So-net無料ブログ作成
検索選択
寛容な社会 ブログトップ
前の10件 | -

言葉が多すぎる [寛容な社会]

 

 

茨木のり子氏の作品からです。

 

「賑々しきなかの  

 

言葉が多すぎる

というより

言葉らしきものが多すぎる

というより

言葉と言えるほどのものがない

(以下略)」

 

言葉が漂っている社会はむなしい。

 

「『辞任は当然』地元・佐賀 今村復興相更迭

 

 衆院比例九州選出の今村雅弘氏は佐賀県鹿島市出身で、小選挙区では過去5回当選の経歴を持つ。地元の佐賀県の人たちからは「恥ずかしい」「情けない」と批判の声が上がった。

 「被災者の心をいたぶるような言葉。辞任は当然だ」。東日本大震災の後、岩手県に約2年半移り住んでボランティア活動を続けた武雄市の会社員吉田秀敏さん(63)は憤った。今村氏は今月4日には福島第1原発事故による自主避難者の帰還を「本人の責任」とも発言。被災者の感情を逆なでする失言の連続に「東北にいる被災者やボランティア仲間がどれだけ悲しむか。到底、許せない」と話した。

 復興支援のため、宮城県産米を使った日本酒造りの活動を続ける吉野ケ里町の西村一守さん(68)は、郷土出身の閣僚を励まそうと今村氏に日本酒を贈ったことがあるという。「復興に取り組む人たちの活動を踏みにじった。被災者に失礼だし、佐賀県人として恥ずべきだ」

 今村氏の地元、鹿島市の関係者も驚きと落胆を隠さなかった。市観光協会代表理事の中村雄一郎さん(68)は「誤解を招く発言は慎んでほしかった。地元出身の大臣として東北復興に力を注いでほしかった」と無念さをにじませた。

 市内の男性(65)は「地元では期待する声が多かったのに、こういう形で辞めるのは情けない。被災地をどう思っているのか、腹の中が分からない」と語った。=2017/04/26西日本新聞朝刊=」

003.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

主人と呼ばれて [寛容な社会]

 

 

少し古いAERAを借りて読んでいます。小島慶子氏のコラムを楽しみにしていますが、今回は「主人」。

「『主人』は女性の立場を貶める呼称だから使うべきではないという意見には納得しているのですが、コスプレとしてやってみたかったのですね。やがて自分の気持ちに気づきました。『どう?気が強くて男性と対等に仕事をしている私だけど、こんなできた妻でもあるのよ。ますます優秀でしょ』という本音に(一部引用)

 

わが家ではどうでしょうか。あまり気を付けていませんが「主人」と使っていることもあるようです。訳もなく気持ちよくなっている自分がいます。失敗が多い人生です。無条件に立ててくれる環境があってもいいのでは。女性を貶めることになると言われるとそうかもしれませんが・・・。

 

012.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なぜ切れるか [寛容な社会]

 

 

新聞の投書からです。

 

「切れた老人の激しさに不快  67

バスを待っていると、2人のおばあちゃんがおしゃべりしながら列に並んだ。おしゃべりはバスの中でも 続いた。 途中から乗り込んできた おじいちゃん。しばらくし
て、突然彼女たちに怒鳴り始めた。「やかましいと思 っている人もいるんだ」。それは、頭の血管が切れるんじゃないかと思うほど激しいものだった。そんなに気になるほどでもなかったのに・・・。車内にいた20人ほどの客の間に、 急に不快な空気が漂った。注意するにも、もう少し冷静にできないものか。最近、切れる老人が多いとか。 激しさを目の当たりにして
びっくりである。 思い出してほしい。子どものころのじいちゃん、ばあちゃんには、優しい雰囲気が漂っていたではないか。われわれも人生経験を生かして高齢社会を楽しく生きるべきである。」(201745西日本新聞)

 

私が住む場所は昔のニュータウンです。主力は高齢者です。昼間のバスでは、スーパーの近くのバス停から乗り込むおばあちゃんや少ないがおじいさんもいます。顔見知りがあればおしゃべりが始まります。お年寄りなので声も大きくなります。耐えられない人もいるでしょう。降りるバス停になってもしゃべり続けている人もいますので、バスもスムーズに進みません。そんな光景をよく見かけます。若い人には耐えられないかもしれません。切れる年寄りにも、様々な生活条件があるでしょう。一人暮らしかもしれない。急いでいるのかもしれない。子どもの声がうるさいという人も少なくないという。ワンマンバスのマイク音がうるさいという人もいます。ですので、車外に音声が出ないようにしているバス停も少なくないです。すると、視覚障がい者にはバスが来ているかどうか分かりません。運転手が確認するようにはなっていますが。

ですが、周囲を驚かせるほどになると・・・。乗り物での赤ちゃんの泣き声さえ遠慮しないといけないという話も聞く。世代をつなぐ赤ちゃんさえ拒むのはなぜか。それは、高度成長期以前にはなかった風景ではないか。

003.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「軟弱」でいけませんか [寛容な社会]

 

 

「男らしさ」と言われると身構えます。

 

「今天中国~中国のいま(14) 「男らしさ」の教科書20170201日西日本新聞

 北京の街角で時折、通勤ラッシュの時間帯ではないのに大渋滞している場所がある。小学校子どもを迎えに来た親たちの車が殺到しているためらしい。

 一人っ子政策が長く続いた中国。とりわけ男の子は大切にされ、1980年代生まれは「小皇帝」と呼ばれた。その世代の知人男性ですら「僕だって小学生のころ、1人でバスに乗って帰宅していました。最近の男子は過保護ですよね」。

 「女漢子」(たくましい女性)という言葉が生まれる一方、「男らしい男子が減っている」と心配する向きが一部にあるようだ。

 南京市の中高一貫校は昨年、男子生徒を対象に「おとこ気」を養うクラスを新設した。地元紙によると、体力の向上や紳士のマナーを教える。きっかけは新入生を対象にした軍事訓練。音を上げた生徒の半数以上が男子生徒だったという。上海では「男らしさ」を教える小学生向けの教科書が初めて発行された

 軟弱化の原因分析はさまざまだ。(以下略)」

 

どうして性別役割を強調するのでしょうか。古代、狩りは男の仕事だったからか。戦も・・。

今の私はさらに「オトコらしい」ことはほとんどできません。固い栓をあけるのも妻頼りです。右手の麻痺があるからです。先の記事では、「男らしい男が減っている」という。なぜ、男らしさが減ったら困るのでしょうか。軟弱化が男らしさを失うことであれば、不要なレッテル貼りにつながるように思うが・・・。性別役割の固定化はどんな社会になっていくのでしょうか。

008.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不寛容社会に [寛容な社会]

 

 

「米国

男がイスラム教徒を蹴り暴言「大統領が追い出す」毎日新聞2017128

 

 【ロサンゼルス長野宏美】トランプ米大統領がシリアなどからの難民受け入れ停止の大統領令に署名したことに対し、イスラム教徒や難民への差別が助長されるとの懸念が広がっている。

 嫌がらせは既に各地で起きている。検察当局によると、ニューヨークのケネディ国際空港の待合室で25日に男(57)が航空会社のイスラム教徒の女性職員を蹴り、「大統領がお前たち全員を追い出すだろう」と暴言を吐く事件があった。男はヘイトクライム(憎悪犯罪)に関連した暴行などの容疑で逮捕された。
(以下略)」

 

こんなことが広がれば秩序は保てなくなるのではないか。

日本はどうでしょうか。相模原事件のあと、国としての対応は措置制度の見直しと防犯などです。障害者がいない方が良いとする声について向かい合っているようには見えません。

 

「相模原殺傷、障害者ら追悼集会 事件から半年20170126日西日本新聞

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺され27人が負傷した事件から半年を迎えた26日、障害者や支援団体などが横浜市内で追悼集会を開いた。冒頭、参加した約300人が黙とう。「障害のある人とともに生きる神奈川県をつくるため、それぞれが努力することを誓う」とするアピールを採択した。

 主催者を代表して日本グループホーム学会(横浜市)の室津滋樹事務局長があいさつし「障害者が地域で普通に暮らすために知恵を集めることが、亡くなった方の気持ちに応えることにつながる」と訴えた。」

040.JPG

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

希望が感じられる年に [寛容な社会]

技術の進歩で失われているのでしょうか。 「気流 マイカーが板金工場のお世話になった。年末帰省した際、実家で運転を誤り、ボディーをヘこませ てしまった。10万円近くかけて古い車を修理するか悩んだが、長男とほぼ同い年で思い出が詰まった車への愛着が勝った▽困ったのは、代車にカーナビが付いてないこと。筑紫平野で案内標識を見ながら運転したら、何度も行き来している道路なのに曲がる場所を間違えた。曇天で山並みが 見えず東西南北すら分からない。結局、スマホで現在地を 確認する情けなさ。普段カ―ナビにどれだけ頼っているかを思い知らされた▽これで人 工知能(AI)が進化し、自 動運転車が普及したらどうなるだろう?携帯電話の登場で電話番号を記憶できなくなったように、道路や地名を覚えなくなるのは確実。AIの助けなしでは目的地にたどり着けなくなってしまいそう。」(2017年1月17日西日本新聞) 何かを得たようで失っているのかもしれませんね。 世界が新しい方向に動き始めているようです。それが希望になればいいのですが、平和で希望のある国を残しているかと問われれば・・・。 「死を意識して 家族愛を自覚 76歳 今年の希望はがんの手術成功に感謝して、四国八十八カ所参りの実行です。 昨年5月、がんの摘出手術を受けました。「『ステージ3』程度で、手術が可能であればいいですが・・・」 と告知され、恐怖のどん底に。幸い手術可となり、胃と胆のうと周辺のリンパを除去、抗がん剤を飲みながら新年を迎えました。 死を意識した瞬間、脳裏に浮かんだのは、妻の将来 でした。50歳近くになる3 人の子どもに「母を大事にするように」と手紙をしたためました。日ごろ、考え ない家族への愛ですが、無意識下強く存在することを自覚した時でした。若者のように具体的な「希望」はもうありません。生きる喜びを感じたとき、改めて人間は毎日の繰り返しの中に、輝ける希望があると知りました。若者たちが悔いなき人生を歩まんことを・・・。」(同前)
005.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青は [寛容な社会]

 

 

 

ベトナムの正月は今からだという。

 

「迫田陽子 越僑たちの帰省ラッシュ

日本はお正月も過ぎ、平常運転に戻りましたね。ベトナムでは旧暦で新年を迎えるため、これから年末ムードが加速します。201 7年は128日が元日で、 ベトナムでは滅多にない大型蓮休となります。そのた
め、中国ほどではないにし
ろ、帰省ラッシュで長距離バスや列車も混雑します。国内移動だけでなく、海外に暮らす「越僑」の里帰りラッシュもこの時季の風物詩です。越僑は現在、世界100カ国に約450万人いるといわれています。

離れていても家族や親戚の結び付きは強く、年間で最大のイベントにか凱旋する人たちが多いのです。 クリスマス休暇と合わせてか、混雑は12月初めから 始まります。スーツケース 段ボール箱を山のようにカートに積んだ人たちが空港の到着出口を埋め尽くします。さらにそれを上回る出迎えで黒山の人だかり。私が家族同然にお世話になっている米国在住の大家さん夫婦も先月里帰りしたので、空港に出迎えに行きました。ところが、人が多すぎて捜しきれず、見事に擦れ違ってしまいました。
大家さんの帰省中は、一つ屋根の下で過ごします。私が帰宅すると、リビング
では荷物の仕分け作
業が既に始まり、足

の踏み場がないほどでした。家族や親威、友人へのお土産が尋常でなく多いのです。大家さんは「自分たちの荷物はモッ・トゥイ・サッ(かばん一つ)だけよ」と苦笑い。テト(旧正月)まで、もうすぐです。(ベトナム・ホーチミン在住ジャーナリスト)」(2017116日西日本新聞)

 

毎月1回の連載の村田喜代子氏の随筆からです。

 

「この世ランドの眺め  1月の山 村田喜代子

 

青い山

 

種田山頭火のこの句に、ニュ アンスの相反する読み方がある とは思わなかった。季語のない
自由律俳句は、作者の思うまま
意表をついた形で表されるので
興味深い。現実には青い色の山
はないので、これは緑深い瑞々しい山であるだろう。その深い
樹木の中に分け入る、魂の洗われる境地を詠じたものか。私は
今までそう読んだ。
ところが「青」という字には、 古来「死」の意味があるという。 民俗学の故谷川健一さんは、沖縄では「青」を「死」、「白」を「生」の象徴とすると記す。そのため「青」の付く地名は死や墓に関わる所が多いという。すると宮崎の青島、東京の青山墓地、富士の青木ケ原樹海など繋がりもなく浮かんできて、呼び慣れた地名が違った見え方をする。

山頭火の「青い山」も行けど行けど人の世の、死の深淵から逃れられない苦悩の句となる。 幼時期の母の入水自殺、長じては弟の自殺、自身の自殺未遂と、
山頭火の人生は生死の小径を縫うように続いた。

 

人間到る処に青山あり

 

この世に広く知られた僧月性の詩も、前途洋々の若者を送るような印象だが、正しくは「青 山」、死に場所はどこにでもあ るから安心して頑張れ、というような意味である。
人は山に向かうと背筋が正される。新年にそんな山のことを書こうとしたが、いやな雲行になった。地名はともかく人の姓で「青」が「死」のイメージでは具合が悪い。青山、青島、青木などの姓はなぜ付けられたの
だろう。(以下略)」(同前)

 

「青山」が死に場所となるとこれは知らないでおいたが良かったかとも思う。村田氏の論旨はそれでは終わらないのですが。青山と名のつく大学があるということは何か別の意味があるのではと思ったりして・・・。村田氏の指摘とは遠く及ばない話ですが。

007.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

情報端末化した個人 [寛容な社会]

 

 

外食産業も、自動車も、通信費にカネをとられる若者の需要が低迷している理由だという説があるとも聞く。だが、端末だけで知り得る情報の危険性は次の指摘でも分かります。

 

「本土の人は、うわベだけを撫で まわす 58

 

「オナガは、左翼だから政府嫌 いなんだよ」。東京の雑踏で聞いた言葉だ。 ファッション雑誌から飛び出てきたような長身の男の子と、これまた「ふつう」の女の子。ア
ベック(死語?)で政治の話をしているのかと聞き耳を立てると、次はスマホのアプリに話、が飛ぶ。
どうやら、政治、スポーツ、
芸能など、あらゆる分野を網羅できるサイトをタブレットで見
ているようだ。沖縄県知事の翁長氏のことも、きっと二人で見
ている画面に映し出されたのだ
ろう。
若者は溢れる情報の海を泳いでいる、と言われるが、わたしは、水切り遊びに近いと思って
いる。ちょうど、川の水面をう
まく瞬発力で石がわたっていくようなイメージだ。

若者に手渡される情報は確かに多いが、瞬時かつ無意識に「要る」「要らない」と選別するのが日常になっている。彼らは、翁長氏を「政府に盾突いているおじさん」というカテゴリーに入れて、それ以上は深く知ろうとしないし、誰も彼らに教えようともしなかったのではないか。だとすれば、ただ何となく、「自分とは違う人」という印象だけがおぼろげに残
ることになる。
翁長氏は、三代続く保守派の
政治家の生まれである。彼は沖縄県自民党に身を置き、県議時代には辺野古基地移設推進の旗を振った。
その当時について、国との交渉の中で、苦渋の選択であったと20121124日の朝日新聞のインタビューで答えて
いる。
一見矛盾した行動も、奥深い
政治の世界に翻弄されつつ信念を曲げないための処世術だったとみるべきだろう。まして、ネットニュースや新聞の小見出しだけを撫でるように見ただけで、世の中がわかるはずもない。また、つい先日には高江へリパッド建設に反対する市民に対して「土人」と暴言を吐いた機動隊員がいたことが問題とされた。(以下略)「世界」2016.12月号」

 

 翁長知事が左翼だというレッテルがどこから出てくるのでしょうか。少し調べれば分かることです。こうした選択された断片的な情報で政治が動いている危険性を感じます。

007.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

優しい社会ですか [寛容な社会]

 

 

「花時計

北海道のローカル線を 舞台にした映画「鉄道員 (ぽっぽや)」,で、故高 倉健さんが演じる駅員 は、廃線間近の小さな終 着駅のホームに毎日立ち
続ける。幼い娘を亡くした日も、妻を亡くした日も・・・。私情をかみ殺して業務に徹する背中に、深い哀切が漂う▽JR北海道は11月、道内の営業区間の半分に当たる10路線13区間について、廃線を含め運営を見直す方針を明らかにした。鉄道員の ロケが行われた南富良野
町の根室線幾島駅も廃止
になりそうだ。残念だが、
利用者が増える見込みが
ないのも事実だろう▽人
口減が進む地区を走る鉄
道の存続が厳しいのは、九州も同じ。福岡都市圏にいると実感が湧かないが、廃線によって沿線の過疎化に拍車が掛かる恐れがある。都会に住む人にも関心を持ってほしい問題だ。(川崎) 」(20161217日西日本新聞)

 

国鉄の民営化の政策の是非が問われているのだと思う。

 

同じ新聞にピーコさんの記事がありました。

 

「もっと優しい社会に」

片目失い見えたこと

ピーコさんインタビュー

 

左目にメラノーマ(悪性黒色腫)というがんを患い、 27年前に眼球を摘出したタ
レントのピーコさん(71) 片目では遠近感がつかめず 不便を感じることが多い一 方、新たに気付かされたこ
ともあったという。ラジオ
収録のために訪れた福岡市で取材に応じ、視覚障害者のホームからの転落事故などを受け「もっと声を掛け合う優しい社会になってほしい」と語った。(下崎千加)

(略)

―家族の支えも。

手術後半年ぐらいは、(一卵性双生児の弟の)おすぎが ほとんど仕事を代わってくれ た。あの人はもともと優しい から。家族も友達も、いつもそこに居てくれたのが大きかっ 「私はそれまで自分一人の
力で生きていると思っていたの。人の悪口をよく言う結構
嫌なやつだった。でも多くの人に支えられていたんだと
気になって初めて気付いたの」

 ー価値観も変化した。.

「道端の小さな花に気付したり、暑くて大嫌いだった夏の風を心地よく感じたり。空もよく見上げるようになり片目を失って見えてきたものがあった。東日本大震災の被災地でシャンソンを歌ったり、講演したりするボランティアも、そんな自分じゃったらできなかったよね」

 

―視覚障害者の転落事故が相次ぎ、ホームドアの設置が必要という議論がある。

「周りの人が声を掛けて、手を差し伸べるべきね。目の不自由な人はつえを持っていたりするから見たらすぐ分るのに、スマホの画面ばかり見ていて無関心なのよ。気を配っていれば起きない事故。みんなが少しずつ優しくなれば、もっと住みやすくなると思うの」(同前)

 

おすぎさんは福岡にも住まいがあるそうですが、一度、天神でおみかけしました。

012.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

免田栄さんは91歳だと [寛容な社会]

 

 

先日 14日は赤穂浪士の討ち入りの日。ネットで雨雲レーダーを見て、傘を持たないで散歩に出かけたら霰がふってきた。そして、すぐに止まない。粒も大きくて痛い。遂に、電話して迎えに来てもらいました。ネットの過信には気をつけないと・・・。昔、所属していた団体のメンバーだった方の訃報を教えてもらいました。80歳過ぎていたという。自然の流れですが・・・。

 

それとは違って免田栄さんの消息を知ることができました。西日本新聞に「聞き書き」の連載があり、今は全熊本県知事の潮谷さんです。次のように語っています。

 

「日本社会事業大学理事長 潮谷義子さん

 

「言葉に言い尽くせませんね。天国に行かれてしまったので、ちょっと何か、 気抜けしたような格好ですね。あの人に会えたから今日あると言っても過言でない。あの人が私を無罪に導いていただいた」福岡大牟田市でお元気でいらっしゃる免田栄さん(91)は、夫愛一の父、潮谷総一郎について、そのように感謝の言葉を話されています。

総一郎の著書「死刑囚34年」によると、1948 に熊本県人吉市で起きた強盗殺人事件の元死刑囚、 免田栄さんと総一郎が出会 ったのは、51年春、福岡市の拘置所に免田さんが収監されていたときでした。 カトリックに帰依した別の死刑囚を介し、洗礼を受けた免田さんと面会します。免田さんは罪を悔い改め、ざんげするのではなく、自分は無実と訴える手紙を頻繁に送ってきます。当初は
疑っていた総一郎も、「叫びにも似た文面」に次第に
考えを改め、ともかく真偽を確かめようと行動します。(以下略)」(20161214日西日本新聞)

 

私が働いていた職場の組合で、免田さんの再審支援をしていましたので、名前や事件のあらましは知っていました。そして、再審で無罪となられました。こんなことがあるのかと司法の在り方に疑問を持ったひとつのエピソードでもあります。

021.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 寛容な社会 ブログトップ