So-net無料ブログ作成
検索選択
生活の工夫 ブログトップ

わが家も老犬の介護にあけくれて [生活の工夫]

 

 

わが家は18歳です。ここ1週間ほど、トイレ信号が目立たなくなり、10キロ超の老犬を抱いて庭と往復しています。ところが、お漏らしによるニオイがたまり始めています。

 

「連載・波多江伸子の楽しい患者ライフ パート3

<15>15年暮らした愛犬と別れ  20150710日西日本新聞

 

 15年間、一緒に過ごした老犬メグを亡くしました。耳は聞こえず、歯もボロボロ。今年に入ってからは足腰が利かなくなり、飼い主はトイレの介助のため、15キロの犬を抱えて日に何度も庭との往復をしていました。おもらしも始終で、家の中にはなんとも言えないニオイが漂っていました。寿命が尽きるのは時間の問題だとは思っていましたが、それでも、長い間、家族同様に暮らした愛犬が居なくなるのは寂しいものです。筆頭飼い主?の連れ合いの膝の中で、私と息子、猫メロンの家族全員に見守られて静かに息絶えました。

 メグが死んで1週間ばかり、私は毎日、泣き暮らしました。親が亡くなったときも泣かなかったのに、どうして犬の死がこんなに悲しいのかと不思議なくらいよく泣きました。まるで涙をなみなみとたたえた涙つぼをささげ持って暮らしているようでした。

 残ったエサの袋が目に入ったときや、どこかの家からメグに似た犬のほえ声が聞こえたときなど、ちょっとしたきっかけでつまずいてバランスを崩し、持っている器からたやすく涙がこぼれ落ちてしまうのです。人間の死を悼む複雑な色合いの苦い涙と違って、無色透明の清水のようなきれいな涙です。ひたすらかわいいだけの相手でしたから、ただただ純粋に悲しいのですが、泣いた後はなぜかすっきりしました。

 犬が死んだ翌日、森の入り口にある小さなペット霊園で火葬をしました。ネットで探した、自宅に一番近い霊園でしたが、感じの良い若い夫婦が丁寧にメグの亡きがらを取り扱ってくれました。

 花が飾られた祭壇に、持参した写真を飾り、香りのよい線香も用意されています。大事な人の場合はもちろん、たとえ飼い犬でも亡きがらを優しく丁寧に扱ってもらえば心が慰められるものです。火葬が終わり、連れ合いと一緒に骨を拾いながら、優しい目をしたメグのことを思い出して涙のつぼがひっくり返るくらい泣きました。泣きたいときは我慢せずに、盛大に泣くのが良いようです。

 全部もらってきた遺骨の一部は犬用の骨つぼに入れて手元に置き、残りはメグのお気に入り、庭のツツジの木の下に埋めることにしました。犬用の骨つぼは、陶芸家の兄が作ってくれました。最近、ペットの遺骨を手元に置くための小さな骨つぼの注文が増えたとか。うちの息子が粘土でメグ像を作り、ふたの飾りとしてくっつけて焼いてもらいました。草色の骨つぼはなかなかの出来栄え。居間の茶だんすの上に写真と一緒に飾っています。

 この2カ月、犬の話をすると泣きだしそうなので、よそには言わず、家族同士もなるだけお互いの傷口に触れないようにして、そろっと喪の時間をやり過ごしました。幸い、家族のだれもペットロス症候群にならずにメグのいない生活に慣れてきました。

 猫メロンは、薄情にも、ライバルがいなくなったことを少しばかり喜んでいる様子です。

(はたえ・のぶこ=作家、福岡市城南区)

 

私が犬の面倒をみるようになって10年。老犬の若かりし元気な姿が重なり、自分の老いもあって思い入れは増えるばかりです。骨壺はすでに用意できていますが。

001.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

愛犬との別れは [生活の工夫]

 

 

わが家の雄犬は18歳。仕事をしているときは関わりが薄かったのですが、家にいるようになってからは散歩とリハビリを兼ねて、朝夕でかけていました。ですが、昨年暮れ頃から散歩に出るだけの歩く力がありません。家の中において、5月と云うのにこの暑さからなんとか守ってやろうとしています。もうそんなに長くは共に居ることは無理でしょう。

 

「人生相談:飼い犬が年をとり、近付く別れがつらい=回答者・わかぎゑふ

毎日新聞 20150529

  

 以前飼っていたペットの犬のことが忘れられません。年老いて、最後は家出をして戻ってきませんでした。もう10年以上たつのに、思い出すと今でも涙が出ます。今飼っている別の犬も年をとり、別れが近づいているのかと思うと、胸が痛みます。(60代・女性)」

 

我が家も一度どういうわけか家からいなくなり、大騒動してようやく見つけたのですが、そのままだったらと思うと、相談された方の気持ちはお察しできます。でも、ペットの命は人間とは違う時間軸で生きています。つらさは分かりますが、避けられません。私は、悔いない介護をすることで、悲しみと向きあえるのではないかと今は思っています。その時に、冷静でおられるかは分かりませんが、乱れてもいいのではないかと思います。

003.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

甘いしょうゆしか知らない [生活の工夫]

 

 

 

「憂楽帳:甘いしょうゆ   毎日新聞 20140228日 西部夕刊

 

 まだ慣れない。刺し身はもちろん、煮物もおでんも。外食するたび、関東出身の私は「あれれ」と思ってしまう。九州の甘いしょうゆのことだ

 なぜしょうゆに砂糖が入っているのか。暖かい気候なのでエネルギー消費が大きく、生理的に甘みを欲する。オランダとの交易で砂糖が入手しやすかった。福岡県醤油醸造協同組合に尋ねたら、そう説明をしてくれた。「刺し身は甘いしょうゆにわさびをたっぷり入れて食べるとおいしいです」。九州で最も甘いしょうゆは、宮崎県日南市と鹿児島県枕崎市あたりだという。北部九州の人から言わせると「頭が痛くなるほど甘い」らしい。ともに遠洋漁業の港があり、昔は砂糖を混ぜたしょうゆを持ち、漁に出た歴史がある。

 日本で最も甘いしょうゆを自任する藤安醸造(鹿児島市)に電話した。地元の要望もあり、だんだん甘くしたのだという。「これで魚の煮付けを作ると辛い焼酎とよく合いますよ」

 甘いしょうゆは魚に合う……? 関係者の自信に満ちた口調を聞いていると、自分の物差しが揺らいできた。今度はわさびと焼酎でトライしてみよう。【山本紀子】」

   

醤油を結構かけて食べます。ほうれん草のおひたし、漬物などにも。豪華な食卓とは縁遠いですが、苦労して作ってくれたものをおなか一杯食べられて、また太ると嘆いているのですから、贅沢なことだと思う。

 時々、不安になるのは、値上がりを続ける食材。円安もあるが、自給率の低下でこんなものも輸入していると思うからです。日本がつぶすのは食糧の輸出を止めればいいという不届きな国だって出てくるのでは・・・。

019.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

会ってどうする・和菓子のシーズン [生活の工夫]

 

 

「(悩みのるつぼ)会っておきたい女性がいます2014322日朝日新聞

■相談者:男性 77歳

■回答者:歌手・俳優 美輪明宏

〈相談〉

 齢(よわい)77。これくらいの歳(とし)ともなれば、誰でも過ぎし日の懐かしい人、大切な人、忘れられない人の一人や二人はあることでしょう。私にも残り少なくなった人生なので会っておきたい女性がいます。

 私は、1960年前後、大阪の会社に勤務し、労働組合の役員をしていました。当時、近隣の会社の組合員と交流をし、ハイキングやキャンプ、それぞれの職場見学などが流行(はや)っていて、私たちも大阪市内のある企業の女性たちと交流を重ねていました。

 そして、いつしか一人の役員の女性に恋心を抱くようになりました。彼女は、職場のフォークダンス、コーラスグループのリーダー的存在。役員会で行事の打ち合わせをした後は、彼女との個人的語らいの場が楽しくて仕方がありませんでした。

 しかし、いわゆる「愛の告白」をする勇気もなく、私は京都へ転勤、住まいも京都で、お互い結婚し、いつしか疎遠となってしまいました。

 残り少ない人生、ぜひ彼女に再会したく、日々こころ病んでいます。可能な限りの手を尽くしましたが、どうしても所在がわかりません。昔なら新聞の「尋ね人」欄を利用できたのですが……。思い切ってアドバイスを頂きたく投稿しました。

 なお、私の妻は健在ですが、彼女のご主人は亡くなっています。」

 

同世代に近いので、労働組合が地域交流していて女性と接する機会が多かったことなど似たような環境だったと思います。会いたいというのはどうでしょう。相手にとってみても老いた昔の人と会うのがいいことなのか。会ってどういう意味があるのか。思い残すことがないためにと言われますが、人と出会い・別れがあるということについてどのように考えられるのでしょうか。

 

先ほど、大分の和菓子をいただきました。

 

「(天声人語)和菓子はなやぐ春  2014323日朝日新聞

 

 長命寺、道明寺と聞けば、すぐに桜餅が頭に浮かぶ方は多かろう。数ある和菓子のうちで桜餅の人気はゆるぎない。「好きな和菓子」を聞いた本紙別刷り「be」のアンケートでは、通年定番の大福をおさえて堂々の1位に輝いた▼その桜餅に、葉を食べるか食べないかという長年の「議論」がある。葉ごと食べるのが粋だという人。葉は香り付けだから、むいて淡い移り香を楽しむべしとする人。自説を譲れぬ向きもあろうが、どちらが正しいというものでもない▼このあいだ「和菓子屋におはぎの幟(のぼり)」と書いたら、春はぼた餅、おはぎと呼ぶのは秋だと、いくつか指摘を頂いた。よく聞く説ながら、どう呼ぶのが正解と決まったものでもないようだ(以下略)」

 

長崎街道はシュガーロードとも呼ばれ、和菓子を含めて甘いものが豊富です。福岡では筑豊。筑豊は炭坑。重労働をする炭坑夫によって和菓子が栄えたと言われていますがどうなのでしょう。

010.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自らを励ますことも大事だと [生活の工夫]

自らを励ますことも大事だと

今週のイチオシ「いわせてもらお」(朝日新聞)より

「分数

 スーパーのパン売り場で耳にした、夫婦の会話。ご主人 16枚切りの食パンを買い物かごに入れると、奥さんがこう異議を唱えていた。「6枚も食べきれん、4枚切りでいい」。どれも同じ1+なのに、と不思議だった。 (大阪市・しかも1枚当たりの量は増えるのでは・46)

001.JPG

土曜日の朝日新聞には、相談コーナー「なやみのるつぼ」というのがあります。今週は以前に相談があった人のその後の様子を取り上げています。相談担当は経済学者の金子勝氏のものです。

最初の相談は、86歳でダンスをしている女性からで、引き際も大事だから、やめたがよいかどうかというものでした。金子氏は「あなたは生きる希望を与えています」として続けることを勧めます。今はというと続けているそうです。「誰か第三者に励ましてほしかった」

というのです。「相談の形をとったが「やめようという気はそんなになかったんです。誰か第三者に励ましてほしかったのです。86歳でもダンスしているんです と、誰かに自慢したい気持ちも実は少しあったかしら」。 公営の団地に住み、いまも 独り暮らし。優待パスで、バスで2度も乗り換えるダンス 教室ヘ、週3回通う。昼過ぎから教師の個人レッスン1

時間ほど受け、帰りにはマッサージに寄るという。」

002.JPG

そうですよね。生きてる限り誰かに認めてもらいたいし、自分を励ますのも大変ですよね。

吉野弘の次の詩もあります。

「或る中年に

他人を励ますことはできても

自分を励ますことはむつかしい

だから――というべきか

しかし――というべきか

自分がまだひらく花だと思える間は

そう思うがいい

すこしの気恥ずかしさに耐え

すこしの無理をしてでも

淡い賑やかな思いの中に

自分を遊ばせておくがいい」

いくつになろうが、自らを励ましながら生きていくしかないようですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

情報革命についていけないこともあるが [生活の工夫]

 

012.JPG

 

昨日は会議があり、福岡市内にでかけましたが、団地の桜にやっとの開花が見られました。近所の方がクロガネモチの実を切り落としておられました。毎年なら野鳥が食べてくれるが、今年は来ないという。そういえば、我が家も、その他の家でも真っ赤な実が目立ちます。季節の変動を感じました。

 

011.JPG

私は携帯電話でのメールをしません。友人から珍しいと言われましたが、実を言うと字が小さくて煩わしいのです。それと、現役時代と違ってそんなに急ぐ用件もないこともあります。フェイスブックなども利用していますので、情報革命と縁遠いわけではありません。

 

国際協力機構(JICA)の理事長の緒方貞子氏は朝日新聞のインタビューで「アラブの春」などと関連して次のように述べています。(「海外援助の未来 すべての人へ視野広げよ」より)

 

「『アラブの春』後のエジプトとチュニジアを 訪れた。 「アラブの春」の根源には、開発途 上国における変化、なかでもフェイスブックなど情報技術の革命が与えるイ ンパクトがあったと思う。日本政府、JICAはこれまで「全面的な社会開 発と、それにもとづく経済開発」という援助手法をとってきたが、情報革命のインパクトへの問題意識は十分だったとはいえない。今後出-そこに視点を 置かないと、効果的な援助、発展に寄 与できないだろう。従来の手法では通用しない懸念がある。これまでの援助は、相手国の政府が その国の発展をすべて仕切っていると いう前提に立っておこなわれた。その前提はもう成り立たない。政府はどこまで権限を持ち、それに国民がどう反応するかまで総合的に考えなければ有効な開発や発展は進められない。地域の安定を確保するため、欧米の先進国が過去、独裁政権を支援したという面はあったと思う。日本はそこまでの政治的な関与はしなかったが、そうしたなかで、社会的な不公正、貧富の格差、人権など、「人間の安全保障」にかかわる負の側面が、ムバラク前政権のエジプトをはじめとするアラブ諸国で浮き彫りになっていった。」

 

012.JPG

手紙や固定電話の良さもありますが、時間がかかったり、留守の場合もあります。情報ツールも使い方のように思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フェイスブックに登録してみた [生活の工夫]

この寒さが影響しているのか拘縮があり、昨日から痛みが強いです。言ってもせんないことですが・・・・

今日みたいに新聞休刊日は時間が余計にゆっくりと過ぎていくようです。今話題フェイスブックというのはどんなものだろうかとのぞいて登録してみました。でも、使い方、利用法が分からずに今日またプロフィールを記入漏れが多いのに気づき追記しました。少しずつ輪が広がればと思いますが エジプトはどのように広がったのでしょう。そんなに武器になるのでしょうか。そんな感じがしますが

P1240025.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もうこんな時間 [生活の工夫]

今日は朝方は涼しかったのですが 昼は暑いですね[晴れ]

午前は図書館に行きました。仕事をやめてからは買うのはめっきり減りました。図書館は助かります。昼ごろから メールチェックしたりして 少し散歩しようかとも思いましたが 暑いのでやめました。こうして 時間は過ぎていくのが早いですね

P8070052.JPG

 

P8070053.JPG

 

福岡市警固神社


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
生活の工夫 ブログトップ