So-net無料ブログ作成

立花宗茂は大河ドラマになるか [歴史]

 

 

立花宗茂は福岡県・柳川藩の藩祖です。地元では大河ドラマにと動いておられるそうです。花宗川は高校時代通学時に渡っていた農業用水路です。

 

「宗茂が着手 半人工河川 矢部川から分流、23キロの花宗川 

運河と小河川を合体 農地潤し、大川家具も生む

 

 八女市で矢部川から分流し、筑後市、大木町を経て、大川市で筑後川に合流するまで約23キロを流れる花宗川。戦国末期から江戸時代初期にかけてのかんがい工事を経て完成したこの川は「半人工河川」とされる。耳慣れないこの言葉の意味を、川の歴史をたどり、探ってみた。

 八女市矢部村の釈迦岳山地を源にした矢部川は、日向神ダムを経て山間部を通り、いくつもの川と合流し次第に川幅を広げていく。星野川との合流地点より下流に約700メートル、川は石造りの花宗堰によって花宗川へ分流する。

 この川の整備に着手したのが戦国武将で柳川藩初代藩主、立花宗茂(1567~1642)だった。数々の武勲で知られる宗茂だが、地域振興にも関心が高く、1587(天正15)年に花宗川の開発に着手したとされる。花宗川の名は、立花宗茂の真ん中の2文字を取ったものだ。

 宗茂が川を整備した最大の目的は農業用水の確保だった。筑後平野は広大な農地としての可能性があったが、矢部川だけでは満たすことができず、その水をいかに有効利用するかが課題となっていたからだ。(以下略)=2017/10/03付 西日本新聞朝刊=」

 

 宗茂は太宰府の古代山城・大野城傍の岩屋城に産まれた。父は勇名をはせた高橋紹運だが現在の福岡市の東部の立花山に居城があった戸次道雪の娘闇千代と結婚し婿入りし立花姓を名乗ります。闇千代は葉室麟氏の小説でも描かれています。戸次氏は豊前の大友氏の係累です。宗茂は関ケ原で西軍につきますが柳川藩を任されます。この辺りがドラマ向けでしょうか。

 

 

 

004.JPG

 


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

歴史を学ぶきっかけ [歴史]

 

 

病を得て仕事を退職しました。1年も過ぎれば、病院でのリハビリが週1回。参加している社会福祉法人の活動に参加する程度になりました。何かを始めたいと思っていた頃、死が主催するシニア塾のことを知りました。そこで古代史についての話を聞くことにしました。そのときの講師が下記の田中史生氏の父正日子(まさひこ)氏でした。当初は女性かと思いました。話の間に正日子氏の父の話が出てきました。古代史一家だったのですね。紹介されている本も読んでみたい。

 

「近況往来 「越境」にこだわり 周縁から日本古代史を見つめる

関東学院大教授 田中史生

東アジアを俯瞰し、日本の古代史を見つめる。この時代、国家や国境は畷昧で「日本」という国は存在しなかった。現在の国家観で語れない歴史だからこそ、日本の周縁やその先に目を向ける。「周縁は文化のクロスロード」であり、 地域史からも古代社会の国際性を読み解く。 近刊「越境の古代史」 (角川ソフィア文庫)は、8年前の同名著書を加筆した文庫版ではあるが、渡来人と渡来文化の展開、大宰府と奄美諸島の交易、新羅人をはじめとする国際商人の動向など、国内外のフィールドワークにも基づいたダイナミックな論考は色あせていない。「越境」は今もこだわるキーワードだ。文字資料だけでなく、大宰府との交易がうかがえる城久遺跡群(鹿児 島県喜界島)などの考古学的成果も 積極的に取り入れる。「文献に書かれていないことが遺物や遺跡から見 える」。島根県埋蔵文化財調査セン ターで発掘調査に携わった経験が生 かされている。 福岡県久留米市出身。祖父の幸夫さんは九州考古学の黎明期に活躍、 父の正日子さんは第一経済大で古代史を教えた。古代史一家に生まれ、 古くから大陸と交流してきた福岡で育ったことが 少なからず研究姿勢に影響しているという。最近かは北海道大を中心とした研究グループに参加し、 アイヌ民族とアイヌ文化の形成の歴史をひもときながら北方の周縁とも向き合う。

政治的論理が優先される中心に対し、周縁は中心の影響を受けつつも多様なヒトとモノが行き交った。「周縁からは、中心とは違った日本史、日本とアジアの関係史が見えてくる」

福岡県立明善高校OB50歳。昨年、著書「国際交易の古代列島」(角川選書)が古代歴史文化賞の大賞に選ばれ、注目度が高まっている。(野村大輔)」(2017922日西日本新聞)

 

015.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水中の戦争遺跡が語るもの [歴史]

 

 

水中遺跡が最近は知られるようになりました。蒙古襲来の折の沈没した蒙古船の残骸が有名ですが、戦時中沈没した船なども多いという。そして、次のようにまとめられています。

 

「とりわけ重要なことは、パラオに沈む艦船のほとんどが、誰もが知る有名な戦艦や空母などではなく、ほとんど知られることのない補助艦船であったことである。これらの艦船は、武装も十分ではなく、速力も遅く、 まして多くは民間徴用船であったため、「武蔵」をはじめとする連合艦隊が撤退する上で『足手まとい』となったため、『捨て石』にされたものである。(略)

こうした状況から見えてくるものは、第二次世界大戦末期の『なりふり構わぬ状況』である。戦況が悪化し、民間の貨物船やカツオ漁船までも徴用して戦争に駆り出さざるを得なかったにもかかわらず、いざ戦場においては『武蔵』をはじめとする連合艦隊の主力はこれらの船を見殺しにしてまで逃亡し、戦力を温存しなければいけないという事の『身勝手さ』も垣間見ることができる。」(『水中文化遺産』)

 

そして、捨て石にされた船も抗戦したという。船の修理をする船は浅瀬に乗り上げ『不沈工廠』として任務遂行しようとしたという。

 

しかし「サイパン島の戦いでは、民間人を巻き込んでの玉砕戦で幕を閉じた。 四日まで行われたペリリュー島の戦い」や硫黄島などでは民間人を巻き込んだ玉砕戦や収奪自決がされたという。語られることの少ない人たちを照射しています。

 

011.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思い込み作戦 [歴史]

 

 

一時期話題になった中国人の爆買いについての非難も平川克美氏はバブル時代のアメリカでの爆買いがをしたことを忘れているという。中国人に対するコンプレックスみたいなものも私は感じます。夫婦同姓は日本の伝統だということについても疑問を呈しています。

 

「専門家の調査や、データを積み重ねて、「良き伝統」なるものが 実は比較的新しいものであることを立証している。 選択的夫婦別姓制度の是非をめぐる問題では、反対派は「同姓が日本の伝統」だと主張 するが、同姓は明治中期以降の新しい制度であり、明治中期までは別姓が基本であった。 江戸期、幕溝体制の下では、武士や公家以外には、苗字を名乗ることは一般的に許されてはいなかった。簡単に言えば、苗字を持っていなかった。 武士や公家にしても、平安時代の律令制崩壊以降の習慣として、自分たちが直轄している土地や、荘園や、群の名を苗字として名乗ることがあったが、自由に苗字を名乗るものも多く、本姓不明の家も多かったようである。明治中期以前は、姓に関しては、時代を通じてまとまった規則といったものはなく、地位により、身分により、在所により、さまざまなバリエーションがあったと見るべきだろう。だから、日本の伝統は夫婦同姓だというのは、明治期以降につくられたフィクションだということである。」(『路地裏の民主主義』平川克美

 

明治以降を伝統に含むというのであれば・・・。

006.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

史跡保存は [歴史]

 

 

新聞の投稿欄からです。

 

「父の疎開直後、大阪に大空襲  84

昭和19年、国民学校6年の私たちは「煎り米」や毛布を詰めたリュック姿で、 校庭に集まった。集団で学童疎開するためだった。 しかし、方針が急に変更。 田舎に親戚のある者は、そこに疎開することになった。私たち母子4人は佐賀・唐津の叔母を頼った。父は電気の技術者として、大阪に残った。私たちが大阪駅をたつとき、父が車窓まで見送りに来た。これが見納めになるかもと思うと、母とともに涙が止まらなかった。 昭和203月、栄養失調で目を患った父が唐津の私たちの元に。それから数日後、大阪の大空襲。私たちは大阪を失ったが、 幸いにも家族そろって命は助かった。

戦火で親を失い、子を失い、人々をどん底に陥れる戦争。人間の心に巣くう魔物である戦争

ほど残酷なものはない。戦争ほど悲惨なものはないと。何ものにも代え難い命 を持った私たち。その意味 で、誰もが平等であり、尊い存在である。お互いに尊敬し合う平和な世界をただ願う。」(2017428日西日本新聞)

 

史跡発見というニュースで説明会に参加しました。

 

「日本に羅城はあったのか

前畑遺跡の土塁 大宰府研究に一石

北部九州、東アジアの視点を

福岡県筑紫野市の前畑遺跡で、7世紀前後に築かれた全長500Mの土塁が発見された。発掘調査した同市教育委員会は、古代九州の中枢・大宰府を守る大野城や基肄城、 水城を結んだ「大宰府都城の外郭線」の一部と位置づける。 それを、都市を囲む中国由来の城壁「羅城」と呼ぶ考古学者もいる。巨大な防衛ラインの出現が大宰府研究に一石を投じている。

土塁は、傾斜が急な東側からの攻撃を想定したとみられる。宝満川ヘ向かって延びることから、川を自然の堀に見立てて外郭線に取り込むという新たな知見が得られた。土塁をぐるりと一周させるには膨大な労力が必要だが、山や川を有効利用したようだ。

宝満川は有明海に注ぐ筑後川とつながる。同県太宰府市教育委員会の山村信栄さんは土塁に通行帯があることに着目し「土塁には敵の侵入に対する防御と、有明海からの情報伝達・輸送という二つの機能があったのではないか」と話す。(以下略)」(同前)

 

住宅開発が進んでの発見で市側は保存に消極的だと伝えられました。史跡は破壊したら再建はできません。保存してもらいたい。

018.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「香春藩」 [歴史]

 

 

「デスク日記

 パソコン画面を見ながら思わず「はぁ…」とため息をついてしまった。東京五輪組織委員会の森喜朗会長が「遺書」という題名の手記を発表した、という一部報道を見たからだ。

がん闘病中で、言い残しておきたいことがあるというのは理解できる。が、中身はといえば、日本オリンピック委員会(JOC)や小池百合子東京都知事らへ向けた、不平不満のオンパレードらしい。「なぜこのタイミングで?」と首をかしげてしまう。

 思えば、新国立競技場やエンブレム、ボートやゴルフの会場問題と、東京五輪はドタバタ続き。仮に森会長の話が事実だったとしても、多くの人は「いいかげんにしてくれ、五輪を成功させる気がないのか」というのが正直な反応ではなかろうか。

 気力、体力ともに落ちているだろうし、もう会長職から身を引いては? 辞めないだろうな…。五輪を巡るため息の種は尽きない。 (水谷知仁)=2017/04/25付 西日本新聞」

 

初めて聞きました「香春藩」があったと・・・

 

「香春藩を救った功労者、島村志津摩 長州戦争指揮 敵方の山県有朋が称賛 [福岡県]

 

 幕末から明治初期のおよそ3年間、現在の香春町にあった「香春藩」。福岡県民でも、その存在を知っている人はほとんどいないのではないだろうか。1866年の第2次長州戦争で長州に敗れた小倉藩は香春に撤退。香春藩庁が開設されたのが、ちょうど150年前の67年3月18日(新暦4月22日)だ。藩の命脈を保った功労者は家老の島村志津摩(1833~76)。敵方の山県有朋にも「小倉藩に島村あり」と称賛された。「節目の年に英傑の足跡を」と、香春町に残るゆかりの地をたどった。

 ガイド役は島村の生涯をつづった「小倉藩家老 島村志津摩」。元行橋市教育長の白石壽さん(87)=行橋市=が、約45年の調査・研究結果をまとめた1冊だ。同書によると、島村は小倉城内で生まれた。10歳で石高1200石の家督を継承。20歳で家老に登用され、藩政改革を任された抜群の切れ者だった。

 第2次長州戦争直前の65年、藩の第1軍将に就いた。だが、開戦間もなく征長軍小倉口総督が戦線を離脱し、九州諸藩を含む幕府軍が瓦解(がかい)。孤立した小倉藩は小倉城を自ら焼き、藩領の田川郡に退いた。(以下略)=2017/04/25付 西日本新聞朝刊=」

 

島村志津摩は長州藩と和議し、戦後処理を行ったという。大きな人だったに違いない。

028.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大河ドラマに [歴史]

 

 

「仲畑流・万能川柳 毎日新聞201757日 東京朝刊

 ☆印は秀逸(仲畑貴志選)

 

☆トランプが何を言おうとオレ平気 神奈川 荒川淳

古日記焼いたらスーと軽くなり 安曇野 荻笑

スマホでの私語で静かになる授業 堺 せっつん

妻だけが血のつながりのない家族 長崎 マー坊 (以下略)」

 

福岡では次のような動きがあります。

 

「春秋

 柳川藩初代藩主の立花宗茂と妻誾千代(ぎんちよ)をNHK大河ドラマに-。そんな取り組みが福岡県柳川市で始まった

▼宗茂の父は岩屋城の戦いで勇名をはせた大友家の武将高橋紹運。押し寄せた島津の大軍の降伏勧告を拒み、寡兵で徹底抗戦し壮烈な最期を遂げた。その武勇を受け継いだ宗茂を娘誾千代の婿に、と熱望したのが、こちらも九州屈指の猛将として知られた大友家の重臣立花道雪だ

▼宗茂は豊臣秀吉の下で大いに活躍。秀吉は柳川13万石を与え、「東の本多忠勝、西の立花宗茂、東西無双」とたたえた。宗茂の生涯だけでも十分大河になりそうだが、その妻もすごい

▼放映中の「おんな城主 直虎」は主人公の女性城主井伊直虎が「実は男だった」との説が発表されて物議を醸した。一方、誾千代は正真正銘の女性城主である。7歳の時に道雪から家督を譲られ、福岡市の東にあった立花山城の城主となった

▼関ケ原の戦いで西軍が敗れ、秀吉への恩義から西軍に属した立花領に東軍の鍋島軍が攻め込もうとした。この時、誾千代は父道雪の名に恥じぬ働きをしたとの伝承が残る

▼女武者200余人を率いて防備を整え、農民に海岸を守らせて有明海からの敵襲を防いだ。南から侵攻した加藤清正は、領民の激しい抵抗を避けるため、誾千代の所領を迂回(うかい)して進んだとも。もしも大河ドラマになるなら、誾千代役にはどの女優さんか、と想像するだけで楽しい。=2017/05/06付 西日本新聞朝刊=」

 

闇千代には常盤貴子さんではと理由もなく決めている私です。しかし、宗茂の全貌を知りたいですね。

003.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

博多塀 [歴史]

 

 

福岡市の「赤煉瓦文学館」で開かれている立石光世写真展「博多べい」を見に行きました。いろいろと教えられました。そこで配布された資料には次のように述べられています。

 

「博多のシンボルとも言える『博多べい』 (正式名称「博多練り塀)は、1587(天正15)に豊臣秀吉 が多々良浜の戦いや島津氏侵攻の戦いなどで荒廃した博多の町を復興するために行なった『博多町割り』の際、兵火による焼け石、焼け瓦を粘土で固め築いた土塀ですが、『博多べい』の外観は瓦を積み重ね築かれた熱田神宮の『信長塀』に極めて似ており、私はこの『信長塀』が『博多べい』の原型ではないかと考えて います。さらに、『博多べい』には韓国の伝統的な土塀の要素も加えられたのではないかと想像しています。 秀吉の朝鮮出兵の折に朝鮮から連れて来られた陶工が、有田の窯業地で窯や仕事場周辺を取り囲むように築いた『トンバイ塀』や遣新羅便の航路上に位置する山口県上関町の祝島で見られる石積土塀の存在が その大きな理由です。このことは歴史的観点からも当時の日本と朝鮮を結ぶ大きな手掛かりになるのではないかと信じています。また、韓国の慶州や安東河回村には現在も『博多べい』に似た風情を持つ石積土塀 が多く見られることから推察しても、『博多べい』のルーツの一端は朝鮮半島にあるのではないかとの想 像に至りました。

『博多町割り』にも関わったとされる嶋井宗室は、酒造販売業、金融業、朝鮮貿易などを生業とし、時の 大名である黒田如水、毛利輝元、茶人の千利休との親交や、晩年の織田信長にも面識があったことなどから 政治的にも大きな影響力を持っていたと推察されます。

また、博多の復興は秀吉の朝鮮出兵(592年・文禄元年)に備えての拠点、づくりで、あったことは明らか で、当時宗室は秀吉の朝鮮出兵には強く反対し、その状況を回避すべく対馬の宗義調(そうよししげ)、義智 (よしとし)らと協力して博多聖福寺の住職景轍玄蘇(けいてつげんそ)に日本の国使として朝鮮との交渉役を委ね、町割り開始の翌年1588(天正16)には宗室本人も派遣団の一人として朝鮮に同行するなど 奔走しています二それだ、け宗室が隣国の朝鮮を大切に想っていたことが窺えます。 こういった背景から宗室は、日本と朝鮮の平和を願い宗室独自のアイデアでこの『博多べい』を築いた のではないでしょうか。

結局、当時は1592(文禄元年)1597(慶長2)の二度にわたる日本軍の朝鮮侵攻により朝鮮の 国土は荒廃、民衆の心のよりどころである寺院は全て焼き払われたのです。平和を願っていた宗室や朝 鮮派遣団一行の想いは残念ながら叶いませんでした。(一部引用)

 

「信長べい」「トンバイ塀」「祝島」及び韓国との関連については初めて聞きました。

 

Scan0002.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

太宰府馬車鉄道 [歴史]

 

 

 

連載「天神大牟田線物語」は「鉄路延ばす『宰府詣で』」です。

 

「県内で初めて、道路に敷設したレール上を運行する「軌道」で開業したのは太宰府馬車鉄道でした。1902(明治35)年の菅原道真公千年忌大祭に合わせ、二日市駅から天満宮参道まで開通させています。天神大牟田線も、最初は
福岡市と太宰府天満宮や二日市温泉を結ぶ電気軌道として構想されました。久留米市までのインターアーバン(都市間鉄道)に変更された後も「宰府詣で」の需要は経営の大きな要素で、太宰府軌道(動力を蒸気機関に変えて馬車鉄道から改称)と早々に経営を一体化させました。菅公1025年忌大祭の1927(昭和 2)年、線路を敷き変えて 電化したのが現在の西鉄太宰府線です。
乗り合いバスも同じよう な歴史があります。都市内 の輸送が先行したと思われがちですが、県内で最初の バス路線は1913(大正 2)年の国鉄二日市駅-太宰府。やはり「宰府詣で」の輸送が目的でした。2番目のバス路線は鉄道で結ばれていなかった福岡-飯塚で、福岡や北九州の都市内にバス路線が開設されるのはもっと後年のことになります。(西鉄広報課吉富実)」(2017419日西日本新聞)

 

これだけの信仰を集めた菅原道真公の力とは・・・。鉄道でなく、歩いての参拝者も多かったという。そのルートを解明した本も出されています。

015.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

洞海湾の古城 [歴史]

 

 

西日本新聞によれば、若戸大橋の下にかば島(パソコンで出てこない「ば」という字)で通称「中ノ島」とも呼ばれたという。そこに福岡藩の出城として「若松城」があったという。幕府による一国一城令により廃止された。明治の頃には工場などがあったという。1940年に安全航行のために削り取られたという。大戦が始まる前です。

北九州市のネットの説明もありました。

 

「もともと、地方の一村落でしかなかった若松村が水運の拠点として大きな役割を担うのは、遠賀川の上流一帯で産出される石炭の積出港になってからである。
(略)

 洞海湾の湾口、若松、戸畑間にかば島(通称 中ノ島)があり、藩政時代は、黒田藩三宅若狭家義の小城が築かれていたが城は後に壊された。

 この島は幕末当時、台場があり、明治大正期には造船所数件と貯炭場などがあったが、昭和1410月当時の内務省が切り取り工事を開始、昭和1512月に完了し、今はその姿をとどめていない。(北九州風土記による)

 また、奥洞海湾入口(八幡製鉄所の西側)に葛島があり葦が生い茂っていたが、埋め立てられ八幡製鉄所と陸続きになり植樹され緑の小山になっている。」

. 

豊前国と筑前国の境になり、そのための防衛のためのものだったのではないか。

006.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感