So-net無料ブログ作成

集団就職という時代 [経済]

 

 

朝ドラ「ひよっこ」で再び注目された「集団就職」。その多くが故郷への仕送りをするなど今とは違う貧困の時代を必死で生きてきたのだと思う。朝ドラでも、給料日に「現金書留」で送金する姿がありました。高度成長と合わせて語られるように、働き手を必要とした経済成長を実現した人たちだったと思う。自営業を除けばほとんどがリタイアしていると思われます。「ひよっこ」がその人たちへのオマージュになればと思います。

次のような歴史があったという。

 

集団就職の始まりはすでに戦前の昭和十四年四月八日に秋田県の高等小学校卒業の少年六八七名が就職団列車(後の集団就職列車)で上野駅に向かったという記録がある。銃後の生産拡充のため集団就職することになったのである(山口覚の『集団就職とは何であったか』による)。 戦後で言えば、昭和二十六年三月二十九日に長野県職業安定課と長野鉄道局によって中学卒の女子が就職専用列車で長野から名古屋駅まで乗車した。この列車は「織女星号」(しょくじょせいごう)と呼ばれ、男性 五O名を含む九四八名が乗車した。同じ二十六年三月には鹿児島県出水駅で、普通列車の最後尾の一両を集団就職列車とした。ここらが戦後の集団就職の始まりと明記すべきだが、おそらくこれ以外にも就職列車は走っていた可能性もあり、いつから集団就職が始まったかを定義すること は難しい。

しかし、私は次のように集団就職者をとらえている。一般に集団就職者と言われるのは、日本の高度経済成長を支えた金の卵として呼称されている。集団就職を論じる場合高度経済成長という言葉は不可欠なのである。したがって高度経済成長が始まった昭和三十年前後から原則として地方から集団という形をとって列車や船などの輸送機関によって都会などに就職した少年、少女などの若者たちと定義したい。輸送機関はその他にパス、後には飛行機も見られた。その終わりの時期は、労働省が廃止を決めた昭和五十年代前半と私は考える。厳密に言えば、高度経済成長は昭和四十八年頃に終わっているが、その後も国の取り組みとして集団就職は行われていたからである。」

 

 

006.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

経済のことは分からない [経済]

 

 

景気判断などで専門家が語る時、証券会社か系列の人が多い。「株はダメですね」とは言いにくいでしょう。それでもマスコミが登場させるのは希望的観測を語らせたいのでしょうか。

慶応大学の金子勝教授は次のような懸念を示しています。

 

「これからも産業衰退は止まらず、格差の拡 大が進行していきます。 銀行は、設備投資などが伸びず、不動産融資に著しく傾斜しています。先にみたように、それが都心商業地の不動産バブルをもたらしています。しかし、すでにオフィスビルの賃貸料もマンションの価格も高止まりする傾向にあります。場合によっては東京五輪前に調整局面が訪れ、東京五輪後には崩れていく可能性が非常に高いと言えます。一方、金融緩和による円安操作も、最初は輸出が増えて経済がよくなったようにみえますが、金融緩和が限界になり、円安で株や土地や資産が外資に買われたまま、円高になっていくと、高い価格で株や不動産が売り抜かれることになり、外国へ資金が流出することになっていきます。」(『負けない人たち』)

 

EUからイギリスが離脱し、他の国もと考えたら大変なことになりそうだが、福祉などは吹き飛んでしまうのでしょうか。そうならないためにはどうしたものか。経済のことはとかく分かりにくい。

010.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「不安倍増」 [経済]

 

 

9月の平均歩数7,516と8月に比べて1000歩以上減っています。雨が多かったことや夏バテぎみだったからでしょうか。8000歩以上がいいとされ、さらにはや歩きが必要だとされると、はや歩きは実現しません。先日は「ためしてガッテン」で脳の衰えをカバーするのには「瞑想」がいいというので、お金がかからないのでそれだと言いつつ、翌日は忘れています。アンチエイジングも大変です。

 

 

「ニュース川柳

・佳子さまの手話と笑顔がすばらしい

・盛り土なしみんな仲間で貝となる

かど番で全勝優勝奇跡です

・北方の2島近くてなお遠い」(2016929日西日本新聞)

 

街角もこんな工夫があれば楽しいです。

 

「超短波

北九州市八幡西}区のJR黒崎駅前のパチンコ店「黒崎太陽会館」が、店先の花輪に添える、駄じゃれなどを募集している。「新台入れ替え」などが 一般的なパチンコ店の花輪
だが、同店ではスタッフが
ひねり出した世相風刺やジョークが並ぶ。「そのアジ養殖?いや、和食です!「日本は大丈夫か。 不安倍増!などが通行人の目を引いてきた。
独自路線を走って10年。「より面白いネタを街に提供したい」と一般公募に踏み切ったという。既に2作を採用した店側は、力作の大フィーパーを期待。同会館の運営会社=093(621)1231」(同前)

 

 

010.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食べ物の外国依存は [経済]

 

 

また、異物混入の記事が続いています。

 

「問題ナゲットの99%販売済み 19万食分を同じ工場で製造

20150105日西日本新聞

 

 マクドナルド三沢店(青森県三沢市)で販売したチキンマックナゲットにビニール片のような異物が混入していた問題で、日本マクドナルドは5日、問題のナゲットと製造工場、日付が同じ製品は、5個入り換算で約19万1300食分あったが、99%は販売済みだと明らかにした。(以下略)

 

これだけではなく異物混入が次々に明らかになってきますが、随分前のことが今になって発表されるのはどういうことでしょうか。TPPで外国農産物がさらに増えれば、円のレートなどで手に入らなくなったり、値上がりしたりします。これで安定した供給になるとは思えません。それと販売店のバイトなどの仕組みや正社員の配置なども気になります。外食産業の信頼が揺らいでいます。

 

【コラム】     
筆洗  
2014
127日東京新聞

 

 電車の中で読まなければよかった。はなをすする。前席の小さな女の子がこっちを見る。それでまた悲しくなる。高階杞一さんの詩集、「早く家(うち)へ帰りたい」(夏葉社)を読む▼重病で四歳を前に亡くなったわが子への思いが、痛い。「早く家へ帰りたい」はサイモンとガーファンクルの曲である▼亡くなった後、一枚のCDがデッキに挿入されていたのに気がついた。あの子が遊んでいて偶然入れたのだろう。曲をかけたら「早く家へ帰りたい」だった。あの子からの最後のメッセージのように思えた。<死の淵(ふち)から家に帰りたいという意味なのか 天国の安らげる場所へ早く帰りたいという意味なのか それともぼくに早く帰ってきてという意味だったのか>▼子を亡くした自分も「家」へ、子が生きていた平穏な時間へ帰りたいと願っている。そんなことはできないのに。<ぼくは早く家へ帰りたい 時間の川をさかのぼって あの日よりもっと前までさかのぼって もう一度 扉をあけるところから やりなおしたい>▼人はどこかへ帰るために生きているのではないか。その男は夜の町を自転車でさまよっていたという。妻も子もいる。家がある。でも帰れない。農薬を冷凍食品に混入した容疑で逮捕された▼事実だとすれば一時の黒い感情によって大切なものを失ったのか。家へ帰れない。愚かである。哀れでもある。」

 

マクドナルドの記者会見では、TBSが、歯に油あげた痕跡があると店員が説明したが記者会見では否定。そうだとしても、事前に持ち込んだ購入者には説明していない。なんとなく高飛車の会見に傲慢な気がします。

028.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国民の半数は無職 [経済]

 

 

地方には仕事がないというが、低賃金の職場の仕事はたくさんあるという。介護も含まれるというのに、財務省は6%の報酬カットを求めています。

 

「【余裕を生むには】 藻谷 浩介さん 20141013日西日本新聞

 

◆自然エネで活路を開け 

 簡単なクイズを一つ。1週間に1時間でもお金をもらって働いた人(就業者)は、日本在住者の何割だろう? 答えは5割弱(2010年国勢調査)にすぎない。ほとんど自覚されていないが、日本国民の半分以上は無職なのだ。とはいえ失業者は人口の3~4%しかおらず、子どもも学生も専業主婦も年々減る傾向にある。増えているのは退職者だ。平均4人兄弟だった団塊世代が続々65歳を超えている一方、新卒者は平均1・5人兄弟という状況なので、就業者および予備軍はさらに減少していく流れにあり、景気とは無関係に人手不足が生じている。

 それなのに、「地方には仕事がない」と皆が口をそろえる。実際には介護を筆頭として、時給の低い業界の雇用は数多くある。

 しかし大卒の若者が求めるような、机に座る正規雇用の口は極端に少ない。だが地方だけでなく東京でも状況は同じだ。あるのは、大手企業や諸団体の著しい長時間の事務作業か(給与の額面は高いが時給換算すればひどいものだ)、家賃や生活費を差っ引くと地方よりも歩留まりの良くない無数の低賃金不安定雇用にすぎない。

 そもそも企業や諸団体が、無駄なコストのもとである単なるデスクワークを、減らしこそすれ増やすことはない。では救いはどこにあるのか? 救いは現場の低賃金不安定雇用の、安定化と賃金上昇にある。

 雇用主も人手不足に悩んでいる。経営に余裕さえあれば雇用の安定化と賃金アップを進め、人材を囲い込みたいと考えても不思議ではない。ではどうしたら経営に余裕が出るのか。政権が意図して誘導した円安、意図して進める物価上昇によって、光熱費も原材料費も上がる一方だ。

 そう、余裕は、光熱費や原材料費を下げる工夫から生まれてくる。断熱改修などで省エネを進め、加えて円安によって相対的に安価になりつつある地元産のエネルギーや原材料を、もっと活用することだ。(以下略)」

016.JPG

太陽光発電の買い取りを拒む動きが電力会社と政府の共同歩調かのように進められています。そこには原発を温存したいという思惑が透けて見えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

田舎のしがらみは嫌で企業にしばられたかった? [経済]

 

 

若手の論客と言われる人は「高度成長期に田舎の人間関係などが鬱陶しくて都会に出てきたのだ」とよく述べています。表面的にはそう思っている人はいるのは確かでしょうが、専門家というのは表面的なものでなく、事象の本質的なことを語るべきではないのか。これでは専門家でなるのではないかと思います。

 私は1963年に就職しました。高度成長期に工業高校を卒業しましたので、今も一流会社と言われるところでも、学校に来て面接し、内定がすぐに出ました。私は個人的な事情で内定がなかなかもらえませんでしたが、それだけ人手不足に陥っていたということです。豊かな農村と言われた私が育った集落のなかで、5人の男子の同級生は高校は進学しましたが、中学校卒業で就職することも多かった時代です。大学には誰も行きませんでしたが、農家や自営業の仕事を継いだのは1人でした。農業も兄弟が複数で食べていける環境ではなかったのだと思います。自衛隊に行く人が増えてきた時代でした。

 農村に住んでいても、食べていける時代ではなく、都市では人手不足に悩んでいた高度成長期だったのです。田舎が嫌だと思い込んで都会に出てきた人もいるでしょうが、高度成長期の労働力確保が人口の都市集中の基本的な要因なのです。

 

哲学者の内山節氏は次のように指摘しています。

 

「ところで、高度成長期に都市にでてきた人々は、自分は 「田舎のしがらみ」が嫌で、自由な生き方を目指して都市に でてきたと思っている人が多い。それが多くの人たちの戦後
的アイデンティティにもなっている。しかし私には不思議でならないことがある。農村には農村固有の関係性があるから、この関係性を鬱陶しいと感じる人がいても、そのことだけなら、そういうものをどうとらえるかという価値判断の自由の領域である。だがそうやって都市にでてきた人たちは、 そのほとんどが企業に従属した。企業というしがらみの世界 に身をおいたのである。 農村のしがらみが嫌だった人たちが、なぜ企業のしがらみ は平気だったのか。確かに農村には農村的な関係性があるが、
それは自分の仕事にまでは立ち入ってこない。仕事は自分の
やり方でやっていればいいし、自分の仕事が管理職の査定を
受け、その評価によって賃金や昇進が変わるなどということ
も農村にはない。地域には社会としてはさまざまな関係性が
あるが、労働自体は個々の自由なのである。しかし企業に入
ってしまえば、労働がたえず干渉され、実に多くの場面で理不尽な理由によって労働は制約下におかれる。」(世界2014年9月号・変革の時代を生きる―「戦後」をめぐる三つの潮流のせめぎあいのなかで)

017.JPG

こうした意見を著名な学者がわざわざ指摘しないといけないというのでは、知的レベルの荒廃を強く感じます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイエーもまもなく消えるという [経済]

 

 

福岡の書店に角打ちコーナーができたそうです。電子書籍やインターネット販売で厳しい環境にある書店の試みが成功すればいいですが。

 

「オピニオン > デスク日記

 

 高校生のころ、近所にダイエーの大型店が開業した。3階まで吹き抜けの広いホール、棚にあふれる商品…。訪れるたびにわくわくした。

 たまたまあった1日だけの棚卸しのアルバイトをした。店内で作業をしていると、同じバイトの女性たちが「店員さんが格好いい」とささやき合っていた。ダイエーへの憧れの強さを知った。

 かつて流通業界トップを走り続けたダイエー。豊かさを求める消費者に夢を見せてくれた。しかし、拡大路線が裏目に出て業績不振が長引き、最終的にイオン傘下に。そして、ダイエーの店名はやがて消える。流通業界の栄枯盛衰を見せつけられる思いだ。

 1971年、福岡市・天神にダイエーの「ショッパーズ」が開店。そのころの新聞広告を最近見つけた。「あなたのハートをキュキューッとつかむ」「思わずツバをのみこむグーなお店」-。懐かしくも泥くさいせりふに、時代を感じる。 (根井輝雄)=2014/10/02 西日本新聞朝刊=」

 

ダイエーに吸収された福岡市にあった「渕上」は1994年に完全に九州されたという。プロ球団「ダイエーホークス」も含めてゆかりのあるスーパーです。

 

「日銀短観:9月、非製造業が総崩れ 円安加速に懸念 毎日新聞 20141002

 

 日銀が1日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業・非製造業の業況判断指数(DI)が前回6月調査より6ポイント低下のプラス13と大幅に悪化。消費増税に伴う駆け込み需要の反動減の影響から抜けきれない、日本経済の停滞感を改めて示す結果となった。円安の恩恵を受ける輸出企業が多い大企業・製造業は1ポイント上昇のプラス13とほぼ横ばいを保ったが、夏以降の回復が期待された個人消費や生産は低迷が長期化しており、景気の先行きを一層、見通しづらくしている。堅調な企業の投資意欲が衰える前に、いかに景気を回復軌道に乗せられるかが、秋以降の日本経済の焦点となる。【赤間清広、竹地広憲】(以下略)」

010.JPG

 

  スーパーは個人消費が増えない限り売り上げは増えません。消費が増えるには収入が合えないといけません。景気回復はスーパーの売り上げが最も分かりやすい。株価で景気が分かるのではないのでは・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

退職者は野獣と同戦力か? [経済]

 

 

「千年後の筑後 何残す 九州芸文館でシンポ 棚田、食文化など語り合う [福岡県]

 

 千年後に残すべき「筑後の資本」とは何か-。シンポジウム「筑後の大地と創造力」が29日、筑後市の九州芸文館で開かれ、約220人が参加した。

 地域の特性を生かしたまちづくりを提唱する日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介氏と、筑後地区の活性化に取り組む3人が討論。

 八女市黒木町笠原地区を拠点に都市と農山村の交流事業を展開する小森耕太さん(38)は「棚田の風景を残したい。たまに遊びに来る人も含め、土地に寄り添って関わる人がどれだけいるかが重要」と主張。食文化の継承を目指す平川武さん(37)=久留米市=は「残したいのは筑後のうまい酒。大切なのは農(業)で、食べるものは自分たちで作れることが当たり前になればいい」。彫刻家で同館長の津留誠一さん(73)は「筑後は非常に豊かな文化に囲まれている。特色あるものをもっと生かしていくべきだ」と訴えた。

 藻谷氏は「千年後に筑後川は間違いなく流れている。棚田も酒もなくならないと思うし、そういうところに人が住み着いて、文化芸術も楽しくやっていけるのではないか」と語った。=2014/06/30 西日本新聞朝刊=」

 

藻谷浩介氏の講演の後にシンポジウムが開かれました。藻谷氏の早口と音響の悪さで聞き取りづらいところもありましたが、あきさせない話し方で「里山資本主義」の理念を語りました。

マネー資本主義では無価値になっているものが里山・離島にあるとして、①耕作放棄地②立木③半端モノ農産品④退職者 ⑤野獣 を資本化することを提唱しています。野獣とはイノシシなど。そこに退職者と言う「人間」が同列にあるのですが、どれだけ有用な社会資源かということでしょう。

035.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旧国鉄筑肥線・人手不足? [経済]

 

 

土曜日、会議に参加した後、博多大丸で開かれている旧国鉄筑肥線の写真展に行きました。筑肥線は今は福岡市営地下鉄の延長線になっていて、それで廃線になったところです。今は、道路などになっています。別府橋の南側に住んでいましたので、樋井川をわたる列車に、高校生がデッキにぶらさがるように乗っていたのを記憶しています。城南区役所のところが鳥飼駅だったと思います。

筑肥線.jpg

                 西日本新聞連載より

「にわか人手不足の怪・日本経済の均衡点は」(2014530日西日本新聞)で同社大学教授の浜矩子氏は次のように述べています。

 

「突然、人手不足。そんな感じになっている。建設・外食・小売り・運輸・IT・介護。派遣社員、パート、アルバイト。時給はどんどん上げますよ。正社員にもしてあげる。ともかく来てくれ、働いてくれ。そんな労働市場模様が、メディアをにぎわすようになった。誠にめでた
い。そういいたい気持ちはある。働く人々にとって、久々の売り手市場ほど、心強いものはない。安堵感が広がる。ようやく、正
当な評価を得られる時が来た。その思いには、胸躍るものがあるだろう。良かった。そう胸をなでおろしたい。

だが、どうも、いささか不気昧だ。」

だとして、「三つの驚き兼怒り」があるとしています。その前に、私は福祉現場の求人難がよぎります。不況時代にはある程度の応募はありますが・・・。浜氏の三つの驚きは「第一に、日本 経済の変貌ぶりがすごい。第二 に、ヒトはモノではない。第三 に、政策による自作自演の結末 が恐ろしい」としています。

経済の変貌ぶりについては「日本経済 はいかに底の浅い経済になってしまったことか。人員を絞りに絞る。賃金をたたきにたたく。労働時間を限りなく長くする。切り捨てられるのりしろを、全部切り捨てる。のりしろではない部分まで、そぎ落とす。もはや、薄くできる余地のないはずの薄づくりを、さらに薄くする。

そうやって、何とか売り上げや 利益をひねり出して来た。 このやり方を続けて来たため
に、ゆとりが全くなくなっている。ほんの少しでも環境が変わると、あるいは変わったかにみ
えると、小さく小さく、辛うじてつじつまがついていたバランスがたちどころに崩れてしまう」

 

市場に沢山のマネーが供給され、バブルみたいな気がします。また、ハジケル場面の目撃者になるのでしょうか。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒト中心の社会になっていないのでは [経済]

 

 

「コラム 花時計

 

10畳のダイニングキッチンに、こんがり焼けたピザの香ばしい匂いが立ち込める。妊娠中の妻と2歳の息子と福岡市内で 暮らす、ある20代男性の何げない朝の習慣だ。食べるのは冷凍食品の「ミックスピザ3枚入り」。家族のお気に入りだった。昨年11月中旬、ピザを焼くとゴムが焦げたような異臭。口に入れる前に頭痛がした。男性はメー カーと保健所に商品を持ち込んだ。後日、メーカーから電話があった。農薬『マラチオン』を検出しました」。あのとき、妻や息子がもしも口にしていたら・・・。身震いがしたという。アクリフーズ 群馬工場の冷凍食品農薬混入事件の被害者から聞いた話だ。1カ月前に逮捕された契約社員の身勝手な行為が、全国の幸せな家庭の風景を傷つけた。二度とあってはならない。(中島早貴)」(2014225日西日本新聞)

だが、こうした事件の背景がなくなったとはいえないのではないかと思う。

 

「ヒト・モノ・カネが正しい順序」(2014228日西日本新聞・浜矩子 同志社大教授)では、次のように経済構造の問題点を指摘しています。

 

ヒト・モノ・カネ。我々は、実になにげなく、この言い方をする。ヒト・モノ・カネは経済活動の三大要素だ。そして、ヒト・モノ・カネが国境を越えるのが、グローバル時代だ。当たり前のように、ヒト・モノ・カネに言及する。だが、ふと気がつけば、この言い方は、なかなかどうして奥が深い。良くできた表現だ。誰が、最初にこれを言い出したのかと、改めて思う。何といっても順序がいい。ヒト・モノ・カネ。この配列が正しい。まず、最初にヒトが来る。大いに納得だ。なぜなら、経済活動は人間の営みだ。人間による人間のための活動である。だか ら、ヒトを筆頭に持って来る。 これでいい。 次にモノが続く。これも解る。 ヒトがモノをつくり、モノをお 互いに取引する。これが経済活 動だ。ヒトによるモノつくり。 これが軸になっている。ここに こそ、経済活動が人間の営みで あるということの証明がある。 最後にカネが来る。これこそ、カネの正しい位置づけだ。カネ

には、しんがりのポジションがふさわしい。なぜなら、カネは、元来、黒子だ。」(以下略)

 

カネ中心の社会になっていて、それは私たちの意識にもあります。最後に、黒子が主役になっていると喝破しています。

 

「黒子が主役になったことで、最も割を食っているのが、間違いなくヒトである。かつてのスターが、いまや、ほとんどエキストラ状態だ。いつでも、切り捨てられる。何をやらされても、文句はいえない。エキストラの分際で、役をえり好みするとは何事だ。ギャラに注文をけるとは、何事か。あんたらの代わりはいくらでもいる。ドラマの撮影現場が急きょ変更になれば、変更前の現場で集められたエキストラは、直ちにクビになる。」

 

011.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感