So-net無料ブログ作成
検索選択
障がい者問題 ブログトップ
前の10件 | -

障害者雇用の壁 [障がい者問題]

 

 

こんな裁判が起こされているのだという。

 

「知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに201757日朝日新聞

  小学生のころから一日も学校を休まなかった息子が、就職からまもなく自殺した――。浜松市西区の漁業鈴木英治さん(52)と妻のゆかりさん(50)が、次男航(こう)さん(当時18)の死の理由を問い続けている。航さんには軽度の知的障害と学習障害があった。

 航さんが、職場の自動車部品工場へ向かう途中で自殺したのは3年前の5月20日。その日、いつもより早く家を出た航さんは、通勤に使っていた午前7時20分の電車をホームでやりすごした。次の電車も見送り、同46分の貨物列車に飛び込んだ。駅の防犯カメラに映像が残されていた。

 航さんは、現場で教えられた仕事の手順などを細かくノートにメモしていた。その中にはこんな走り書きがあった。「バカはバカなりに努力しろ」

 航さんに軽度の知的障害と学習障害があるとわかったのは小学4年のときだ。通信簿はオール1。だが明るく、人なつっこい性格で友だちに好かれた。親や教師に言われたことはきちんと守る一方、融通や加減が利かない。高校で入った野球部や水泳部では倒れるまで練習を続けてしまうことが何度もあったという。

 高校卒業後、県内の大手自動車部品工場に障害者雇用枠で就職。「小中高と12年間、無遅刻・無欠席。本人もまじめで体力があることは自覚していたので、工場での単純作業なら向いていると思ったようだ」と英治さんは話す。

 だが、就職からわずか50日で航さんは自ら命を絶った。一体、何があったのか――。遺品のノートにあった「バカは~」の文字や、その後の会社とのやり取りの中で、両親の疑念はふくらんでいったという。

 実は、就職内定後、母のゆかりさんは航さんの障害について理解してもらおうと会社を訪れ、人事担当者らに航さんの特性について説明し、配慮を求めたという。「今となっては本当にこちらの話を聞こうという姿勢があったのかさえ疑問です」(ゆかりさん)。

 理由の一つが航さんの配属先。複雑な工程の理解が必要なプレス部門で、渡された作業マニュアルは82項目にも及ぶ複雑な工程があり、専門用語も多数使われていた。ノートには乱れる文字がびっしりと並び、現場で必死にメモしていた様子が残る。そして亡くなる前日、航さんの作業ミスで機械を停止させてしまうトラブルがあったことも後から分かったという。(以下略)」

 

障害者の社会参加に関係から検討すべきことがあるとは思いますが、中心的問題は「バカは~」という発言があったか、それと関連して企業側に障害者雇用についての考え方が整理されていたかということ。職場定着のための支援活動の導入などの方策が検討されなかったかなどありはしないか。

発言だけを取り上げれば、相模原障害者施設での殺傷事件を想起させます。

 

医師でもある香山リカ氏は次のように相模原障害者施設での殺傷事件について次のように指摘しています。

「私は今回の事件は、容疑者の個別の精神疾患や措置入院制度の問題に 帰して説明し、予防のための対策を検討すべきではない、と考えている。(略)

容疑者は書状の中で、いかに障害者は社会にとって不要であり、その存在のために家族や施 設従業員が苦しんでいるかを綿々と書きつづっている。そして、かれらが嫌い、憎いといった感情によってではなく、社会をよりよくするためにその排除が必要だと語り、その殺害計画を 具体的に打ち明けているのである。容疑者にとっては、効率的に働き、生産性を上げて社会に貢献できる人間だけが生きる価値があり、そういう人たちだけで構成されている社会でこそ健全とみなしているのだろう。」(『生きたかった』)

 

発言があったかどうかは分かりませんが、企業として障害者雇用についての対応策が整理されることを強く希望します。

 

010.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どう呼ぶかも大事だ [障がい者問題]

 

 

かつて、「てんかんの〇〇さん」か、「〇〇さんにはてんかんがある」という議論をしたことがあります。てんかんが人格を表現しているはずがないし、てんかんからだけで見られるのは困ります。しかし、就職結婚という重要な場面では、この違いが決定的に結果を代えてしまいます。

 

認知症の場合も無同じ事があるようです。

 

「PWD日本語に訳せば「認知症をもつ人、認知症のある人」。つまり、病は、その人の「一部」であるということだ。ディメンテッド・ピープル(呆けた人)だと、その人「すべて」が空っぽで、人格を否定する響きがある。この違いを説明して理解を求めた。糖尿病やがん、心臓病なら、どうだろうか。確かに、その人を丸ごと表現する言葉として「糖尿病の人」「がんの人」とはいわない。」(『ルポ 希望の人びと』)

 

障がい者分野でも、私たち抜きで決めないでと言うのが合言葉になっています。当事者の声が無視されたのは、認知症は何もわからなくなるので聞く必要がないといったのが支配的だった時代が長かったからでしょうか。

三池炭鉱 004.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

すてきな社会に [障がい者問題]

 

 

「仲畑流・万能川柳 毎日新聞2017328日 東京朝刊

☆印は秀逸(仲畑貴志選)

CMのように生えれば禿はゼロ 神奈川 カトンボ

眼鏡拭く課長の肚は持久戦 川越 麦そよぐ

妻ならば値切る三途の渡し賃 生駒 鹿せんべ  (以下略)」

 

手話を義務教育にという意見を私も読みました。同感です。

 

「(声)コミュニケーション力には手話  55歳 2017328日朝日新聞

 

 「義務教育に手話を取り入れて」(20日)という意見に賛成だ。

 以前、さまざまな障害のある人たちと一緒にタイに旅行に行った。現地の障害者グループと交流したとき、皆が片言の英語でぎこちなく会話をしている脇で、聴覚障害者の女性同士だけは楽しそうに笑いあっていたログイン前の続き。

 日本語とタイ語の手話は違うはずなのに、どうして仲良くなれたのか。きっと手話を使う人たちは、コミュニケーションとは何かを知っている。身ぶり手ぶりで何とか意思を伝えようという気持ちがあるから、理解できるのだ。

 小学校の英語教育が強化されようとしているが、語学力とコミュニケーション力はイコールではない。小学校の3~4年生くらいまでは、英語よりも手話を教えた方がいいような気がする。聴覚障害者が道に迷ったとき、小学生に手話で尋ねればちゃんと答えが返ってくるようになったら、ちょっとすてきではないか。

 

ごく普通に誰もがコミュニケーションできる社会は平和な風景でもあるのでは。

 

009.JPG

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダウン症の日 [障がい者問題]

 

 

「(声)ダウン症の日、社会の成熟望む 41歳 2017321日朝日新聞

 「最終的に独り立ちし、楽しんで生活してくれれば」。私が勤める塾に子どもが通うご父母の方々とそんな話をしました。塾には、ダウン症や自閉症など様々な理由で学びが困難な子や若者が多く通っています。

 私にも6歳の息子がいます。出産前はどんな子に育つか、夢がふくらむばかりでした。でも落ち着きなく動き回る子に育児の大変さを痛感、親の願いは冒頭の言葉に尽きると感じています。障害の有無に関係なく。

 一方、障害のために普通学級を諦めざるをえなかったり、特別支援学校の高等部では職業教育が中心になったり、学びたいという子どもの欲求が制約される例を耳にします。学んでも、就職がままならない状況も。

 胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断を受ける人がいるのも、異常が確定した方の94%が中絶を選んだのも、こうした現状への不安からでしょう。診断を受けるかどうかは親の価値観の問題と見る人もいるようですが、社会の成熟度の問題ではないでしょうか。

 3月21日は「世界ダウン症の日」。これを機に関心をもつ方が増え、改善への力が少しでもふくらんだらと願っています。」

   

相模原事件では犯人は「障害者はいないほうがいい」という。それについての社会的背景を次のような指摘があります。

 

「優生思想を克服できていない私たち

 障害者はいないほうがいいという考えは、はたして私たちの日常から、かけ離れたものでしょうか?

 ダーウィンの進化論を背景にした「優生思想」は、20世紀初めに英国のゴルトンが提唱し、世界各国に広がりました。不良な子孫の出生を減らし、優秀な子孫を増やそうという考え方です。ベースには、役に立たない人間はいないほうがよいという発想があります。当時は遺伝学に基づく科学的で革新的な考え方として受け取られました。

 極端な形でそれを実行したのがナチス・ドイツでした。ユダヤ人の収容・殺害より前の1939年から、精神障害者、知的障害者、神経疾患の患者などを安楽死させる「T4作戦」を秘密に進め、20万~30万人を「価値なき生命」として抹殺しました。ただし優生思想はナチスの専売特許ではなく、米国や北欧諸国でも、断種法による障害者への強制不妊手術が第2次大戦後も長く行われていました。

 日本では38年に設置された旧厚生省が「民族優生方策」を掲げました。戦時中は本格的に実行されませんでしたが、戦後の48年に制定された優生保護法により、精神障害者や知的障害者らに約1万6500件の強制不妊手術が行われました。ハンセン病患者にも事実上の強制不妊手術が行われました。いくつかの地域では「不幸な子どもの生まれない運動」が行政主導で展開されました。

 「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」ことをうたった優生保護法は、96年に母体保護法に改正されるまで存続していました。わずか20年ほど前のことです。その後も優生保護法に関する公的な検証や謝罪はまったく行われていません。

 現行の母体保護法に、胎児の障害を理由に中絶を認める条項はありません。しかし、現実には出生前診断が広く行われています。近年は母親の血液検査で精度の高い染色体異常の判定が可能になり、胎児の障害を知った親の多くが中絶しています。

 障害者を不幸な存在、社会のお荷物と見る考え方は珍しくない。むしろ、ありふれています。私たちの社会は、優生思想を克服していないのです。」(
コラム  原記者の「医療福祉のツボ」  相模原事件再考(下)「乱暴な正義」の流行が、危ない素地をつくる2017317日読売新聞)

002.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本生まれの点字ブロック [障がい者問題]

 

 

これは誇りにしたいことです。

 

「【コラム】    
筆洗        
2017
317東京新聞

 

  ウォークマンにクオーツ式腕時計カッターナイフにインスタントラーメン、液晶電卓カメラ付き携帯電話と、日本が世界に送り出したとされる発明品は数々あるが、中には「これが日本生まれ!?」と驚かされるものもある。目の不自由な人たちのための「点字ブロック」だ世界で初めて、点字ブロックが敷設されたのは、岡山県立盲学校近くの歩道。一九六七年三月十八日に生徒が渡り初めをしたというから、明日がちょうど半世紀の節目岡山で旅館などを営んでいた三宅精一さん(一九二六~八二年)が、道路を渡っていて車にはねられそうになった視覚障害者の姿を見て思い立ち、試行錯誤を重ねて作りだした▼最初は行政に相手にされず、私財を削って百枚単位で寄贈する形で普及させていった。それが国内だけでなく、世界中で使われるようになったのだから、世界に誇るべき日本発の発明品だろう▼だが、目の不自由な人たちの足元は今も危うい。駅のホームからの転落などによる悲劇が繰り返されているが、日本盲人会連合などの調査によると、視覚障害者の三割がホームから転落した経験があるという。ホーム上で困ることとしてはほとんどの人が「点字ブロックの上に荷物を置く」「スマホを操作している人とぶつかる」と答えたそうだ▼あらためて足元を見直したい、「点字ブロックの母国」である。」

 

ですが、転落死が続いています。視覚障害者が社会参加するには壁が高すぎます。それは、高齢者・幼児にも似たような危険がホームなどにあるということではないかと思います。お互いの注意で防げる危険もあるのではないかと思う。

021.JPG

      


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目が見えないこと [障がい者問題]

 

 

 

「花時計

月初めに段ボール1 箱分の食品が会社の私宛てに届く。レンジで調理できるご飯やカレー、中華井・・・。私はそれを、ある高校に宛てて送り直 す。今月で12回目。貧しい生徒に食べ物を配っている高校を匿名で紹介した昨年2月の記事を読み、1年間送り続けてく

れた。名も知らぬ高校の、名も知らぬ生徒のために▽送り主の永野亮一さん (43)=太刀洗町=に先日会いに行った。「中学のとき、一番安い指定靴しか買ってもらえないだけで恥ずかしかった。多感な時期にどんな気持ちで、と気になって・・・」。小さな建築会社を始めたばかりというから月1万円の出費は小さくはないだろう▽高校の教師からお礼の電話があるたびに、私はメールで永野さんに報告する。心を温かくしてくれる月に1度の橋渡しである。(下崎千加)」(2017315日西日本新聞)

 

目が見えないということを理解するのに参考になると思います。点字新聞を発行しているからこその視点だと思いました。

 

「目が見えない人と歩く=三角真理(点字毎日)毎日新聞201739日 

◆三角(みすみ)真理

 リラックスした関係で

 

 「点字毎日(点毎)」は、大阪に編集部がある視覚障害者のための点字新聞だ。編集長になって1年になる。目の見えない人たちと毎日を過ごすようになり、「歩くこと」「話すこと」などごく普通の行いにドキドキしたり、うれしくなったりしている。そして、人との交流って本来こうだったはずと気付かされる。

 

いつもあいさつ 交流の手がかり

 

 「おはようございます!」。点毎ではあいさつが100%交わされる。1年前、こんなことにびっくりした。それまでの記者生活ではあいさつはほとんどなかった。忙しい、パソコンに集中している、そんな姿を示すかのように。点毎は違う。昼休みには「お昼行ってきまーす」。いつも声がある。気持ちがいい。

同僚に全盲の佐木理人(あやと)記者(43)がいる。彼はこんなやりとりを聞いて、編集部の他の12人のうち、だれが今職場にいるかを把握している。点毎ではこうしたことを考えて、いつからか浸透したようだ。

目が見えない人たちとの会合などに行っても、同じことを感じる。「こんにちは、三角です。右斜め後ろの席にいます」。相手は声を頼りに向き直り、「こんにちは。三角さん」と返してくれる。確かなやりとりに喜びを感じる。見える人との間では、名刺交換が交流の証しで、その枚数が人間関係の広がりのような錯覚に陥っていた。

 点毎のお昼。部員は毎日順番に彼とお昼に行く。彼に自分の腕をもってもらう「手引き」という案内方法で。

昨年4月、私に初めての番が回ってきた。緊張した。彼の左手が、私の右腕に触れる。その直後「肘は曲げないでいいですよ。楽にしてもらって」と言われた。びっくりした。注意されるとは思っていなかったからだ。私の役割は、周囲に気をつけて歩くこと。力が入っていると、どういう問題があるのだろう。小さなひっかかりを感じた。

 

 今年1月、佐木記者の東京出張に同行した。介助について知りたいと思った。

初めての社外での手引きだった。会社を出てすぐ、彼が言った。「助かります」。まだ何もしていない。なぜ、ありがたがられるのかわからなかった。でも、同行者がいることはそれほど「助かること」なのかと感じた。がぜん、やる気になった。役に立つってうれしいことなのだ。

彼が理由を言った。「“早い”ですから。一人なら20分ほど早めに出ます」。彼は一人でも白杖(はくじょう)を使って東京へ取材に行く。だが地元の大阪でも、駅では駅員さんに誘導を依頼する。慎重を期してだ。ただ、改札で誘導を依頼してから20分ぐらい待つこともあるという。「忙しいんですよね」。不平ではなく、ため息だった。彼の通勤の様子も見た。なぜ会社と反対へ?と思うときがあった。点字ブロックがそちらに誘導していたからだ。同行者がいれば安心と早さを得られる。
(以下略)」

 

続けて

「結局、社外での手引きは人混みとキャリーバッグの大海原で、的確な言葉を考える余裕はなかった。周りの状況をしゃべり続けた。「あと10メートルで改札」「はい」「人混みなので左へ」「はい」。この「はい」が私の力になった。伝わっていると思えたからだ」としています。だが、どこまで手伝うのかと判断が難しいようです。私たちがどう接していいのか、迷うところもそこだと思います。音楽の鳴らない信号機でいつ渡れるか待っている視覚障害者がいました。私は渡り切ったところで「今 青ですよ」と声をかけました。でも、信号が変われば危なかったかもしれません。今年、電車の乗り口をさがす視覚障害者と遭遇。そのときは、体に触れて「こっちですよ」としましたが驚かれたかもしれません。もっと触れ合う機会が増えないといけないのかもしれません。

002.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

差別思想はどこから [障がい者問題]

 

 

相模原事件は精神障害者の犯罪として措置入院後の問題として法的な強化がされようとしています。

 

コラム2017310日読売新聞

相模原事件再考(上) 差別思想は、精神障害から生まれない

 

 神奈川県相模原市の県立津久井やまゆり園で昨年7月に起きた障害者殺傷事件で、植松聖容疑者が殺人などの罪で2月24日に起訴されました。捜査段階の精神鑑定の結果として「自己愛性パーソナリティー障害」という診断名が報道されました。

 政府は、再発防止策として、措置入院後の継続的支援を中心とする精神保健福祉法の改正案を2月28日、国会に提出しました。「おかしな人間が起こした事件」というとらえ方です。

 それでよいのでしょうか? この事件の本質は被告個人の特異性なのか? 精神障害や措置入院の問題なのか? 焦点を当てるべきところが大きくずれている気がしてなりません。

 相模原事件の犯行動機は、「障害者はいないほうがよい」とする差別思想でした。それは精神障害の症状として生じるわけではありません。施設で働いていた時の状況、そして弱者をお荷物と見る社会の風潮にこそ、根本的な背景要因があると考えます。(以下略)」

 

この記事ではその根拠を説明しています。精神疾患の歴史は事件のたびに隔離政策の強化の歴史でもあります。ですが、それが成功しているのでしょうか。世界の精神障害者の入院数でいえば5人に1人が日本人なのです。これを支えているのは根深い誤解と偏見です。精神障害者の社会参加はさらに遅れることになりそうです。

015.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「共生型サービス」の背景 [障がい者問題]

 

 

「共生型サービス」の背景について障害者福祉分野からは「65歳問題」と絡めて論議される程度だったように思います。ですが、いろんな話を聞くと、周到な準備がされてきたのではないかと思うようになりました。いささか遅いのですが。

キーワードは「地域包括ケアシステム」で、2005年から使われ始めたという。その後、多くの法改正がなされ、2013年「社会保障制度改革プログラム法」、「医療介護総合確保法」が大きな変化となったという。「地域包括ケアシステム」は「医療と介護の一体改革」ともいわれる。

そこで決められた大きなものとしては

    
介護保険関連

・要支援1.2の訪問介護、通所介護を地域支援事業に

・特別養護老人ホーム入所を原則として要介護3以上に

・一定以上の所得のある人の自己負担を2割に

・補足給付の要件に資産などを追加

    
医療保険制度関連

・国民健保を都道府県単位化

・入院時の食事代の段階的引き上げ

・患者申出療養の創設

・紹介状なしの大病院受診に定額負担導入

 

 

要支援1.2の訪問介護、通所介護が市町村事業になり、地域差が出てきます。特別養護老人ホーム入所を原則として要介護3以上にして待機者が減ったと喧伝していますが、特養の赤字施設が3割程度に増えたという報告もあります。患者申出療養というのは健康保険適用外の診療と保険治療を併用する「混合治療」を患者の意思で申し出があったとして治療しても良いというもの。所得格差が医療にも持ち込まれたという指摘もあります。

 こう見てくると、障害者福祉とは関係が薄いように見えますが、「我が事・丸ごと」という政策理念は着実に用意されてきたと思います。

001.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不便なことも多いが不幸だと決めつけていませんか [障がい者問題]

 

 

作家の林京子氏が亡くなったという。今でも覚えているのはデビュー間もないころ、マイナーな雑誌に寄稿された小説もまた被爆者のことを描いていたと思います。長崎からはたくさんの作家が出ています。そのなかで、被爆体験は抜きがたいものだったと思います。

西日本新聞の記者によれば昨年「原発と原爆の違いがあるのでは」という問いに対し「原発と原爆はイコールですよ」と切り返されたという。

 

生命に優劣をつける優生思想が相模原事件の背景にあると指摘されます。過日、「医療的なケア児」と呼ばれる人の日常が「ハートネットTV」でやっていました。大変な負担があるように見えました。それを家族の負担だけにしていることに腹が立ちます。そのことを私たちは許しているのではないか。

 

「中絶勧められ「絶対に嫌」と泣いた 障害者の出産に偏見 田中陽子

201731日朝日新聞

 「不良な子孫の出生を防止する」ため、病気や障害を理由とする不妊手術や中絶を進めた旧優生保護法。日本弁護士連合会は2月22日、国に被害者への補償などを求める意見書を出しました。法律は変わりましたが、障害者らの出産や子育てへの偏見は残り、今なお苦しむ人たちがいます。

 

  旧優生保護法下の不妊手術「補償を」 日弁連が意見書

 

■日弁連が意見書

 

 「2016年に相模原市の施設で起こった障害者殺傷事件は、私たちの社会に優生思想と障害者への差別・偏見が根強く存在することを痛感させました」

 日弁連の意見書を受け、市民団体「優生手術に対する謝罪を求める会」は声明を出し、指摘した。会は、不妊手術の被害者として15年に日弁連へ人権救済を申し立てた女性(70)を支援している。声明は、被害者への謝罪を通じ、優生思想や差別をただす努力するよう国に求めた。

 この問題では、昨年3月に国連女子差別撤廃委員会が、被害者への補償などを日本政府に勧告した。

 神戸市の藤原久美子さん(52)は、委員会の事前作業部会や審査に合わせてスイスに渡り、障害者の出産や子育てが今も疎まれる実情を委員らに説明した。

 藤原さんは糖尿病の合併症で34歳のときに左目を失明、右目も見えづらくなった。40歳で妊娠した際、医師や母に中絶を勧められた。「育てられるのか」「病気の影響で障害児が生まれる可能性がある」。藤原さんは泣きながら「絶対に嫌」と言い続けた。

 障害者は生まれてこない方がいいのか。障害のある自分も世の中にいてはいけないのか。自分とわが子のどちらも否定されたと思った。

 生まれた娘の手足は羽二重餅のようにやわらかく、いとおしかった。娘に障害はない。夫と、親や介助者の力も借りて育てた。娘に音の鳴る靴を履かせて出かけるなど工夫した。11歳となった娘は、外を歩く際に藤原さんに「段」と知らせてくれる。

 藤原さんは「障害があったとしても、それ自体が不幸ではない。子育てできないなどと決めつけ、奪うことが障害者を不幸にしている」という。「中絶を勧めたのは、私の体調や生活を心配しただけのつもりかもしれない。それは差別で、障害者を生きづらくさせることを、私たちも伝えていかなければいけない」(以下略)」

  

007.JPG

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

障がい者にとって暮らしにくいことは [障がい者問題]

 

 

大分県で20161127日に開かれた「親なきあとを考えるフォーラム」での「意見交換「親なきあとを考える」報告」の一部からです。

メンバーは次の通りです。

 

コーディネーター徳田靖之さん だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会共同代表

当事者として河野龍児さん身体障がいにより車いすを利用して生活

親(家族)として永松温子さん重度の障がいのある息子(22)の母親

支援者として首藤辰也さん別府市相談支援事業所ぱれっと

行政大野光章さん別府市福祉保健部長

報告者平野亙さんだれもが安心して暮らせる大分県をつくる会共同代表

報告者安部綾子さん大分精神障害者就労推進ネットワーク事務局長

 

そのなかに、社会のありようが話題になっています。

親も子も胸を張って生きていけない社会

徳田

親なきあとがなぜ深刻な問題になるのか。その背景には何があるのだろうか。

永松

第1に、自分の思いを伝えられない子どものことを一番わかっているのは親で、それに代わる人がいない。

第2に、移動支援制度はあるが、それを使うためには親の車が必要。親が病気でも、子どもを車いすで病院に連れて行き、診察につき合わせる。子どもをどうにかしなければ自分のことができない。

第3に親も子も胸を張って生きていけない社会の状況がある。子どもの障がいがわかったときにどうすればいいかわからない。仕事を辞めるしかなくなる。私はお母さんたちが助けてくれて仕事を続けたが、「こんな重度の子どもを持って働いて」という批判がたくさんあった。社会の人は「親が見るべき」という考え方が強い。

 

要約だと思いますのでこれだけを取り上げても意味が薄いのかもしれませんが、大事な問題提起だと思います。過日のテレビ番組では自閉症の親の苦闘が紹介され、みのもんた氏が国がどうかしないとの意味の発言をされていました。親などの家族の扶養義務は民法にもあり、認知症の場合も裁判になりました。その裁判から1年経過しましたが国は動きません。障がい者や認知症の人の問題が社会が抱える問題だとなるようにしていくことが必要ではないかと思います。

006.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 障がい者問題 ブログトップ