So-net無料ブログ作成
検索選択

貧困と肥満は [貧困]

 

 

貧困と健康との関連ではいろいろと語られますが、健康診断の受診率も低いという。

 

「貧困と生活習慣病は両刃の剣

「国民健康栄養調査」を実施する厚生労働省によれば、200万円未満200万円以上~600万円未満・600万円以上と世帯所得別に生活習慣等を調べたところ、次のような結果が出た。

 

・所得が低い世帯は、高い世帯と比較して穀類(炭水化物)の摂取量が多く、野菜と肉類の摂取量が少ない。

・所得が低い世帯ほど、肥満が多い。

・所得が低い世帯ほど、健康診断の受診率が低い。

・所得が低い世帯ほど、喫煙者の割合が高い。

・所得が低い世帯ほど、歯が20本未満の人が多い。

 

つまり、所得が低いほど食生活や健康に費用や時間を割けず、栄養状態も不良で、その結果、健康を損なう確率が高いという相関関係だ。 所得、食生活、運動量、仕事の種類、体質など、健康に影響を与える変数は無数にある。さまざまな要因が複雑に絡み合って、健康はむしばまれる。そこに健康格差が重なれば、 もはや自己責任とは言えない状況ではないか。 ある54歳の営業職男性は部下がいて、ノルマをこなし、年収600万円。責任感が強く、

長時間駅働が常態化している。妻と子ども2人、深夜に帰宅し酒を飲み、空腹時はラー

メンをかきこむ30代半ばからそんな食生活を送っており、高脂血症だから改善しろと言

われ続けている。いつ倒れるかも知れない。そのような働き方を求められても、家族を養

うためどうしようもない。これは、自堕落なのだろうか。」(『貧困クライシス』)

 

どんな生活を作っていくか。発想の転換も必要な気がします。

 

003.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

食糧は残さず [貧困]

 

 

新聞の投稿欄からです。

 

帰省の旅路に花の名所巡り 79

一人息子は大学を出て、東京の企業に就職して20年になる。マイホームも手に入れた。孫が小さいころ故郷の福岡に帰省していたが、今はめったに帰ることはない。 私が妻を亡くし、東京の息子たちと同居、故郷の実家には誰もいないからだ。 だが、私は親友に会いた いし、生い茂った庭の草むしりがある。伸びた植木の剪定もやらねばならず、独りで空き家の自宅に帰省している。しかし、花を愛でる旅が 好きな私は、往復とも直行することはない。新幹線を 途中下車し、花の名所を訪ねるのがいつものパターンになっている。 駅前に泊まり、あちこちの桜、ツツジ、ハナショウブにアジサイ園などをはしご旅してきた。 今年も私の帰省シーズンになった。どの辺を回ろうかと、図書館で本を借りて調べている。」(2017429日西日本新聞)

 

これからも世界の人口は増え続けます。その時の食糧危機が想定されます。今みたいに輸入できることがないとも言われています。

 

「貧困の解消ヘ食料は残さず 15

世界では経済格差に伴う貧困が深刻化しています。先進国と発展途上国の差だけでなく、発展途上国内でも、格差が大きく広がっています。

貧困問題の一つに、食料不足の問題があります。私たち先進国は、ほとんどが十分な量の食料を確保できていますが、世界には飢餓という長期の栄養不足に苦しむ人々が数多く存在します。その飢餓に直面する人々は、途上国を中心に8億人もいるそうです。途上国で は7人に1人という割合です。 しかし、私たち先進国では、あり余る食料を消費しています。捨てるほどです。 日本での年間食品廃棄物は2千万トンといわれています。国連の食料援助が約310万トンなので、廃棄物がはるかに上回っていることになります。私は「持続可能な社会」にしていくためには、まず 貧困をなくしていくことが大切と思います。 そのために、今の私たちにできることは食料を残さずに消費することだと考えます。」(同前)

 

011.JPG

 

 


下流とは認めたくない? [貧困]

 

 

13日のニュースではGDPは改善したが個人消費は弱いという。国民の暮らしぶりは厳しいと思う。ところが、中流の下という意識の人が年々増えているのだという。やはり下流とは認めたくないのだろう。

 

「貧困で死に方に格差も

「下流老人」著者・藤田孝典氏が講演

 

「お金があるかないかで死に方まで格差がある」。全国大会では、埼玉県で生活困窮者を支 援しているNPO法人ほっとプ ラス代表理事で社会福祉士の藤田孝典さん(34)が「下流老人と 貧困世代」と題し講演した。在宅医療や緩和ケアを受ける以前に、経済的理由で医療にほとんどかかれない高齢者がいるとし て、生活保護を受けて健康格差 を防ぐ必要性を強調した。要旨は次の通り。

 

2015年に「下流老人」と題した本を出した。刺激的な言葉で高齢者の貧困問題を可視化したかった。ほっとプラスでは、ホームレスも含めて年に約500件の相談を受ける。お金がないから医者にかからずぎりぎりまで我慢して、「痛い」と私たちに相談しにきたときには末期状態という人は少なくない。私たちが運営するシェルターで最期を迎え人もいる。その前に本人が家族に謝罪したり、借金を清算したりして、少しでも心残りをなくせるようお手伝いしている。
困窮者を「計画的に貯金しないからだ」と批判する人がいる。
だが自己責任とするには酷な現状がある。
高齢者の67割が年金が月10万円未満なのに、不足分を補
う貯蓄は高齢者世帯の168 がゼ口、435%が500万円未満だ。その結果、高齢者の相対的貧困率は194%に上り、5 1人が生活保護基準以下で暮 らしている。実際に3040年間 まじめに働いて年金保険料を納 めてきた人が、退職後に大病を患って貯蓄がなくなり、生活が破綻したケースは珍しくない。お金がないと死に場所も死に方も選べない。高齢者の自殺や孤独死の背景には貧困問題が絡んでいる場合が少なくない。

社会保障制度や低すぎる最低賃金などの改善は必要だが、まずは生活保護がきちんとセーフティーネットの役割を果たすべきだ。生活保護を受けると医療や介護は無料で受けられ、健康は守られる。より良い死に方より前に、より良い生き方ができるようにしなければならない。」(2017211日西日本新聞)

 

12日のNHKのこどもの貧困問題のドキュメンタリーも刺激的でしたが、それが政治の変化につながらないのはなぜか。意識上で「下流」とは思いたくないからなのか。そこが見ていて分からない。ただ、無関心なのだろうか。

015.JPG

野良ビト [貧困]

 

 

野良ビトとは、野良猫からきた造語だという。河川敷に暮らすホームレスに対して近所の街角に「野良ビトに缶を与えないでください」という看板を見たという設定なのです。2020年のオリンピックを念頭に置いた格差、貧困、差別の道具として使われるのがテロ対策という名の取り締まり法の「共謀罪」を想起させる仕掛けになっています。次のような会話がされます。

 

「すでに政府はそういう、怪しいとみなした人間をすぐ拘束できるっていうテロ対策の法 案を、通そうとしてるんです。その法案が通れば、だれがいつ捕まっても、おかしくない状況になりますよ。証拠がなくても逮捕できるんだから

そんなんおかしいだろ、なんもやってねぇのに、」なんでおれらが捕まんだよ?

「おれらはもう、人扱いにされてねぇんだな」

徳田さんのつぶやきに、柳さんが渋面を浮かべて応えた。

「国も、やるこた一緒だってことだ。町の人らと」

その言葉に川島さんはうなづき、

「あのマンションができてから、周りの町はあからさまに変わりましたね、あ、そんなこ

としていいんだ、相手が生活に困ってようと、なんだろうと、自分にとって不可解でイヤな ものは、目の前から排除していいんだって思っちゃったわけです。この国全体が恥知らずな不寛容に流れていったのと、連動してますよ」

「ぼくは、そんなこと許しませんよ」

吐きだすように言った木下の声が震えていた。」(『

野良ビトたちの燃え上がる肖像

野良ビトたちの燃え上がる肖像



』木村友祐)

 

 

ほんの先の未来を示唆する小説です。明るい社会ではないですが・・・。

 


病から貧困へ [貧困]

 

 

私の「貧乏物語」――これからの希望をみつけるために

私の「貧乏物語」――これからの希望をみつけるために

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



を読みました。同年代の人が多いので共感しながら読みましたが、貧乏とは感じなかった云う人の中で「病と貧困の悪循環  沖藤典子」は具体的でした。

 

沖藤さんは介護問題などで有名な方です。

 

北海道十勝地方の七夕祭りは、本州より1月遅れの八月七日です。
昭和24年のその日は、一家の平穏が突然に暗転した、運命の日でした。私は、小学校5年生でした。

夕方、にわか雨が降り出し、息せき切って学校から帰ってくると、家の前の七夕飾りが濡れて倒れていました。一瞬、何かが胸を刺しました。今も忘れられない情景です。玄関を開けると強烈な消毒の匂い。驚いたことに父は、八畳の客間に寝かされており、仕事関係の人たち数人が、取り巻いています。(略)

父は国鉄の職員であり、社会党から出た町会議員でした。戦後初の統一地方選挙では、三公社五現業の職員は、現職のまま議員活動が出来た

子どもこと故、経済的なことはよく分からないのですが、休職の当初はいささかの収入、蓄 えもあったようです。でもそれは、すぐ無くなり、一方で医療費が莫大なものになりました。結
核の特効薬、ストレプトマイシンは、母によると、一本1000円だったとか。昭和二四年六月 の『労働者全国賃金調査』によれば、男性の平均賃金は七五五七円、年末の臨時手当の平均は3 001円。そのストレプトマイシンを50本は打ったそうで、ほぼ七カ月分の月給が注射代に消
えました。食糧難の時代、家族は芋やかぼちゃで飢えをしのいでいましたが、父には高価なバタ !とかチーズが用意されていました。 冬になっても石炭が買えません。当時住んでいた池田町は、根室本線の停車駅で、池田から北
見を結ぶ池北線(当時)の始発駅でした。巨大な機関庫があり、良質の石炭が山積みです。母と夜中に盗みに行く時の、恐怖、寒さ、重さは、今も忘れられません。(略)

秋今度は母が脳出血で倒れました。父の病状も全快 とはいえず、姉も歩くのがようやく、一家四人のうち、三人が病人でした。まさに、病と貧困の 悪循環。それを断ち切ろうとしても、次の病が貧困に引きずり下ろします。母は、一一年間の療
養の末、最後の三、四年は完全な寝たきりとなって、悔し涙をこぼしながら人生を終えました。
和二0年代、誰もが貧しかった時代、私だけが苦労したとは思いませんが、はっきりと知っ たのは、「病と貧困の悪循環ほど恐ろしいものはない」ということです。一家の働き手が一人であることの、危険も知りました。家族に病人が出た時、しわ寄せが子どもに行くことも実感しました。私が共働きをしてきたのは、人生の危機回避でした。現代は当時に比べれば、格段に社会保障は良くなりましたが、高齢者や子どもなど、貧困の連鎖に苦しむ家族は、増加傾向にあります。貧困の根絶、そこに日本の未来があると思います。」

 

沖藤さん自身が介護に追われる日々が最近まであったという。

 


55年前の15歳は [貧困]

 

 

 

55年前の15歳は貧しくて高校進学できるかどうか分からなかった。中卒で働く人もいたが、高校に進学する人が増えていた時期です。親がどう思っていたか分かりませんが、先生からは少年自衛隊や大企業が設立した専門学校など費用がほとんどないものを勧めてくれました。今はどうなのでしょうか。

教育費に投入される予算が全世界で110位くらいなのです。日本の常識は世界では通用しないみたいです。

 

 

「『貧困世帯でも安心して進学を』参院選、声上げる10代2016623日朝日新聞   

 

 「(返済不要の)給付型奨学金制度をつくり、貧富の差が固定するような社会を変えてほしい」。東京都大学2年、島田了輔さん(19)が望むのは、貧困世帯からでも安心して進学できる環境づくりだ。

 

 高知市出身。大学に進むまで非正規雇用で働く母と2歳下の妹との3人暮らしだった。生活保護を受け、高校の修学旅行は費用が払えず参加できなかった。スーパーの試食だけでやり過ごした日もあった。

 数学の研究者を目指している。民間企業の給付型奨学金(月6万円)と日本学生支援機構の貸与型奨学金(月5万1千円)を受け、さらに大学の授業料免除制度を使って学んでいるが、成績や期間などの条件があり、いつまで利用できるか不安は大きい。

 同機構の奨学金利用者は134万人(2015年度)。貸与型しかなく、有利子のものが多くを占める。島田さんは言う。「給付型は公的な制度がなくて対象者が少なく、成績などの要件も厳しい。自分は幸運だが、貧富に関わらず努力する学生が報われる制度を作ってほしい」(以下略)」

 

この国の将来は教育にどれだけお金をかけるかです。教育費無料の国もある世界と太刀打ちできなくなるでしょう。

 

マララさんの発言には年齢を超えていますね。

 

「マララさん「銃弾では勝てない」射殺英議員の追悼集会で:朝日新聞デジタル」と伝えています。頭の下がる発言ですね。

040.JPG

貧困の再生産を広げることにならないか [貧困]

 

 

「池内桃子さんのこんなとこだよ カンボジア

 

カンボジアは南国らしく 手に入る果物が豊富です。 日本にいたときはほとんど
食べなかったものを楽しむ
ことができます。
その中でも、マンゴーは
格別の喜びです。45 が旬、暑さが厳しく嫌になるこの季節に歓迎されるものがあるとしたら、ジューシーで甘いマンゴーでしょう。日本では、高価なものだと数千円もしますが、それをカンボジア人に言うと目を丸くしていました。それもそのはず、旬の時期なら1キロ2500リエル(630 )で売っているところも
あるほど、ここでは安く手
に入る果物なのです。
驚くのは値段だけではあ
りません。カンボジ
をア人はまだ熟していない、酸っぱいマンゴーをシャリシャリw食べるのです。すった唐辛子と、塩、 砂糖を一緒にした「オンパルマテ」を付けるのが彼らのお気に入り。初めて食べたとき、「渋いんじゃないの?」と気が進まずもかじって みると、その瞬間爽やかな香りが広が り、意外にもまた次
が欲しくなりました。

他には、干し菓子にしたり、若いマンゴーを細切りにして、魚を食べるときのソースの付け合わせにしたりもします。マンゴーの木を庭に植えている家庭が多く、この季節はマンゴーのおすそ分けが始まります。路上では、ガソリンを売りながら、マンゴーをかごにどっさりと積んで売っている人を見ました。きっと自宅にはマンゴーが有り余っているのでしょうね。(シエムレアプ在住サーカス団職員) 」(201666日西日本新聞

 

カンボジアなどに行くことはないと思うので、楽しみに読んでいます。

 

給付型奨学金の見送りに次のようなことが心配だという。

 

「奨学金在り方 本末転倒では 18

 

日本人向けの返済不要の給付型奨学金新設が先送りされた。これは文系学部軽視以上に日本の根幹を揺るがす事態と解釈している。優秀だが、経済的に恵まれない者が進学を諦めたり、意欲をなくせば、国力の低下につながるからだ。
日本に給付型奨学金は少ない。多くの人は貸与型奨学金という名の借金を利用する。給付を受けることはできても、月当たり23 万円しかもらえないという人がほとんどだ。学費と生活費を合わせると、国立大学でさえ年間100万円は必要というのに。しかし一方で、国費留学生制度を利用すれば、外国人は毎月約12万円と旅費の:給付を受けることができる。これを利用している人は約1万人である。もちろん、国際交流は大切だ。ただ、日本人より外国人に手厚い奨学金制度というのは本末転倒ではなかろうか。」(同前)

 

これで思い出したのが、アメリカでは学費が払えないので軍隊に入れば肩代わりしてくれるからというのが入隊動機のトップだと言われています。もうひとつ、司法試験に合格してから司法修習生として研修を受けるが、以前は公務員に準じるとして給費制度があり、生活の心配がなかった。だが、廃止されて貯蓄がないと行けなくなった。または、借金するしかないと聞いた。貧困家庭からの弁護士などが少なくなれば、弱者の味方になる弁護士が少なくならないでしょうか。

011.JPG

年寄りだけではないですが [貧困]

 

 

ある昼下がりの老夫婦の会話より

テレビの「徹子の部屋」を見ていた夫が

「この村井国夫さんの奥さんはなんやった(名前が出てこないのです)」

「・・・・」と妻も出てこない。

「『えがおの黒酢』のコマーシャルに出ている人」

「あー」

それで一度は終わり数分後

「オトナシ・・・」と妻

「オトナシミキコたい」

他愛ないことでも時間がかかるのです。ゴールデンウィークとも無縁な生活です。

 

少し前の随筆ですので、少しは違うのかもしれませんが、こんなことが書かれていました。

 

「身寄りはあっても手のかかる 老病人をすすんで自分のところへ引き取ろうとする者はいない。第一、そういう人を引き取る場もない住生活だ
こういう中で、つれあいに先立たれた老人たちの一人暮らしは多く、といって、自分
たちの生活に精いっぱいでいる子供たちの世話になりたくない、早く死にたいといいな
がらも、死さえ思いのままにならない薬づけの医療に身をまかせる弱い立場にいる、な
どなど、だれの身の回りにも見られる、長寿を喜べないいまの老人たちの姿なのである。
幸いに家庭で介護を受けて、ゆったりと暮らすことのできる老人たちもいる。しかし、それを支えているのは、妻、嫁、娘の立場にいる女性たちで、もしもいま、女たちがこの介護から一切手を引いてしまうといったら、日本じゅうが大混乱におちいるであろう。

いま、老年を生きる人たちは、かつての日本の野望のために、その青春時代を戦場にかりたてられ、人らしく生きることもできず、女はそのために結婚もあきらめて、戦争のために生命を失った人に貞節を捧げて一人生きてきた人も多い。

戦後の繁栄の底辺を支えた働き手の男女が、いま、老いの日々を過ごしているという

ことを、私は現在生きている日本人のすべてに、決して忘れてほしくないと思う。 経済力だけがすべてに優先することは許されない。
この日本の平和を支え、繁栄させるためにいっしょうけんめい働いてきた人々を、経
済的なメリットがないからと、強者の論理で取り扱うことは、あらゆる面で女たちは反
対していくであろう。「女の平和」が、明日にでもこういう面から起こってくるかもし
れないと、私は考えている。いまの女たちは、そういう行動力をようやく身につけたといえるからだ。

ただお題目をとなえるだけのような高齢社会対策や、後回しにしても仕方がないと考えられがちな福祉対策に、本腰を入れて取り組まない行政には、どんな形でか「女の平和」が世界をひっくり返すかもしれない。」(『もうすぐ百歳、振りかえらず。』吉沢久子)

005.JPG

「ひんこん」ってなんだろうと [貧困]

 

 

 

朝ドラ「とと姉ちゃん」のととは、結核で亡くなります。昔は結核は多かった。私の父も結核で、自宅の隔離部屋か、病院の病棟で2年余を過ごしました。

 

「桜の樹の下には 梯久美子

 

「桜の樹の下には屍体が埋まっている 桜の季節がやってくると、梶井基次郎のこの一文を思い出す。 「俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ」(「桜の樹の下には」より) 梶井はこの小説を、結核のため療養していた伊豆の湯ケ島で書いたとされ
る。湯ケ島はまた、梶井が宇野千代と
出会って恋をした場所でもあった。20

代半ばの頃である。千代は梶井の4.上で尾崎士郎の妻だった。(以下略)」(2016328西日本新聞

 

「とと姉ちゃん」では、子どもたちが自転車の車輪のところに棒を当てて転がす遊びがありましたが、いろんな呼び名があるようですが、どう呼んでいたか。「リム回し」のような?

そうですね。はっきりしないように聞こえるのは人それぞれのようですね。「ひんこん」て・・・。

 

「花時計

 

「ひんこんって何ですか?」。あまりにも無邪気に聞き返され、戸惑った。歓楽街で働く21歳の シングルマザーに、子どもの貧困について取材していることを説明したときのこと。「お金がなくて貧しいってことです」と伝えると「あ、そうなんですね」▽そのやりとりを思い出したのは、中学教諭の話がきっかけだった。「厳しい環境で育った子は、語彙が少ない
傾向がある。その言葉の
概念を知らないのと同じ
で、自身や周囲の状況を
客観的に秩序立てて把握
する力が育たず、生活力
の欠如につながっていく」▽彼女も幼少時に親
離婚し、夜働きに出る母に育てられた。自身が貧困である自覚、それが子どもの育ちを危うくしている自覚に欠けていた。「子どもの貧困対策は親対策」といわれるが、本当に難しい。(下崎千加)」(同前)

 

001.JPG

富に縛られて [貧困]

 

 

「乱婚制から一夫多妻制そして一夫一妻制

地球上に住んでいる多くの民族の婚姻形態を調べたデータがある。婚姻形態というのは、社会に おける成人男女の生殖システム(配偶形態)のことだ。ふつう日本に住む私たちは法律でも一夫一妻制になっている。多くの先進国では一夫一妻制なので、すべての民族が一夫一妻制を採っていると考えがちだが、調べてみると必ずしもそうではない。
世界各地の民族を調べてみると、その多くは一夫多妻制を採っている。一夫多妻制を採っている民族は、全体の約70%もある。しかし、その社会でも全員が一夫多妻をしているかと言えば、必ずしもそうではなくて、集団の20%以上が1人で複数の妻を持っているのは約3分の1に過ぎない。やはり、経済力や社会的な地位によって差別というか、区別があるのだろう

面白いことに、ほんのわずかだが一妻多夫制を採っている民族もあるようだ。」(『ヒトはなぜ争うのか』 若原正己)

 

この世界も財力の力が大きいのでしょうか。

しかし、ムヒカ全ウルグアイ大統領は自分の言葉で次のように述べています。

 

「「世界一貧しい」前大統領

 「富に縛られず、幸せの道を」毎日新聞201646

 

質素な暮らしぶりから「世界一貧しい大統領」と呼ばれた南米ウルグアイの前大統領、ホセ・ムヒカ氏(80)が初来日し、6日、東京都内で毎日新聞などの取材に応じた。ムヒカ氏は「地球にはみんなで生きていけるだけの資源がある。富に縛られず、どうすれば幸せになれるか考えよう」と呼びかけた。

貧困家庭に生まれたムヒカ氏は左翼ゲリラ活動で4回、投獄された。1994年に国会議員となり、2010年に大統領に就任したが、任期中の5年間、大統領公邸に住まなかった。また、給料の9割を貧しい人々に寄付し、首都モンテビデオ郊外の農場の畑を耕して暮らす清貧ぶりが、国民から愛された。
(略)

ムヒカ氏は「資本主義や競争社会は文明の原動力で、科学技術は大きく進歩し、人間の寿命も延びた。しかし、資本主義の拡大を誰も止めることはできず、経済格差は広がる一方だ」と持論を熱く語った。【山本太一】

014.JPG