を失っている以上、『何
を言っているんだ』と疑いの目を向けられ、うまくいかないのでは」と話した。精神科医の香山リカ氏は「せこい、けち、うまくやろうとしていると感じた。取って付けたような説明でかっこ悪い」と会見の印象を語る。献金だけでなく、支出面でも規制が不十分との指摘がある規正法。「企業や大学など民間では経費がかなりシビアになっている。公金こそきちんとすべきだ」と述べ、使途の基準を明確にする必要性を訴えた。都議会では7日以降、代表質問と一般質問が行われる。元総務相で慶応大の片山善博教授(地方自治論)は「都民の信頼回復のため、知事自ら都議会に対し第3者委員会などの設置を求めるべきだ。都民も知事や都議会の対応をしっかりチエツクしないといけない」と話した。」(同前)

022.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子孫に恥じない政治資金制度ですか [政治]

 

 

舛添知事や横浜市長のお金の使い方が問題になっていますが、国民の全てから一人当たり250円を拠出させ、使途があまり透明でない制度があることが問題にならないのも不思議です。

 

先日、来日したウルグアイ元大統領は次のようにしていたという。

 

「ムヒカは拡大戦線が所有している古い邸宅に新政権の移行本部を置いた。これまで の政権移行とは異なり、ホテルを使うわけでもなければ、室内スペースを大幅に変更することもなかった。ムヒカは、これまでと同じオフィスで執務することにした。こういった細かいところでも、質素さをアピールしようとしたのだ。政権移行や就任式だけで
なく、自分の給与に至るまでそうだつた。ムヒカは初日から自分の給料の七割を貧困層向けの住宅建設のために寄付することを発表し、任期が終わるまでその通り実行して、総額五十万ドル近くを提供した。(略)」

そしてムヒカは言ったという。

「カネのために政治家になったわけじゃないし、カネにはもともと 興味がないんだ。カネが好きな連中に反対なわけではないが、カネと政治は区別せねばならん。特に左派の連中が私を唆そうとするときは頭にくるんだ。」(『ホセ・ムヒカ』)

 

号泣元県議の例を出すまでもなく、お金にたかる政治家は多い。どういう世の中にしたいかが政治家の目標であってほしい。

 

歴史家の磯田道史氏は子どもが産まれてこの国の先行きを考えたという。

 

「この子が大きくなるころには、この国は余程大変なことになっているだろうということが頭について、はなれなかった。これからの日本は物の豊かさにおいて、まわりの国々に追い越されていくかもしれない。だからこそ、この話はつたえていきたいと思った。いきなり大きな話になるが、この十年で、お隣の中国は国内総生 産が四倍になった。韓国はあと十数年で日本の一人当たりGDPを追い抜くともいわれ ている。その頃に、南海トラフでも動いて、太平洋ベルトに大きな津波被害をうければ、 国か借金は国内で消化しきれなくなって、高い利子で他国から資金を借りてこなければならなくなるだろう。そうなれば、大陸よりも貧しい日本が、室町時代以来、五百年ぶりに再び現れる。そのとき、わたくしたちは、どのようなことどもを子や孫に語り、教えればよいのか。このときこそ、哲学的なことどもを、子どもにきちんと教えなくてはいけない」(『無私の日本人』)

 

だから、経済成長しなければならないし、そのために原発も再稼働しないといけないという人もいます。だが、磯田氏は続けます。経済成長の道に子どもたちの幸せな姿を描けるでしょうかという。

011.JPG

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

問題の本質はどこに [政治]

 

 

 

「放棄地原因は税制ではない 68

 

本紙で政府の規制改革会議が安倍首相に提出した答申骨子を読みました。その中に、耕作放棄地への課税強化がありました。耕作しない農地への税負担を重くする仕組みの検討をとありました。
耕作放棄地の増加は、固定資産税が低く抑えられているからではありません。
農業の担い手が激減しているからです。農家の中には、先祖伝来の農地に人手を入れられず、申し訳ない気持ちの方も多いと思います。まずは就農できる環境づくりが大切ではないでしょうか。
今まで論議が続けられた問題です。過去の対策を検証し、方針を立て直すのが急務です。税制で解決できる問題ではありません。農地集約による大規模化を進めやすくするともあります。規模拡大の前に、農業に従事できる人を増やし、裾野の広い農業環境をらつくり上げるべきです。」(201583西日本新聞

 

課税はどうなったのでしょうか。農業の担い手がいないということは官僚も知っているのではないか。それでも、課税するというのは、なにがなんでも税収につなげたいのではないか。

001.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

武田信玄の法の支配 [政治]

 

 

武田信玄(晴信)の治世に「甲州法度之次第」という基本法みたいなものがあるそうです。

 

「武田晴信と甲州法度之次第

 

二十六ヵ条本は、武田氏が制定した諸法令の遵守を役人に求めた第二十五条、国主武田晴信の政治の誤りを晴信の許に訴える権利を領国民に認めた第二十六条をもって終わる。そして、五十五ヵ条本では、前者を二十六ヵ条本のほほ末尾に相当する箇所に第二十九条として残し、その後に追加条文の大多数を配置した上で、後者を第五十五条として末尾に置いている。このような「甲州法度」全体の条文配置の構造からみて、第五十五条は、この法典に欠かせない重要な条文として、制定者である晴信の強い意志に基づき立法された条文であると思われる。

 

晴信の「行儀」(国主としての振る舞い方)やその定めた法律などについて、それが筋の通らないも のであると判断されるならば、領国民は誰でも、身分の高下にかかわらず、訴状を提出し訴えてくるべきである。その訴えが晴信にとって納得のいくものであったならば、それを改めるのにやぶさかではない。

 

ここでは、戦国大名武田晴信は、自分の形成した国家の国民をその構成員として正当に位置づけ、国民 の意志を限られた形にせよ領国の政治に反映させることを表明している。この条文は、晴信の基本的政治姿勢の表明をその内容としたものであって、()」(『中世社会の基層をさぐる』勝俣鎮夫)

 

この国にも、まともな指導者が存在したのです。憲法は公務員や国会議員の遵守義務を求めています。

 

「政治家こそ、 法守る責務が  80

 

 安倍首相、ちょっと立ち止まって考えてみませんか。この脇目も振らない猛進ぶりは何なのでしょうか。集団的自衛権をめぐって衆院憲法審査会では、自民党推薦を含む憲法学者3人が違憲であると明言しました。内閣法制局の2人の元長官も集団的自衛権は憲法上認められていないと指摘。自民党副総裁だった山崎拓氏など党の長老も、地球の裏側まで自衛隊を派遣するような集団的自衛権に深い憂慮を表明しました。でも、首相は「日本の平和と安全を守るために、行動するのはわれわれ政治家だ」と聞く耳を持たないようです。政治家こそ、憲法や法律を誠実に守っていかなければならない責務があるはずです。

舞台は衆院から参院に移りますが、ここは「この道しかない」とかたくなに考えず、立ち止まって考えることをお勧めいたします。」(2015722西日本新聞

021.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三池と水俣 [政治]



 

「サッカーに隠れて日本の舵を切る」(西日本新聞川柳)

老犬が突然歩かなくなり、寝たきりに。病院に行けば老衰という。水だけと1回の点滴で1週間持っています。昨晩から元気よくヨーグルト風のものを食べ始めています。生命力があるというか・・・。

 今朝、たまたま手にした1979年の詩集に次のような作品がありました。


「土性骨  土井大助


大牟田ではドジョッポネといわずドジョウボネと発音するという。
この詩を三池炭坑労働者にささげる。



だれも、たしかにかれの骨を拾ったというものはなかった。

あの日、かれは、たぶんタンカで運びあげられる途中、ムシロや毛布をひっぱ

がし、あるいはそのあと、火葬場の鉄の扉をこじあけて、おもてへとび出し

たまま、いまでも長靴を、がばがばいわせて、このヤマをかけまわっているの

だとみんなは信じていた。

みんなは、あれからこっちまいあさ、かれがヤマのてっぺんに立っているのを

見た。


右半分吹きとんだ頭に、はげちょろけの保安帽を心もちまぶかにかぶり、つぶ

れそこなったキャップランプをこうこうとつけて、晴れあがった日にはあ

きの太陽を背にし、雨の口には斜めに降りかかる雨足を真に受け、ヤマのて

っぺんに、まるでヤマとおなじようにどっしりとくろぐろとつっ立っている

ごついかれの姿を、人びとは見た。(冒頭部のみ)」



 

若い人には知らない方も多いかもしれない。1960年前後に安保闘争というのがあり、集団的自衛権と同じように国論を二分しました。同じ頃、石炭から石油にエネルギーの転換に伴う解雇反対闘争が大々的に行われました。先の詩は、三池で闘う労働者へのオマージュでしょうか。



こんなことを思ったのは、次のコラムを読んだこともあります。



「憂楽帳:三池と水俣  毎日新聞 20140611日 

 

 「水俣でも三池でも行政と引っ付いた医学による、すさまじい患者の切り捨てを目の当たりにしました」。生涯、水俣病患者に寄り添った原田正純医師は生前、こう語ったという。1963年の三井三池炭鉱爆発事故では一酸化炭素中毒問題に取り組み、患者を40年追跡調査して裁判でも証言した。

 事故50年の昨年11月、NHKが放送した「三池を抱きしめる女たち」が放送文化基金賞の最優秀賞に輝いた。ディレクターの一人、吉崎健さん(NHK熊本)は20年以上、水俣病取材を続け、原田さんを撮った番組などで受賞多数の“賞男”。三池も以前、原田さんに導かれるように取材し、今回の受賞作を担当した。取材で中毒患者の夫を世話する妻たちに密着し、「脳の障害で人格が変わり、家で暴力をふるうようになる。すべては家の中の出来事。後遺症被害は埋もれていた」と痛感した。今はまた水俣病被害に新たな光を当てようと新番組を制作中だ。

 いつも国や企業の犠牲になった人々の側に立った原田さん。その遺志は、在りし日を知る者たちにも受け継がれている。きょう11日は原田さんの2度目の命日である。【矢部明洋】」


原田氏は水俣と三池に関わり、熊本大学では教授になることはなかった。国は、国民の側に立つ専門家を許さなかったのだと言われています。原発の規制委員会では、原子力ムラと批判された人たちが再び委員に登用されるという。力があるものの味方になる「専門家」も多い。
006.JPG

 




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1%のための政治になるのか [政治]

 

 

昨日、天神に行ったので「ビッグイシュー」を久しぶりに買いました。いつものところは何回か販売していませんでした。具合が悪かったり、仕事が見つかったりしたら販売がありませんが、いい方向だといいですが。1冊160円が販売する人の収益になります。

 

 

 

 

Scan.jpg

 

 

秘密保護法案が委員会で採決されたそうです。政治を語ることはこの国では利口な処世術とはなりません。有名人が政治を語るとマスコミがバッシングします。でも、今の状況はそれではどうしようもないほど悪くなっていると思います。

暴走する政治の象徴のように見えます。この法律が目指すところは何でしょうか。それは、アメリカで具現化されています。

堤未果氏はアメリカの現況を次のように概括しています。

 

「多国籍化に加え株主利益拡大を後押ししたのは、規制を緩める法改正の数々だ。アメリカでは一つの業界における少数企業支配を防ぐ「独占禁止法」がレーガン政権下で骨抜きに され、タガが外れた企業群は次々に競合相手に買収や合併をしかけ、急速に寡占化していった銀行が国民の預金でギャンブルをすることを禁じる「グラス・スティーガル法」が廃止され、暴走したマネーゲームで法外に儲けたウォール街の銀行や投資家が、手数料目当てに各業界の買収劇に加担した。金融食品、農業、医療、教育、軍需など、様々な分野でピラミツド型の支配構造が確立したアメリカでは、多国籍企業や投資家からなる上位1%の影響力が、今国全体を 揺るがしている。さらなる市場拡大のためにあらゆるものを 「商品」化する戦略の中、今まで守られていた分野まで、じわじわと侵食し始めているのだ。」(「株式会社化する国家奪われる私たちの選択肢 」2013.11世界)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

言論抑圧と暴力容認なのか [政治]

 

 

「山本太郎氏に「切腹用の刀」 自民・鴻池元防災

2013.11.14  MSN産経ニュース

 

 自民党の鴻池祥肇元防災担当相は14日の麻生派会合で、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した山本太郎参院議員宛てにナイフが入った封筒が届いた事件に関し「切腹用の刀が送られたそうだ」と述べた。不穏当な発言との批判が出そうだ。

 「犯人は私ではない。私は近くに寄って、すぱっといくから。間接的な殺人はしない」とも述べた。

 鴻池氏は7日の派閥会合でも、山本氏について「天誅を加えなきゃいかん」と非難していた。」

 

切腹とか、天誅など時代錯誤の発言を繰り返す人は自民党議員なのです。徳田氏は除名せずに離党を認めるという。党としての規範はどうなっているのでしょうか。

 

 

 

 

 

002.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

投票所の改善を [政治]

 

 

「●思い返せば

4歳の息子は最近、随分と 一人前の口をきくようになってきた。「あっちいね! 昔は夏もここまで暑くはなかったもんだけどね」 (川崎市・あんたの知ってる昔はせいぜい・・・35)」(朝日新聞いわせてもらお)

 

全国的な基準を作るべきだと思いますが。

 

「行きたくなる投票所に変えて 75

 

21日の参院選で朝6時半から夜8 時まで、ある自治体の投票所の執務を手伝った。今回の参院選選挙区の投票率は5261%2010年の前回を531%下回り戦後3番目の低 さだったそうだが、私が手伝った投 票所でも「じっとお客が来られるのを待つ」状態が続いた。

投票率向上の啓発活動は続けられているが一向に改善されていない。その原因の一つは、投票所にあると感じた。お年寄りや身体障害者の人たちが入り口から出口まで支障なく歩けないのだ。私が手伝った投票所では出口に段差があり、杖、車いすなどの補助を必要とする人たちは入り口に戻って退出された。投票記載所は、点字用を除き、すべて同一の高さだった。 腰の曲がったお年寄りや身体障害者 のために、複数の高さの記載所を用意すべきだ。また、投票用紙に書いている間、杖が倒れないように杖立てを備える必要もあると感じた。一方、子ども連れ夫婦の中には、子どものマナーの悪さから迷惑を恐れて投票に行きたくないということも耳にした。自治体には、子ども連れ歓迎のキャンペーン必要もあるかと思う。お金をかけないで投票しやすい環境整備を投票所から実施していただきたい。」(2013727日朝日新聞)

 

 

 

 

022.JPG

私が行く投票所も入り口はバリアフリーに近いが出口は階段。入り口から出るしかないが車椅子だと人が来れないほどの狭さです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友だちは・小選挙区制度のレトリック [政治]

友だちは・小選挙区制度のレトリック

 

6代目 三遊亭円楽さんは「友だちいない」キャラで笑いをとっています。女優仲間由紀恵さんも友だちはあまりいないと言ってました。友達がいないと見られたくないので、トイレで弁当を食べる学生もいるという社会は、どうなのか。土曜日の朝日新聞の相談は次のようなものでした。

 

「(悩みのるつぼ)人と友好関係を維持出来ません

■相談者:男子学生 18歳

 

■回答者:歌手・俳優 美輪明宏

〈相談〉

 私の悩みは、人との友好関係を維持できないことです。

 人見知りであまり話すのが得意ではないけれども、友人は少ないかもしれませんが、います。親友という定義も難しいのですが、そうした感覚の友達も2、3人はいます。運動系の部活もやっていました。

 ただ、何年か前は仲が良く、よく話していたけれども、ケンカしたわけでもないのに、現在は話さず、校内ですれ違ってもあいさつすらしなくなってしまった人物がいます。

 また同様に、昔はよく話し、クラス替えがあって離れ、再び今同じクラスになっても、ほとんど話さなくなってしまった人物もいます。前は親しく話をしていたのに、話をしなくなったら、一層話しかけづらくなってしまいました。つまり、私には在学中に特に理由もなく、疎遠になってしまった人物が多いのです。

 私のような人間関係を維持できない者が、高校卒業まで、さらに将来社会に出て、やっていけるのでしょうか。私のような体験は、私以外の人も経験したことがあるのでしょうか。

 高校生活を振り返ると後悔の気持ちがあります。自分に問題があるのではないかと悩んでいます。どうすればこの問題を改善できるでしょうか。大学受験を間近に控えた私の自分勝手な悩みかもしれませんが、ご意見をお聞かせください。」

回答は美輪さんという熟達の人のものですので、一読ください。

 

028.JPG

今日の西日本新聞には、自民党の元派閥の長だった山崎拓・古賀誠氏の対談を載せています。

「山崎

かなり意外でし た。選挙前の各種世論調査で「自民優勢」となっていたが、私の選挙経験からしても「そんなにうまくいくもんか」と思っていた。しかし、1議席を争う小選挙区制度特有の、一つの政党 が大勝利するという結果が 出た。自民党の小選挙区の 得票率は40%そこそこなの に、得た議席は約8割。一 種のトリックだ。

古賀

事前に行われた自民党の独自調査の情報でも、(自民の予測議席数が)290前後出てくるわけ

です。私も若干、意外だったが、結果は圧倒的に自民党が第1党。小選挙区制度の怖さを再認識しました」

 

自民党の有力者でさえ認める小選挙区制度のおかしさにマスコミはほとんどふれませんね。さらに、最高裁が違憲とした選挙制度での結果なのに問題にならないのも理解できませんが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感