So-net無料ブログ作成
支え合う社会 ブログトップ
前の10件 | -

地域消滅はつくられているのでは [支え合う社会]

 

 

今年の7月の九州豪雨では、高齢者中心の被災地の困難を浮き彫りにしています。復旧しても仕事を続けられるのか、後は誰が担うのかが分からないという現実も示しました。しかし、復興に向けての動きが続いています。ですが、交通インフラの見通しが立ちません。特に、JR九州の日田彦山線の復興計画は自治体の出資がなければ難しいという。JR九州は民間企業だからという。企業としての収益は順調のようです。これが国鉄民営化をしたツケです。さも民営化で財政が健全化するように言いましたが、この国の赤字は増え続け、過疎化は進みました。そしたら消滅する地域が出るという。ここまでの流れはいかに政治が無策であったかということではないか。

 

「選択の選択

しかしなぜ私たちは、ここまでの選択をしなければならない羽目に陥っているのだろうか。それは「選択と集中」論が「選択と集中」を選択するよう要請するからである。しかもそこ には一つしか選択肢がないのだから、選択というよりも強制的な誘導が進められているといわねばならない。その誘導に乗る前に、それを受け入れるかどうかかの選択(メタ選択)こそが 必要なのだ。「自治体消滅」「地方消滅」、さらにはこの国の消滅へ-こうしたセンセーショ ナルな物言いに惑わされて、選択を強制する策略に乗ってしまうのがもっとも危うい選択だ。 私たちの家族や地域は、「選択と集中」が突きつける要請に従わなければならないのか。も し私たちがそれに従わないのなら、切り捨てられるのか。逆にその選択に乗った者にはどんな アメがもたらされるのか。だがそもそもその選択は誰の選択なのか。れとも、そういう選択はやめて、多様なものが多様なまま、互いに存在を認め合って共生することを選ぶべきではないのか。そこには集中ではなく分散が、そして強い経済力ではなく、

持続力やしなやかさが対置されることになろう。

「選択と集中」とは要するに、そうした多様性を許さない思考法なのである。ここには何かの強迫が働いており、ある基準への画一的隷従を要請する。「多様性」という対抗軸は、偶然に出てくるものではなく、「選択」という強制がなされるがゆえに必然的に現れるものである。どちらを選択するかは重要な分かれ目だ。ここには別の道はない。「選択」という言葉がそれを許さないからだ。」(『地方消滅の罠』三宅祐介)

009.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いきなりの秋に [支え合う社会]

 

 

「私という私  村田喜代子」(20171012日西日本新聞)によれば仏教では魂はないという。

 

「赤瀬川原平は先年亡くなった。彼の魂は今どこヘ行ったのか。いや、仏教では魂はないという。間違えられているけど、 仏教は魂を否定しているのだ。 ただ「魂」はないが、自己を感じる「我」というものは続行しているようである。けれど死ねば厄介な「相棒」も冥界でぐっすり昏睡している・・・・・・。

野山が秋愁の色に深まる季節 がきた。一人旅がいいという人 もいるが、私は友達と何人もで 山や高原ヘ出かける。みんなと 連れだって行けば、おしゃべりな私の「相棒」の出る幕はない。 私は七十年連れ添った、自分の「相棒」の煩わしさに心底うんざりする。それで独りになるために、みんなと旅ヘ出る。人間同士のおしゃべりなどづくたかの知れたもので

ある。」

 

 欽ちゃんは、プロは「喜びも、悲しみも短い人」だという。プロにはなれそうにない。

 

「本ダネ

「ダメなときほど『言葉』 を磨こう」萩本欽一著

「どん底のときには大き な運がたまり、反対に、絶頂のときには不運の種がまかれている」がモットーの 欽ちゃんが、運と「同じくらい大事してきた」という 「言葉」について語ったエ ッセー集。 「プロフェッショナル」 に関する欽ちゃんの考えは 「勝ったときの喜びが短くて、負けたときの悲しみも 短い人」。浮沈の激しいテレビ業界を生き抜いてきた苦労人らしい言葉だが、この「苦労」という字にも、この人らしい異論がある。「だって『苦しみ』『労する』でしょう。せめて『苦しい』を『工夫』の『工』にしたらどうかと思うの。

苦しみに労を費やしたというのでは、あまりにも辛いから。『私は工夫を重ねて、工夫に労を費やしました』と言うほうがカッコいいじゃない」(集英社新書・756)」(同前)

 

008.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可哀想な人 [支え合う社会]

 

 

九州豪雨では、山からの流木がたまり被害が拡大し、その処分法も課題だとされていて、バイオマス発電にできないのかと素人判断で考えていましたが、実現したという。

 

「被災地でバイオマス発電

「事業で地域に貢献」朝倉市杷木

九州豪雨の被災地、朝倉市杷木星丸の協和工業 (山下正勝社長)がバイオマス発電プラントを地元に完成させ29日、竣工式を行った。山下社長 (68)は近くを流れる赤谷川の濁流で自宅を失った。会社も床上浸水する被害を受けたが、プラント完成にこぎつけ「復興ヘ向けて事業で地域に貢献していきたい」と誓う。(以下略)」(2017930日西日本新聞)

 

新聞の投稿欄からです。

 

「(声)「可哀想ぶるな」に息苦しさ 25歳 2017101日朝日新聞

 

 私の両親は、2人とも病気で亡くなった。そう聞くと、大抵の人はどういう反応をするか。

 可哀想だと言う人もいれば、そんな状況と同じ人なんて世界にいっぱいいると言う人もいて、親と不仲で生きているよりも死んでくれた方がいいと言う人もいた。どれも身近な人が放った言葉だ。最近は「親がいないからって可哀想ぶるな」と言われた。

 後者のセリフにはなかなか心をえぐられた。確かに私は両親がいないし、随分寂しい気持ちを抱えてきた。ただ、勝手に可哀想ぶっていると決めつけられるのには腹が立つし、人としての器の小ささを悲しく思う。しかもそういう人に限って両親は健在で、何不自由なく生活している。

 「可哀想ぶるな」と言っていいのは、同じ状況下にある人間だけだと私は思っている。もっとも同じ状況下の人間ならば、そんなことは決して言わないと思うが。

 そういうことを言われると、「両親がいない」こと自体に罪悪感を感じてしまい、何も言えなくなる。そんな社会はとても息がしづらい。」

 

投書に共感しますが、少し気になるのは・・・。「『可哀想ぶるな』と言っていいのは、同じ状況下にある人間だけだと私は思っている」という思いは、分かるようでそこまで構えないといけないのかと思いました。私はてんかんという病気で、職場で倒れることを繰り返しました。それでも、仕事では負けないぞという姿勢が露骨だったと思います。それは簡単に言えば可愛くないです。可愛くないというと誤解されるかもしれませんが、言葉を差し挟む余地をなくします。相互理解を阻むことになったのではないかと思っています。

001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢者だけでなく [支え合う社会]

 

 

 

「高齢者多い街 利用しやすく   60

本紙「テレアラ」に「ヤフオクドームの階段に手すりを付けて」とありました。 最近、その気持ちが分かり始めました。確かに結構、急です。私は早期退職して3年、時間だけはたっぷりあります。福岡に住む娘の所に行った時は、時間つぶしに映画や博多座に行きます。周りを見渡すと、平日は私の年齢以上の高齢者がたくさんいます。娘の休みと試合日程が合

うと、ホークスの野球観戦に行くのも楽しみです。ドームに向かうパスも高齢者でいっぱいです。元気な方がほとんどですが、中には体を支えてもらいながら席に着く方も目にします。 2035年には「3人に1人が高齢者」と の推計も出ていま す。丈夫な私も高齢者の仲間にだんだんと近づいています。ドームに限らず、高齢者が楽しむ場所は高齢者にとって利用しやすく、優しい場所であってほしいと願います。年だけは皆、公平に取っていくものですから・・・」(2017729日西日本新聞)

 

かつてバリアフリーと言われましたが、高齢者・障害者だけでなく誰もが使いやすい施設にするという考え方をユニバーサルデザインといいます。例えば、かつては「障害者用トイレ」と言われていましたが今は「みんなのトイレ」みたいな表示で、赤ちゃんなどのおむつ替えなども想定したものなっています。年を重ねれば病気もします。

 

「まさか白血病乗り越えたぞ  87

毎月の定期健診を怠らず、健康が取りえでした。それが血液のがんというまさかの白血病を宣告され、即入院。抗がん剤投与の治療が始まり、7カ月の闘病生活を経て退院しました。闘病記や覚悟をつづった遺言書を手に感慨にふけっています。87歳、年に不足はないのですが、直前まで運転もして元気だったので、未練もいっぱいでした。 幸いなことに、医学の進歩と素晴らしい医師、優しい看護師さん、熱心なリハビリ療法士、励ましてくれる病友に恵まれ、無事乗り越えました。 711日の本紙都市圏版で子ども向け音楽制作教室を開いた堤秀樹氏のご活躍を見た。白血病も克服できると気を強く持ちました。米寿を迎えようとする私ですら、孫たちと楽しい日々を送っています。白血病と向き合っている多くの皆りさま、どうぞ前向きに、全快を祈ります。」(同前)

 

007.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

動かないものも [支え合う社会]

 

 

「巣立ちに歓声静けさが戻る 55

スズメより大きく、ハトより小さな烏がハナミズキの高い枝に巣を作った。名前を聞くと、ヒヨドリとのこと。雌が巣に入ったまま動かない日々が続いた。 ある日、数羽のひなが誕生した。雌は忙しい。餌をせわしなく、ひなたちに運ぶ。が 巣立ちの日がやって来た。3羽のひなが巣から飛び立った。親鳥2羽が見守っている。建物の窓際に人だかりができた。けなげにひなが高さ5Mの巣からダイブすると、周囲から思わず歓声が上がった。 枝に止まれずに、地面に 落下するひなも。1羽は勇敢にも、枝に止まっていた クマゼミに体当たりした。 狩りのつもりだろうか。し かし、相手が大きすぎた。 セミは青空に向かって飛ん でいった。大騒動の一日が過ぎ、巣は空になった。静かになり、ハナミズキは寂しさに包ま

れている。夏なのに、夏に取り残されたハナミズキ・・・」(2017830日西日本新聞)

 

ヒヨドリの生命力に対する拍手でしょうか。

動かないが生命力があるのが植物です。

 

「植物は、動くことができない。そのため、生息する環境を選ぶことができないのだ。そ の環境が生存や生育に適さないとしても文句を言うこともできないし、逃げることもできな い。その環境を受け入れるしかないのだ。 そして、環境が変えられないとすれば、どうすれば良いのだろうか。環境が変えられない のであれば、環境に合わせて、自分自身が変化するしかない、だから、植物は動物に比べて 「変化する力」が大きいのである。 植物の中でも雑草は可塑性、が大きく、自由自在に変化することができる。この「変化する 力」にとって、もっとも重要なことは何だろうか。それは「変化しないことである」と私は思う。

植物にとって重要なことは、花を咲かせて種子を残すことにある。ここはぶれることはな

い。種子を生産するという目的は明確、だから、目的までの行き方は自由に選ぶことができる。だからこそ雑草は、サイズを変化させたり、ライフサイクルを変化させたり、伸び方も変化させることができるのである。」(『植物はなぜ動かないのか』稲垣栄洋)

 

クローバーと間違われやすい雑草「カタバミ」は武家の家紋に使われることが多いという。カタバミは地味な草なのですがその生命力の強さに家の繁栄を託したのだという。武士の切なる思いが草に光を当てたのではないか。

 

 

 

018.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この対応は [支え合う社会]

 

 

新聞の投稿欄からです。

 

「夫の初盆迎え炭坑節で供養  78

お付き合いに長い、短いはあっても、深いご縁を頂いた方々が夫の初盆のお参りに来てくださった。特に地域の高齢の方々は「ペタンクやゲートボー ルに行く時はいつも車に乗 せてもらって・・・」「行政区、 お宮、老人会のお世話を長い間、ありがとうございま した」と遺影に感謝の言葉 を頂きました。この地域は初盆を迎えた人々を供養するため盆踊りは各家を回っていた。が、今では諸般の事情から地域の公民館前庭で聞かれている。今回も供養の30分前から踊りの先生の指導後、遺影と家族の紹介をしていた所だいた。

締めの炭坑節は「供養になります、どうぞ」の言葉を受け、輪の中に入れてもらった。「あなた、たくさんの感謝の言葉を頂きましたよ」とつぶやく。炭坑節は子も孫も輪の中に入れてもらった。「あなた、見えていましたか」(2017831日西日本新聞)

 

地域の伝統行事は残していきたいですね。

 

有名歌手が飛行機の離陸待ちが長くなって乗客が落ち着かなくなったので代表曲を歌って「神対応」と言われました。こちらは「神対応」では・・・。

 

80円の助け舟 恩情の明かり  70

長女の子、孫の話で温かい気持ちになった。孫は高2で、自転車通学。運動部 に入っている。その日は朝練に遅れそうになり、駐輪外に止め、登校した。 帰り、日が落ちた中、自 転車を捜したが、撤去され ていた。そこで張り紙を見て、1時間かけて保管場所 まで歩いていった。 すると、罰金が1500 円という。財布には142 0円しかない。困っていると、係の方が「今日はおじさんが80円貸してあげよう」と助け舟。その恩情に、どんなに救われたことか。暗い気持ちに明かりがともったに違いない。帰宅後、母親の娘に報告したら「自分がうれしいことを他の人にもしてあげて」と言われたそうだ。思春期真っ盛り、貴重な体験になった。ご親切、本当にありがとうございました。」(同前)

 

いい話だ。

 

 

003.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

親切 [支え合う社会]

 

 

福岡市で有名な喫茶店「ばんぢろ」が再開されたという。場所は川端だという。私はアイスコーヒーが好きでした。

 

読み返した本からです。進化の歴史は面白い。

 

「中生代ジュラ紀、恐竜たちが闊歩していた時代に繁栄を遂げていたのは、裸子植物であっ た。裸子植物は美しい花を咲かせることはない。ジュラ紀の森には、私たちがイメージする ような色とりどりの花はまったくなかったのである。 植物が美しい花を咲かせるのは、昆虫を呼び寄せて受粉させるためである。裸子植物は、風に乗せて花粉を運ぶ風媒花である。そのため、裸子植物の花は、花びらで装飾する必要がない。むしろ、風まかせで花粉を運ぶ方法は、雄花から雌花に花粉、が届く確率は低い。花びらを作るような余計なことにエネルギーを使うよりも、少しでもたくさんの花粉を作った方が良い。」(『植物はなぜ動かないのか』稲垣栄洋)

 

読んだ本の中からいい話を。『最後の時を自分らしく-在宅治療ができること』レシャード・カレッド著。レシャードさんはアフガニスタンからの帰化人です。

 

「アフガニスタンの大学の医学部に合格した後、日本への留学を申し込んだのは、そういう日本への憧れに似た気持ちからでしたo『知ってほしいアフガニスタン』にも書きましたが、留学した最初は千葉大学で日本語などを学びました。 この時、日本人の老夫婦のお宅に下宿させてもらったのですが、このお二人は、「外国人お断り」という下宿が多かった当時、

私に非常に親切にしてくれました。和食のまかないを出してくれていたのですが、その食費はおろか、下宿代さえも受け取ろうとしないのです。私はいったいなぜ、と思い、ある日そのことを尋ねました。その時お二人が話してくれたことは、今でもよく憶えています。このご夫婦は第二次世界大戦中、当時の 「満州」つまり中国の東北部に暮らしていたのですが、敗戦時に逃げ遅れ、取り残されてしまいました。中国の人々にしてみれば、自分たちの国を侵略した憎い日本の人間ですから、お二人には身の危険もあったのですが、そういう時にお二人を、ある中国人のおばあさんがかくまってくれたそうです。おばあさんは貧しい一人暮らしでしたが、一部屋しかなかった家の地下室に2人をかくまい、外に出なくてすむよう、僅かな収入の中から二人の食料も買ってきて出してくれました。そしてある日、人に日本行きの船を頼んで二人を船底に隠し、帰国させてくれたのです。そんな体験をされたとのことでした。そんな経緯でもあったため、お二人は、その中国人のおばあさんとろくに別れの挨 拶もできず、またその後の連絡も取れず、お礼をしたくてもできないまま、戦後、日本で暮らしてこられましたoそれだけに、その恩を、いつか困っている人に分け与えたいと追ってきたそうです。そして、たまたま異国で学ぶのに下宿先がなくて困っている私と出会って、自分たちが受けた無償の思いやりを、私に対して今度は自分たちが与えたいと思われたということでした。」

 

002.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小さなスコップも必要 [支え合う社会]

 

 

新聞の投稿欄からです。

 

「サイズ合えば おしゃれする 49

なぜ、おしゃれな店の服は標準サイズまでしか置いていないのだろうか。これくらいゆったりしたデザインならいけるかも。そんな淡い期待を抱きつつ、試着。どうにか体のラインをほどよく整えてくれる服に出合うと、小躍りしたい気分だ。バーゲンと聞けば血が騒ぐ。が、残念ながら「ぽっちゃり」のため「こんなにすてきなのに入らない」と涙をのむことがある。街を歩けば、小枝のように細い人しばかりではない。私より立派な体格の人だつて存在する。ファストフアッションの店でサイズ分けされた衣類を見ていると、せっかく買う気でいるのに「XL」はよく売り切れている。売り切れる「XL」をなぜ、充実させないのだろうか。悔しい。ぽっちゃりだっておしゃれがしたい。サイズが合えば服を買いたい人の需要を満たせば、売り上げアップ間違いなし。買った人も喜ぶ。丸く収まるではないか。」(2017729日西日本新聞)

 

新聞のコラムからです。

 

「デスク日記

汗が噴き出す。「15分ごとの休憩」が待ち遠しい。湿った粘土のような泥が重く、バケツを引きずって運んだ。九州豪雨の発生から2週間が過ぎた日曜日、災害ボランティアに行った福岡県東峰村の宝珠山地区は、この日も温度計は35度を超えていた。

受け付け開始の午前9時より30分以上早く着いたが、既に多くのボランティアが待っていた。被災地を転戦する猛者も多く、土砂出しに入った民家でも経験豊富な二十数人が一緒。非力で技術もない自分に肩を落とすと「床下の泥かきは重機じゃできんよ」。復興へは、大きなスコップも、小さなスコップもたくさん必要だと教えられた。

昼休みに「土砂が駆け降りてきた」という林道を見に行った。無数の突起が生えた異様な隆起のアスファルトが、延々と続いていた。自然の前に人間の力は小さい。ボランティアも新聞も、息長く被災地を支えなければ、と改めて胸に刻んだ。 (相本倫子)=2017/07/30付 西日本新聞朝刊=」

 

高齢の被災者がこの年では再建などという・・・。同い年の私にはこたえる話がある地になにができるのでしょうか。

 

こんな報道も・・

「秋田県の佐竹敬久知事は26日の緊急記者会見で、県が記録的な大雨被害に遭った際、県外で一緒にゴルフをした相手を「友人」と説明したのは虚偽だったと認め、同行した県部長2人を「かばう気持ちがあった」と述べた。辞任については「態度を改めて仕事をし、県政の進展で今回のことを挽回したい」と否定した。(以下略)」西日本新聞は伝えています。

 

012.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

力強い歴史—先駆者の願いは [支え合う社会]

 

 

 民生委員は役所が作ったものだろうという色眼鏡で見ていました。

 

「民生委員100年 宮武剛

時代を支え時代を拓く

民生委員制度は、191 7(大正6)年、岡山県で 「済世顧問」として発足し、 翌年、大阪府が「方面委員」を設け、全国ヘ広がった。 ことし1世紀の歳月を刻み、7910日東京で記念大会が開かれる。困窮者の相談支援に努める長い歩みは、日本の近現代を生活現場から映し出す歴史である。

創設期は「米騒動」から 世界恐慌、昭和恐慌ヘ庶民を奈落の底ヘ突き落とす時代だった。我が国初の救貧法制「救護法」は29(昭和4)年、ようやく制定されたものの、膨大な軍事費の重圧で財源がなく施行のめどさえ立たなかった。方面委員たちは、その実 施を求める運動を展開し た。日本の「資本主義の父」であり「福祉の先駆者」でもあった渋沢栄一翁は、主治医の反対を押し切り病身で蔵相らを訪ね、その後、寝込んで死去した。福岡正道・埼玉県代表は、「無い袖は振れない」と突さ放す蔵相を弾劾し、悲憤慷慨の余り倒れて亡くなった。委員たちは、ついに天皇への「上奏」に賭ける。

「陛下の赤子20万今正に 飢餓線上を彷徨するを見るに忍びず・・・」。 烈々たる気迫が歳月を超 えて伝わる。上奏は天皇に届いたのか、定かではない。だが、政府は周章狼狽し、救護法は32年やっと施行された。

苦肉の策で競馬法を改正して馬券発売を認め、収益も 財源にされた。同年開催の 第1回「日本ダービー」が救護法を牽引したのだ。 しかし、既に満州事変が勃発し、救貧も福祉も戦争に蹴散らされていく。敗戦後の46年、民生委員と改称・改革され、翌年、 初めて「福祉」が法律名に 入った児童福祉法制定で児童委員兼任となった。 戦後の委員たちの活躍も,また時代を映し出す。闇米を拒否し餓死する裁判官さえ出た生活苦の中で「世帯更生運動」を始め、「心配ごと相談所』開設、「助け合い資金」設置、 「世帯更生資金」創設など に取り組んだ。 高齢化社会を迎えた73年には、我が国初の『居宅ねたきり老人実態調査」を実施した。20万人を超える要介護者の存在は高齢化への 対応を迫った。 いま委員は231000 人。女性が6割、60歳代が 6割強。欠員も目立つ中で、都市部では1200~400世帯を担当する。被保護世帯は増え続け、児童の相対的貧困は先進国中最悪である。虐待、ひきこもり、ゴミ屋敷、悪質商法など新たな課題が地域に渦巻く。庶民の良き相談相手という役割の大変さと大事さに改めて感謝したい。(本紙論説委員)』(福祉新聞626日)

 

放送大学の『高齢期の生活と福祉』のテキストによれば、相談件数は710万(平成24年度)を超えており、「民生委員1人による1月当たりの活動は、相談支援件数が約3件、訪問連絡調整回数が約19件、その他が約10件で、平均活動日数は11日となっている」という。印象からすれば、地域行事への参加も多く、もっと多忙のように思う。

 

 

010.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

出しゃばることも [支え合う社会]

 

 

新聞の投稿欄からです。

 

「甘夏ミカンの酸っぱい魅力   79

夏日になった日、甘夏ミカンを食べた。とても爽やかで、美味であった。近所の家の庭の隅にある大きな に木から取れたものである。 化成肥料を使わず、無農薬で育てられている。落ち 葉や食材の残りで堆肥を作るどのこと。その家の方は害虫にやられず、毎年よく なりますと話しであった。 私もダニやカイガラムシ などがなぜ、発生しないのか分からない。木が元気なので、きっと寄せつけないのだろう。

甘夏ミカンは酸っぱさが嫌われて、最近はあまり人気がない。収穫する人がなく、木になったまま放置されているのをよく見かける。もったいない。その酸っぱは体温を下げてくれる。暑さ対策には、最高の果実である。見直そう。」(2017525日西日本新聞)

 

 

「(声)認知症、他人も出しゃばろう 37歳 2017529日朝日新聞

 農作業を手伝いに早朝、実家に行ったら見知らぬ高齢女性がいらっしゃいました。両親に聞くと、一人で歩いていた認知症の方を保護したそうです。独居という彼女を私が車で送ることにしました。

 私は体調不良で退職したものの介護福祉士です。車を出してすぐ、彼女の病気の深刻さに気づきました。まず会話が成立しません。なんとか住所を聞き、送り届けたお宅は実家から9キロ先の山奥。家の前にライトをつけっ放し、エンジンもかけっ放しの車が斜めに止められていました。「車が勝手に車庫から出てきて怖くなったから歩いて逃げた」とおっしゃいます。

 彼女が自宅に入り、玄関の鍵を内側から掛けたのを見届けた足で、私は市役所の高齢福祉課へ参りました。「かなり急を要する事態です。1人にしておくと人命に関わります」とお伝えするために。

 父は私に申しました。「親類縁者がいるはず。他人のお前が出しゃばるな」。でも、あえて申し上げます。皆様、出しゃばってください。一人歩きの彼、彼女は、あなたの助けを必要としています。」

 

でも、専門職だからできることかもしれません。素人がどうするかは行政窓口の周知しかないのでしょうか。

025.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 支え合う社会 ブログトップ