So-net無料ブログ作成
検索選択
後期高齢者医療費制度 ブログトップ

どう別れるかも大事かも [後期高齢者医療費制度]

どう別れるかも大事かも

 

「コラム> デスク日記

 「きっと幸せになれる」。そう思って一緒になったけれど、なんかしっくりこない。「一心同体」なんてまだまだ…。夫婦の話ではない。国を挙げての「平成の大合併」で生まれた市町村のことだ。多くの住民の心境を代弁すれば、こんなところではないだろうか。

 先日、大分県内で五つの市長選があった。いずれも市町村合併で、2005年に誕生した市ばかり。選挙戦で「わが市は一つ」をスローガンに掲げた現職がいた。わざわざ一体感を強調するところが、逆に地域がばらばらなのでは、と勘繰りたくもなる。「合併のメリットを感じられない。市が一つになったというには時間がかかる」との市民の声を聞いた。

 衰退する地方都市を救おうと決めた「結婚」。行政の努力、住民の意欲、一体感を生むには確かに時間は必要だろう。だって魅力的な老夫婦も、最初は我慢なんだから…。 (久保田敦)=2013/04/23 西日本新聞朝刊=」

 

018.JPG

そういう問題とは思えない。政府に追いつめられ、マスコミも煽動した合併だと思うのだが。夫婦も、最後はどう別れるかが問われるそうです。

誰でも迎える死をタブー化しないことと死者への畏敬の念があるのかが日本的な伝統だとオランダでは映画「おくりびと」が話題になったそうです。

「生と終末 オランダからの報告」(西日本新聞)では、オランダのホスピスについて次のように紹介しています。

 

「ここは死を目前にした終末期の患者をみとるターミナルケア施設だ。入所するのは99%が末期がん患者で、人数は8人以内に限られる。「私たちは患者のことを『ゲスト』と呼びます。死にゆく人に人生最後のサービスを提供するのです」。施設長のエリス・ヨンカー・ホルストマン(55)が語る。

  職員は26人いて、主に肉体的苦痛の緩和などの高度なケア(看護)を担う。ゲストの生活を支えるのは、113人ものボランティアだ。食事や入浴トイレの介助に始まり、会話相手や散歩の付き添いも務める。「オランダは分業制の国。しっかりローテーションを組むには、このくらいの人数が必要」とエリス。

  ゲストの滞在日数は平均で22日間。入所して半日で亡くなる人もいれば、2カ月ほどを過ごす人も。年間約100人が、ここで人生を終える。」

 

019.JPG

手厚い体制です。オランダでも医療費、介護費用の増加は大きな問題だそうです。

  

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終末とは・老人漂流社会 [後期高齢者医療費制度]

終末とは・老人漂流社会

 

「去年の1221日、地球終末って言ってたじゃないの、マヤの暦じゃ。 信じる信じないじゃないの。日本だけで考えてごらん、間違いなく終末よ」

と喝破するのは「無名人語録」(永六輔さん)です。そういえば、昨日、終末期医療について「俺はさっさと死ぬ」と社会保障国民会議で発言した失言常習大臣がいました。個人の考えだと弁明したというが、公私さえ区別できない政治家が国を動かしているのはどうなのでしょう。

 

20日のNHKスペシャルは「老人漂流社会」。番組のホームページでは次のように述べています。

「『歳をとることは罪なのか――
今、高齢者が自らの意志で「死に場所」すら決められない現実が広がっている。ひとり暮らしで体調を壊し、自宅にいられなくなり、病院介護施設も満床で入れない・・・「死に場所」なき高齢者は、短期入所できるタイプの一時的に高齢者を預かってくれる施設を数か月おきに漂流し続けなければならない。「歳をとり、周囲に迷惑をかけるだけの存在になりたくない」 施設を転々とする高齢者は同じようにつぶやき、そしてじっと耐え続けている。超高齢社会を迎え、ひとり暮らしの高齢者(単身世帯)は、今年500万人を突破。「住まい」を追われ、死に場所を求めて漂流する高齢者があふれ出す異常事態が、すでに起き始めている。ひとりで暮らせなくなった高齢者が殺到している場所のひとつがNPOが運営する通称「無料低額宿泊所」。かつてホームレスの臨時の保護施設だった無料低額宿泊所に、自治体から相次いで高齢者が斡旋されてくる事態が広がっているのだ。しかし、こうした民間の施設は「認知症」を患うといられなくなる。多くは、認知症を一時的に受け入れてくれる精神科病院へ移送。症状が治まれば退院するが、その先も、病院無届け施設病院・・・と自らの意志とは無関係に延々と漂流が続いていく。」(以下()

007.JPG
006.JPG

 

特別養護老人ホームは既に入居している人数と同じくらいの42万人も待機しているそうです。3年待ちなどが常態化しています。この無策ぶりをどうみるかですね。年金100万円未満が41.8%もいるのですから、特養がなければ生きていけないのです。介護療養病床は廃止されます。延命治療を望む人もいます。望まない人もいます。先の大臣は財政負担が大きいとも述べています。画像はテレビから

 

014.JPG
027.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

後期高齢者医療制度保険料滞納で [後期高齢者医療費制度]

  今朝は半袖でも寒かったのに

昼間は快晴です。報道によれば民主党や公明党が障がい者団体との懇談を次々に開いてる模様なので次の国会で動きがありそうな雰囲気ですね。

熱中症対策では「もやい」の実態調査結果が報道されています。何か動きにつながればと思います。後期高齢者医療制度では次のような報道がありました。

「後期高齢者への「短期保険証」発行やめよ―中央社保協

     中央社会保障推進協議会と全日本民主医療機関連合会は9月16日、後期高齢者医療制度で保険料を滞納した場合に交付される、通常と比べて有効期限の短い「短期被保険者証」の発行件数を調査した結果、今年8月時点で約3万3000件だったと発表した。同日記者会見した同協議会の相野谷安孝事務局長は、保険料の滞納状況について「滞納している人の多くが、年金月額1万5000円以下と推測される」と指摘。「保険料が払えないような生活実態の人から保険証を取り上げるのは、高齢者の命を奪うものだ」と述べ、短期保険証の発行をやめるべきと訴えた。」キャリアブレイン一部引用

P8200038.JPG

熱中症も貧困者を襲います。酷暑は偏西風の蛇行と海水面の高温化で、パキスタンの水害ともつながっているそうです。この冬は寒くなるかもしれないという。後期高齢者医療制度は人災ですが、温暖化も同じですね。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

厚生労働省がいう医療費の高い理由 [後期高齢者医療費制度]

 厚生労働省課長補佐が講演した内容としていただいた資料です。長野は不便だから低いのだと地域医療への努力などは無視されています。県知事は怒らないのでしょうか。福岡は精神科病院が多いからだとされています。当たっているのでしょうか。

 ・医療費が高い県は、北海道、福岡、大阪である。低い県は長野県である。長野県が何故医療費が低いかというと二つの理由がある。表向きの理由は、長野県には、指導員がたくさんいて、食生活などの生活指導を盛んに行っている。その指導の効果があって医療費が低くなっている。もうーつの理由は、病院が少なく、病院のアクセスが大変なので、病院には気軽に行けない。だから医療費が低くなっている。北海道は、何故医療費が高くなっているか。北海道では広いので病院へのアクセスが悪いのですぐに入院となる。北海道は明治以降に発展した地域。だから、歴史と人のつながりも弱い。家族が病院で看取りたいという人が多い。
・福岡は炭坑のせいと言われているが‘医療費が高い地域は旧炭坑のある町ではない。精神科の病院が多いためである。
・大阪は何故高いか。大阪ではかゆいところに手が届く濃厚診療が行われているからである。

・医療費が高いところは保険料が高くなる。医療費抑制のために努力されている県は負担が少なくなる。

 
P6140001.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

放送案内 [後期高齢者医療費制度]

30日(金)19:30より20:43分まで、

NHK総合テレビで、

「徹底討論 ふるさと再生スタジアム」~お年寄りの医療 どう支えますか~

  として、生番組が放映されます。(九州沖縄全域放送)

 麻生県知事の他、伊藤周平鹿児島大学法科大学院教授、福岡県西区周船寺校区・峯老人会長や12名が参加する予定です。

①東寺の五重塔.jpg
ユリカモメさん提供

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

重度障がい者医療費助成制度と後期高齢者医療制度 [後期高齢者医療費制度]

後期高齢者医療制度発足時に 65歳以上の障がい者も対象とすることになった。そのなかで、障がい者医療費の助成を受けるには 後期高齢者医療制度に加入することを義務化した10道県があります。福岡栃木もそうです。その栃木の広域連合で厚生労働省の要請も受けたが自治体の負担があえるので 義務化を続けるという。福岡も見直しの雰囲気はない。
1781135

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この程度の認識で [後期高齢者医療費制度]

 中国新聞は次のように伝えています。

 

後期高齢者医療 抜本的見直しが不可欠'08/5/16

 「公園のトイレに『後期高齢者はみな早く死ね』との落書きがあった。国の姿勢とダブり、涙した」―。広島市内の男性(75)が、本紙「広場」欄に投書を寄せている。同じ思いを抱くお年寄りも多いに違いない。

 そして 自民党の幹事長は

毎日新聞によると次のように講演したという。

伊吹幹事長は、制度を「ゴールド医療とか言っておけば、光輝いて見えた」と述べ、名称が「年輩の方の誇りを逆なでした」ため、国民に誤解が生じているとの見解を示した。

P5020010.JPG

この程度の認識で 与党幹部からは 分からない国民とは対決するとまで言ったとも伝えられてます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終末期とは [後期高齢者医療費制度]

 

 リハビリで体をならしてもらいました。腕も 足も こっているそうです。神経の問題もありますが筋肉使い方が偏っていての無理な使い方もありそうです。OTの父親が50歳程度 年代の差を感じます。病院の帰りに 通りのナンジャモンジャの木の写真をとってきました

昼から外出の予定です。体調がよければですが

P4210012.JPG

 

★後期高齢者医療制度の終末期の診療報酬で3月には、患者の意思確認ができなかった場合、相談料は請求できないとし、4月末には確認できなかった場合も認める通知を出した厚生労働省。終末期に相談できるのか。終末期の範囲も医師によって異なる可能性も。

P4240011.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

後期高齢者医療制度の問題 [後期高齢者医療費制度]

長寿医療制度で軽視できない問題

現役世代の負担増と75歳未満の重度障害者医療費助成

 4月に入って、後期高齢者医療制度に対する報道は加熱し、保険料、年金からの天引き、手続きの不備、名称の問題などが話題になっている。だが、この制度に関連して、あまり知られていないが、現役世代の負担増と75歳未満の重度障害者医療費助成の問題が起こっている。
後期高齢者医療制度.jpg

 
  (厚生労働省資料)
「現役世代」も負担増に──支援金

 政府の説明では、後期高齢者医療制度では、税金が約5割、支援金約4割、保険料約1割とされている。私が住む福岡県は、全国でも最も保険料が高くなると言われており、年間83740円である。75歳以上の高齢者の保険料負担増も問題であるが、「支援金」という名目で「現役世代」の健保組合、国民健康保険から支出される。私が所属する自治体の広報紙によると、昨年度の国民健康保険税の医療保険分は最高限度額年間56万円が、今年度から2つに分かれ、「医療保険分」と「後期支援分」となる。

 「後期支援分」の内訳は、所得割1.7%、均等割(人数割)と平等割(世帯割)が各々6000円ずつで、最高限度額が12万円となる。最高限度額は、「医療保険分」が47万円で、「後期支援分」と併せて59万円となり、前年度より3万円増となる。75歳未満の年金のみの収入210万円程度の世帯でも、「後期支援分」が5400円程度とされている。

障害者は75歳以下でも加入に

 今月に入って難病団体などが調査したものによると、北海道、青森、山形、茨城、栃木、富山、愛知、山口、徳島、福岡の10道県が、重度障害者医療費の助成を受けるには、後期高齢者医療制度に加入することを前提にしていることが判明した。

 後期高齢者医療制度では、老人保健制度に加入していた人たちは、制度の廃止に伴い、後期高齢者医療制度に入るかどうかは選択できると、国は説明していた。だが、重度障害者医療費助成制度は、自治体の独自の制度であるため、このように事実上、選択不可能な仕組みが入ってきた。

 福岡県では、事実上、無料に近かった重度障害者医療費助成を、今年度からは、所得制限や診療科ごとに、500円負担する制度を導入する予算案が可決された。その中に、後期高齢者医療制度に加入することが前提とされた。

 自治体としては、1人でも加入者を増やしたいということだろう。制度のツケを障害者にも負担してもらおうというものだ。

 また、重度障害者で社会保険の被扶養者が加入した場合、新たな保険料を支払う必要も出てくる。

 重度の障害者は、年金だけの生活が多い。その中から、介護などの自己負担が、障害者自立支援法で始まった。リハビリなどでの通院回数も多い。月額8万円程度の障害年金での生活では赤字の生活になる。障害者だけが厳しいわけではないが、幾重にも仕組まれた「受益負担」の制度により追い込まれている。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ここもおかしい [後期高齢者医療費制度]

新聞の投書に ある市の議員が指摘していました 

自民党は理解を求めるFAXがきたが良く分からないとし 年金は2月と3月分が4月に支給されたのに 天引きされた保険料は4月と5月と先払いではないかと

P4110027.JPG

今日は会議で でかけました。水曜日はリハビリの日でもありますが どうも雨になることが多いですねと 話したことでした

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
後期高齢者医療費制度 ブログトップ