So-net無料ブログ作成
支え合う社会 ブログトップ
前の10件 | -

「どう生きるか」が問われていると [支え合う社会]

 

 

社会の底流を知ることができたエピソードです。

 

「漫画 君たちはどう生きるか」(著者 吉野 源三郎 (原作),羽賀 翔一 (漫画))が読まれているという。次の投稿もそのことだと思います。私も読んだ記憶がありますが、内容までは記憶していません。

 

「(ひととき)改めて「どう生きるか」201819日朝日新聞

 吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」が、再び読まれているという。

 テレビでその本の名を聞いたとき、思わず「私、持ってるー!」と叫んでしまった。

 中学2年の春がよみがえる。町の小さな本屋で見つけた時、タイトルが大人への扉を少し開けてくれるような気がして、本を抱えてスキップしながら帰った。その後、五十余年の長い年月がたち、さまざまな生活の変化があったが、その一冊はなぜか私の書棚の一角にいつもあった。

 久しぶりに手に取ると、ページの周囲は茶色にくすんでいて、昔の表現もいっぱい出てくる。しかし、暴力のこと、戦争のこと、「本当に立派になることとは何か」などなど、色あせないことばかりだ。

 「君たちはどう生きるか」。この本は、あれから半世紀生きた私に、「それで、君はどう生きたのか?」と問いかける。喜びも、怒りも、悲しみも、楽しみもしっかりつまった年月は、決して「あっという間」ではなかった

 これから私は「老い」という未知の世界に向かう。改めて「さて、君たちはどう生きるのか」と問われている気がしている。(主婦 67歳)」

 

67歳の投稿者は「あっという間」ではなかったと言う。自閉症の東田直樹しは「人の一生が、どれだけ短いか、死を前にした人なら誰でもわかるだろう。人生は短く,後悔の連続である。今君の持っている悩みも、いずれ過去になり消え去るだろう」(『自閉症のうた』)

扱っているテーマが異なるので長短比較が適切でもないかもしれません。両方に言えるし、言えないのかもしれません。

016.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子は育つ [支え合う社会]

 

外の顔は育っていた。

 

「(声)仲居になった娘の成長に驚き 57歳 201816日朝日新聞

 娘は、大学を出て旅館の仲居さんになった。なぜかは定かではないが、自分の足で就活を進め、仕事を決めてきた。

 昨年末、職場の忘年会で、娘が働いている旅館を訪れる機会に恵まれた。私が到着すると、娘は玄関で笑顔で待っていた。少し照れつつも、館内の説明をしながら、部屋に案内してくれた。

 私が部屋に入ると、同僚から「玄関でいきなり『いつも父がお世話になっています。小島

です』と娘さんからあいさつされてビックリしました」と言われた。それを聞いて、こちらが驚いた。娘は自分からあいさつすることなど苦手な方だったからである。

 夕食をとる宴会場には、周りの状況を見ながら給仕する娘の姿があった。大学時代は

自分のことすらできず、親からそのことを指摘されると、むっとした表情で素っ気ない返事

を返していた娘が、満面の笑みで、てきぱきと仕事している。(以下略)。」

 

子どもは外ではそれなりに成長を重ねているのでしょうか。そうあって欲しい。

思い出したのが先日読んだ萩本欽一さんのリフォーム会社で働く次男のことです。

「『お父さん、うちをリフォームしていい?』入社以来、営業成績が全く上がらないので、手っ取り早く実家のリフォームを受注しようという魂胆。もちろん怒りました。 「仕事ができないからって親に泣きつくお前は最悪だな。ろくなサラリーマンじゃない。だけど、どんな事情でも、子どもが困っていたら助けるのが親の役目なんだよ。いざとなったら助けるって、子どものころに言っただろう。その話、乗ってあげるからうちを直しなさい」

そう言って僕は先に喫茶店を出ました。翌日、また次男から電話がかかってきたので、「何だ?」と聞いたら、「いや、昨日言い忘れちゃったから・・・どうもありがとう。 それが言いたくて」。そう言って電話を切ったと思ったら、またすぐかけてくるので、「まだ何かあるのか?」と聞くと、「もう一つだけ。体、気をつけてね」。」(『ダメなときほど「言葉」を磨こう』)

 

不器用に生きる子どもへのエールがいい。そして、きちんと分かっている息子も。

001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

支えられる希望 [支え合う社会]

 

 

数日前の「ひととき」にも感動しましたが・・・・。

 

「(ひととき)孫に届いた大声援   20171223

 先日、孫の通うろう学校と隣接する小学校の交流持久走大会があった。孫は4年生の男児で重複障害がある。幼いころ医師から「歩けるようになるかどうかわからない」と言われたが、通院して一生懸命訓練し、ようやく歩けるようになった。

 そんな孫が出場する初めての持久走大会。整列して準備している時、応援席に私の姿を見つけ、笑顔で手を振った。走るのは学年ごとに男女別々で、いよいよ孫の出番。大勢の仲間の中に孫の鉢巻き姿を見つけた。伴走してくれる先生も隣にいた。

 コースは約2キロ。グラウンドを1周した時、孫は笑顔だった。外周して再びグラウンドに入ったところで一瞬立ち止まり、ひざをなでた。周囲で見守る児童や保護者の声援が難聴の孫にも届いたのか、再び走り出したが、足がよろよろして倒れそうになってしまった。

 会場からは「頑張れ、頑張れ」の声。その声に応えるように孫は走り出し、無事ゴールできた。先生にメダルを首からかけてもらい満足そうだった。これからも大勢の人に支えられ、ゆっくりでも少しずつ成長していくのだろう。最後まで応援して下さった皆さん、本当にありがとう。(茨城県結城市  主婦 70歳)」

 

別の新聞の女性投稿欄です。

 

「紅皿「天使の声」

旅先でホテルに向かう満員パスの中で突然、 赤ちゃんが泣きだした。ママもパパも必死に汗だくであやしているが、一向に泣きやまない。 前の乗客は後ろを振り返り、様子を見ている。 そんな中、そばにいた私の友人が大きな声で 「まあーかわいい。赤ちゃんの声は天使の声っていうから、気にしなくていいのよ。赤ちゃん も疲れているわよねえ」とママに声を掛けた。 別の友人も「そうよ、そうよ」と相づちを打つ。 いっぺんに車内の空気が変わった。「何と勇気 のある友人だろう」と感心した。 3カ月後、私が乗った飛行機で、前列の赤ちゃんが泣きだした。横の女性は迷惑そうにしている。やはり、私に大声を出す勇気はない。でも気持ちを伝えたい。メモ紙にあの魔法の言葉「赤ちゃんの声は天使の声です。気にすることはありませんよ」と書いて、買い求めたばかりの沖縄「なんくるないさ」(何とかなるさ)のマスキングテープを貼ってカードを作った。目的地に着き、席を離れるとき、そっとパパにカードを渡した。満面の笑みが返ってきた。これから年末年始の帰省の時季。私も大きな声で言えるよう、練習しておこう。(主婦・63歳 福岡県久留米市) 」(20171213日西日本新聞)

 

こういう話が増えればいいですね。

004.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

救われた気が [支え合う社会]

 

 

朝日新聞の12月18日の投稿をFBで知りました。

 

「ひととき  親切心に涙が出そう

先日、JR中央線で異臭騒ぎがあり、22歳の次男が乗っていた電車が止まってしまった。知的障害のある次男は、勤務先の飲食店に向かう途中だった。次男は途方に暮れて車内から携帯電話で連絡してきた。私は「まず勤務先に電話して遅刻すると伝えて」と言った。そして状況を色々尋ねたが、次男は「わかりません」と答えるばかり。

すると突然、電話の声が女性に変わった。次男が困っている様子に気づいて、電話口に出て下さったのだ。女性は現状を説明した後、「息子さんはどこまで行かれますか」と聞いてくれた。私が「荻窪です」と答えると、女性は並行して走る総武線が動いていることも説明。そして「そして「私が一緒に乗り換えます」と言ってくれた。

 夕方、帰宅した次男に、女性にお礼を言ったかたずねると、「はい」と答えたので胸をなで下ろした。最近、障害者や高齢者に対する虐待などの悲しいニュースが多く、暗い気持ちになることもよくある。でも、世の中には事も無げに大きな親切心を示してくれる人もいるのだと、涙が出るほどうれしかった。本当にありがとうございました。中野区 64歳」

 

障害者への情報伝達の課題とは別に最終的には人だということが良く分かります。どれだけの障害者や家族などに希望を与えてくれたでしょうか。

007.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Change. org [支え合う社会]

 

 

Change. Orgからのメールが届いたときに知らない名前の横文字で「迷惑メール」だと勘違いして削除しました。その後、よく読むと在宅障害者の支援サービスの裁判の支援依頼でした。ネットでの署名と分かり参加することが増えました。だが、実際はよく知りませんでした。「きょうされんTOMO12月号」で取り上げられていました。

 

「言の葉とともに

ハリス鈴木絵美 Change. orgアジア・ディレクター に就任。

 

Change. org はアメリカで始まったサイトで、 おかしいと思ったことについて誰もが声をあげ、 賛同者を集めることができる署名キャンペーン サービスです。現在18カ国語版があり、世界中 で利用されています。障害者への差別や制度に対 するキャンペーンも世界各地でみられ、それぞれの国で、当事者の万々が声をあげ立ち上がっています。今回は、当事者が実際に立ち上げたキャンペーンの成功事例をご紹介します。

 

障害者の経済的安定を促す法改正

アメリカでは、2014年にABLE Actという法案が可決されました。以前は、障害を持った人 が2000ドル(22万円程度)以上の資産を持つと医療保険や生活保護といった福祉サービスが 受けられなくなってしまう仕組みでした。そのため、働ける人でも給料の低い仕事にしかつかなかったり、家族が本人のために貯蓄を作ることができなかったりといったハードルにつながっていました。この仕組みを変え、2000ドル以上の財産があっても福祉サービスに引き続きアクセスできるようにし、また非課税となる口座も作れるようにしたのがこのABLE Actでした。

 

法改正を推し進めた一人の女性

この法案の可決を推し進めたのは、全米ダウン症協会の役員であるサラ・ウォルフさんでした。彼女はダウン症を持ちながら弁護士事務所の助手として働いています。この法案を可決させるためのChange. Orgのキャンペーンページで、彼女はこのように語っています。

 

「私はたまたまダウン症を持っていますが、だからといって「より良い人生』を追い求められないわけではありません」

 

「ダウン症は人生の可能性を追求する足かせにはならないと思っています。フルタイムの仕事もで きるし、社会の一員となって、税金も払えます――ですが時代遅れの法律が、私たちが人生を全うする足かせとなっているのです」

 

「この法律は、何百万人もの障害をもつ人やその 家族にとって大きな影響をあたえるでしょう。福祉サービスを受けながら、2000ドル以上貯蓄 できて非課税となる口座を持てることで、将来の 教育や住宅、移動などに使える備えができます。障害を持つ人たちが直面する経済的困難を大きく和らげてくれるでしょう。」(一部引用)

 

013.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地域消滅はつくられているのでは [支え合う社会]

 

 

今年の7月の九州豪雨では、高齢者中心の被災地の困難を浮き彫りにしています。復旧しても仕事を続けられるのか、後は誰が担うのかが分からないという現実も示しました。しかし、復興に向けての動きが続いています。ですが、交通インフラの見通しが立ちません。特に、JR九州の日田彦山線の復興計画は自治体の出資がなければ難しいという。JR九州は民間企業だからという。企業としての収益は順調のようです。これが国鉄民営化をしたツケです。さも民営化で財政が健全化するように言いましたが、この国の赤字は増え続け、過疎化は進みました。そしたら消滅する地域が出るという。ここまでの流れはいかに政治が無策であったかということではないか。

 

「選択の選択

しかしなぜ私たちは、ここまでの選択をしなければならない羽目に陥っているのだろうか。それは「選択と集中」論が「選択と集中」を選択するよう要請するからである。しかもそこ には一つしか選択肢がないのだから、選択というよりも強制的な誘導が進められているといわねばならない。その誘導に乗る前に、それを受け入れるかどうかかの選択(メタ選択)こそが 必要なのだ。「自治体消滅」「地方消滅」、さらにはこの国の消滅へ-こうしたセンセーショ ナルな物言いに惑わされて、選択を強制する策略に乗ってしまうのがもっとも危うい選択だ。 私たちの家族や地域は、「選択と集中」が突きつける要請に従わなければならないのか。も し私たちがそれに従わないのなら、切り捨てられるのか。逆にその選択に乗った者にはどんな アメがもたらされるのか。だがそもそもその選択は誰の選択なのか。れとも、そういう選択はやめて、多様なものが多様なまま、互いに存在を認め合って共生することを選ぶべきではないのか。そこには集中ではなく分散が、そして強い経済力ではなく、

持続力やしなやかさが対置されることになろう。

「選択と集中」とは要するに、そうした多様性を許さない思考法なのである。ここには何かの強迫が働いており、ある基準への画一的隷従を要請する。「多様性」という対抗軸は、偶然に出てくるものではなく、「選択」という強制がなされるがゆえに必然的に現れるものである。どちらを選択するかは重要な分かれ目だ。ここには別の道はない。「選択」という言葉がそれを許さないからだ。」(『地方消滅の罠』三宅祐介)

009.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いきなりの秋に [支え合う社会]

 

 

「私という私  村田喜代子」(20171012日西日本新聞)によれば仏教では魂はないという。

 

「赤瀬川原平は先年亡くなった。彼の魂は今どこヘ行ったのか。いや、仏教では魂はないという。間違えられているけど、 仏教は魂を否定しているのだ。 ただ「魂」はないが、自己を感じる「我」というものは続行しているようである。けれど死ねば厄介な「相棒」も冥界でぐっすり昏睡している・・・・・・。

野山が秋愁の色に深まる季節 がきた。一人旅がいいという人 もいるが、私は友達と何人もで 山や高原ヘ出かける。みんなと 連れだって行けば、おしゃべりな私の「相棒」の出る幕はない。 私は七十年連れ添った、自分の「相棒」の煩わしさに心底うんざりする。それで独りになるために、みんなと旅ヘ出る。人間同士のおしゃべりなどづくたかの知れたもので

ある。」

 

 欽ちゃんは、プロは「喜びも、悲しみも短い人」だという。プロにはなれそうにない。

 

「本ダネ

「ダメなときほど『言葉』 を磨こう」萩本欽一著

「どん底のときには大き な運がたまり、反対に、絶頂のときには不運の種がまかれている」がモットーの 欽ちゃんが、運と「同じくらい大事してきた」という 「言葉」について語ったエ ッセー集。 「プロフェッショナル」 に関する欽ちゃんの考えは 「勝ったときの喜びが短くて、負けたときの悲しみも 短い人」。浮沈の激しいテレビ業界を生き抜いてきた苦労人らしい言葉だが、この「苦労」という字にも、この人らしい異論がある。「だって『苦しみ』『労する』でしょう。せめて『苦しい』を『工夫』の『工』にしたらどうかと思うの。

苦しみに労を費やしたというのでは、あまりにも辛いから。『私は工夫を重ねて、工夫に労を費やしました』と言うほうがカッコいいじゃない」(集英社新書・756)」(同前)

 

008.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可哀想な人 [支え合う社会]

 

 

九州豪雨では、山からの流木がたまり被害が拡大し、その処分法も課題だとされていて、バイオマス発電にできないのかと素人判断で考えていましたが、実現したという。

 

「被災地でバイオマス発電

「事業で地域に貢献」朝倉市杷木

九州豪雨の被災地、朝倉市杷木星丸の協和工業 (山下正勝社長)がバイオマス発電プラントを地元に完成させ29日、竣工式を行った。山下社長 (68)は近くを流れる赤谷川の濁流で自宅を失った。会社も床上浸水する被害を受けたが、プラント完成にこぎつけ「復興ヘ向けて事業で地域に貢献していきたい」と誓う。(以下略)」(2017930日西日本新聞)

 

新聞の投稿欄からです。

 

「(声)「可哀想ぶるな」に息苦しさ 25歳 2017101日朝日新聞

 

 私の両親は、2人とも病気で亡くなった。そう聞くと、大抵の人はどういう反応をするか。

 可哀想だと言う人もいれば、そんな状況と同じ人なんて世界にいっぱいいると言う人もいて、親と不仲で生きているよりも死んでくれた方がいいと言う人もいた。どれも身近な人が放った言葉だ。最近は「親がいないからって可哀想ぶるな」と言われた。

 後者のセリフにはなかなか心をえぐられた。確かに私は両親がいないし、随分寂しい気持ちを抱えてきた。ただ、勝手に可哀想ぶっていると決めつけられるのには腹が立つし、人としての器の小ささを悲しく思う。しかもそういう人に限って両親は健在で、何不自由なく生活している。

 「可哀想ぶるな」と言っていいのは、同じ状況下にある人間だけだと私は思っている。もっとも同じ状況下の人間ならば、そんなことは決して言わないと思うが。

 そういうことを言われると、「両親がいない」こと自体に罪悪感を感じてしまい、何も言えなくなる。そんな社会はとても息がしづらい。」

 

投書に共感しますが、少し気になるのは・・・。「『可哀想ぶるな』と言っていいのは、同じ状況下にある人間だけだと私は思っている」という思いは、分かるようでそこまで構えないといけないのかと思いました。私はてんかんという病気で、職場で倒れることを繰り返しました。それでも、仕事では負けないぞという姿勢が露骨だったと思います。それは簡単に言えば可愛くないです。可愛くないというと誤解されるかもしれませんが、言葉を差し挟む余地をなくします。相互理解を阻むことになったのではないかと思っています。

001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢者だけでなく [支え合う社会]

 

 

 

「高齢者多い街 利用しやすく   60

本紙「テレアラ」に「ヤフオクドームの階段に手すりを付けて」とありました。 最近、その気持ちが分かり始めました。確かに結構、急です。私は早期退職して3年、時間だけはたっぷりあります。福岡に住む娘の所に行った時は、時間つぶしに映画や博多座に行きます。周りを見渡すと、平日は私の年齢以上の高齢者がたくさんいます。娘の休みと試合日程が合

うと、ホークスの野球観戦に行くのも楽しみです。ドームに向かうパスも高齢者でいっぱいです。元気な方がほとんどですが、中には体を支えてもらいながら席に着く方も目にします。 2035年には「3人に1人が高齢者」と の推計も出ていま す。丈夫な私も高齢者の仲間にだんだんと近づいています。ドームに限らず、高齢者が楽しむ場所は高齢者にとって利用しやすく、優しい場所であってほしいと願います。年だけは皆、公平に取っていくものですから・・・」(2017729日西日本新聞)

 

かつてバリアフリーと言われましたが、高齢者・障害者だけでなく誰もが使いやすい施設にするという考え方をユニバーサルデザインといいます。例えば、かつては「障害者用トイレ」と言われていましたが今は「みんなのトイレ」みたいな表示で、赤ちゃんなどのおむつ替えなども想定したものなっています。年を重ねれば病気もします。

 

「まさか白血病乗り越えたぞ  87

毎月の定期健診を怠らず、健康が取りえでした。それが血液のがんというまさかの白血病を宣告され、即入院。抗がん剤投与の治療が始まり、7カ月の闘病生活を経て退院しました。闘病記や覚悟をつづった遺言書を手に感慨にふけっています。87歳、年に不足はないのですが、直前まで運転もして元気だったので、未練もいっぱいでした。 幸いなことに、医学の進歩と素晴らしい医師、優しい看護師さん、熱心なリハビリ療法士、励ましてくれる病友に恵まれ、無事乗り越えました。 711日の本紙都市圏版で子ども向け音楽制作教室を開いた堤秀樹氏のご活躍を見た。白血病も克服できると気を強く持ちました。米寿を迎えようとする私ですら、孫たちと楽しい日々を送っています。白血病と向き合っている多くの皆りさま、どうぞ前向きに、全快を祈ります。」(同前)

 

007.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

動かないものも [支え合う社会]

 

 

「巣立ちに歓声静けさが戻る 55

スズメより大きく、ハトより小さな烏がハナミズキの高い枝に巣を作った。名前を聞くと、ヒヨドリとのこと。雌が巣に入ったまま動かない日々が続いた。 ある日、数羽のひなが誕生した。雌は忙しい。餌をせわしなく、ひなたちに運ぶ。が 巣立ちの日がやって来た。3羽のひなが巣から飛び立った。親鳥2羽が見守っている。建物の窓際に人だかりができた。けなげにひなが高さ5Mの巣からダイブすると、周囲から思わず歓声が上がった。 枝に止まれずに、地面に 落下するひなも。1羽は勇敢にも、枝に止まっていた クマゼミに体当たりした。 狩りのつもりだろうか。し かし、相手が大きすぎた。 セミは青空に向かって飛ん でいった。大騒動の一日が過ぎ、巣は空になった。静かになり、ハナミズキは寂しさに包ま

れている。夏なのに、夏に取り残されたハナミズキ・・・」(2017830日西日本新聞)

 

ヒヨドリの生命力に対する拍手でしょうか。

動かないが生命力があるのが植物です。

 

「植物は、動くことができない。そのため、生息する環境を選ぶことができないのだ。そ の環境が生存や生育に適さないとしても文句を言うこともできないし、逃げることもできな い。その環境を受け入れるしかないのだ。 そして、環境が変えられないとすれば、どうすれば良いのだろうか。環境が変えられない のであれば、環境に合わせて、自分自身が変化するしかない、だから、植物は動物に比べて 「変化する力」が大きいのである。 植物の中でも雑草は可塑性、が大きく、自由自在に変化することができる。この「変化する 力」にとって、もっとも重要なことは何だろうか。それは「変化しないことである」と私は思う。

植物にとって重要なことは、花を咲かせて種子を残すことにある。ここはぶれることはな

い。種子を生産するという目的は明確、だから、目的までの行き方は自由に選ぶことができる。だからこそ雑草は、サイズを変化させたり、ライフサイクルを変化させたり、伸び方も変化させることができるのである。」(『植物はなぜ動かないのか』稲垣栄洋)

 

クローバーと間違われやすい雑草「カタバミ」は武家の家紋に使われることが多いという。カタバミは地味な草なのですがその生命力の強さに家の繁栄を託したのだという。武士の切なる思いが草に光を当てたのではないか。

 

 

 

018.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 支え合う社会 ブログトップ