So-net無料ブログ作成
歴史散歩 ブログトップ
前の10件 | -

中世の遺跡も [歴史散歩]

 

 

地下鉄工事で沈没したところなどを含めて、遺跡の発掘が続けられています。「ブラタモリ」でも紹介されたのは、キャナルシティ博多の近くです。

 

「見えてくる寛容な都市像

中世最大の貿易都市 博多遺跡群発掘40

出土品2000点が国重要文化財に

 

11~16世紀、博多は中世最大の貿易都市として栄えた。 その遺構である博多遺跡群 (福岡市博多区)の発掘調査 が始まって今年でちょうど40年。輸入陶磁器など計約35万 点が出土し、3月には、このうち約2千点が国重要文化財に指定されることが決まった。一連の調査成果から、異文化に寛容な中世博多の都市像が具体的に見えてきた。(略)

中国文化は都市の隅々に 浸透していたようだ。 交易の主な担い手は、博多に住んだ中国・宋の商人「博多綱首」。博多と現在の浙江省寧波を結び、承天寺(博多区) の創建を支援した謝国明のように日本人の妻を持つ者もいた。遺跡群では中国人の名前が底に墨書された陶磁器が多数出土する。荷主を表すと考えられ、交易の窓口・博多ならではの遺物とされる。 古代の迎賓館「鴻臚館」の 廃絶と軌を一にして、都市が 形成された博多。中世の地形は、現在の明治通り周辺を境 に、内陸側の博多浜と海側の息浜(おきのはま)という二つの砂丘に分かれていた。港は博多浜西岸にあったと推定される。船から荷揚げする時に壊れたのか、大量の陶磁器が波打ち際に捨てられた痕跡が見つかった。シンボでは息浜にも港があった可能性が報告された。重文指定品の意義について、文化庁の横須賀倫達文化財調査官は「中世日本の貿易の実態を明らかにし、港湾都市に住んだ人々の生活や生産、経済の具体像を示す」と解説した。

謎もある。12世紀の文献に 「博多津唐房」という言葉が 登場する。現代風に言うとチャイナタワンだ。遺跡群の建物跡に大差がないため、所在地は分かっていない。

調査に携わった福岡市埋蔵文化財センターの大庭康時所長は「宋人は日本風の建物に住んでいたのでは」と想像する。 ただ、中国風の瓦は出土している。近年の研究ではこれらが寧波の土で作られたことや、寧波の瓦と同一の文様のものがあることが分かった。博多津唐房の場所を特定する手掛かりになるかもしれない。 遺跡群が見つかる以前は、 中世博多の研究は文献調査が 中心だった。「文献は社会の 上層部が残したものが多く、 民衆の生活について多くを語らない」と九州大の佐伯弘次教授(日本中世史)は言う。

40年間の発掘調査の意義は大きい。発掘面積は、遺跡全体の1%にも満たない約82万平

方メートルで、中世博多の大部分は地下に眠ったままだが、都市の概観は分かった。今後について、大庭所長は「桟橋など港の具体的な様子はどうか。博多はうどんの発祥地とされる

が、考古学的に裏付けられないか。きめ細やかな成果を出していきたい」と話している。

(野村大輔) 」(2017614日西日本新聞)

 

承天寺など寺が多い地域を御供所町と言い今も地名が残されています。筥崎宮にお供えする供物を用意した地域からきているという。御供所町は今に比べると相当広かったという。

005.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

博多区上呉服町・西門通り界隈 [歴史散歩]

 

 

西日本新聞201686日付の都市圏版に紹介されていました。私が撮影した写真をさがしましたので、うんちくは新聞からです。

聖福寺を北に抜けると寺町が続いています。その角に西門蒲鉾本店があります。人気は「かまドック」だという。1960年代頃まで商店街だったというが、今はその面影はありません。数年前まで手押しポンプが道沿いにありましたが今はどうでしょうか。蒲鉾店を右手に行くと御笠川にかかった西門橋。左手に行くと、昭和初期の町家「吉住家住宅」。トタン張りの妻側が目印です。さらに進むと「将軍地蔵尊」があります。疫病退散のために熊野権現から迎えたものだという。

036.JPG
044.JPG
045.JPG
046.JPG




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思水園とは [歴史散歩]

 

 

自宅から下大利電車駅まで歩くことが多い。途中、JR水城駅の北側に「思水園踏切」と表示されています。当初は、老人ホームでもあるのかとさがしてみたのですが、それらしきものがありません。数年前、水城の西門付近の整備の話が出たときに、庭園らしきものがあったという話を聞いたが、林の中にあるのでどうにもなりません。やがて、公園や遊歩道が整備されて初めて跡地みたいなものを見ましたが、実感はありませんでした。2016526日西日本新聞が詳しく取り上げてくれました。

 

「謎に包まれた史跡庭園

昭和初期に営業今も地名に

地積3万坪

 

7世紀に築かれた国特別史跡「水城跡」。その西端に続く丘陵地周辺(大野城市下大利4丁目)を、地元では 「思水園」と呼ぶ。そこには昭和の初め、茶室や宴会場、 展望台などを備えた庭園があったという。謎に包まれた思水園の全容を解明しようと、同市教育委員会が調査に乗り出している。(江藤俊哉)

 

〈思水園は三町歩(3ヘクタール) に余る大池を抱く地積三万坪 (10ヘクタール)に亘り、松の稚樹の
緑も濃き険しからぬ丘陵起伏し、碧水深く湛ヘ、満山今し山躑躅の赤に照り映ゆる作りなしたかのやうな自然の名庭園―〉。

 昭和3(1928)年の福岡日日新聞に掲載された思水園を紹介する記事の一節だ。 市教委ふるさと文化財課の林潤也係長と現地を訪ねた。一帯は水域土塁が自然丘陵に接続する西端から約百メートルの地点にあり、二つのため池(新池と松尾池)に挟まれた標高48メートルの高台だ。現在は高層マンションが立ち並び、生い茂る木々にも視界が遮られているが、かつては遠く福岡平野を一望できたという。

頂上からは8世紀の望楼跡とみられる遺構が見つかっている。

頂上付近を歩く。草むらに建物の基礎が残り、貯水設備とみられるコンクリートの構造物がぽつんと立つ。斜面を下ると、 新池のほとりに別の建物の基礎かあった。頂上ヘ続く小道の登り口には門柱が残り、かつては「史跡庭園思水園」の表札が付いていたという。

林係長が入手した当時の思水町 園の絵はがきには、高台にビア ホール(展望台)や茶室、宴会場が立ち、池に舟を浮かべて遊んだり、コイ釣りを楽しんだりする写真が写る。林係長は「池の周囲には遊歩道が整備され、あずまやも数棟あったそうです」と話す。(以下略)」

 

雰囲気だけもと思い写真を撮りました。いろんな資料が見つかればいいですね。

009.JPG
008.JPG
013.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さいふまいりの道を歩く [歴史散歩]

 

 

前回、大宰府の大佐野アンダーバスのところまで報告しましたが、今日はその先を歩いてみました。アンダーバスを抜けると葬祭場がありますが、本の『さいふまいりの道』では「田中の森」というのが記されています。どれか特定できませんでした。大宰府市と筑紫野市の境界になっている鷺田川の大佐野側に旧地名の表示があり「田中」とありますのでこの辺だということは確認できました。川に架かる橋が「田中橋」でした。

それから、都府楼大橋に向かって右側にさいふまいりの道はあったとされていますが、それも確認はできませんが、大橋の下の細い道に旧道の雰囲気を感じました。地図によれば旧道の近くになっています。

地名は「通古賀」とあります。普通に読めば「とおりこが」ですが、『さいふまいりの道』によれば「トオノコガ」で統一されていて、バス停もそのように記されています。前掲書によれば「『遠の朝廷(とおのみかど)の支配を受けて、筑前の仕事をした役所(国衙)を『遠の国衙』と言い、国衙が転化して古賀になり『通古賀』になった」という。

 帰りはいつもの散歩の歩数を超えたのでコミュニティ・バスに乗りました。運転手さんが踏切を渡るごとに指差確認していました。私はあまり見ないけど・・・どうでしょうか。

004.JPG
008.JPG
011.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大佐野付近の「さいふまいりの道」 [歴史散歩]

 

 

太宰府詣りの旧道を訪ねる散歩です。通称「5号線」の「大佐野交差点」から「県道板付牛頸筑紫野線」を通ります。『さいふまいりの道』を参照しながら紹介します。

 交差点から都府楼方面に行くと、「大佐野高架下」という表示があり、高速道路とJRの下のアンダーパスになっています。その歩道に入らず、高速道傍の道路を入ります。田んぼの中に農道があり、傍に3本ほどの木があり、道標があります。水路傍の農道がさいふまいりの道だそうです。

007.JPG
011.JPG
016.JPG
017.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

次郎太地蔵見つからず さいまいりの道 [歴史散歩]

 

 

「次郎太地蔵のいわれ

江戸時代のはなしです。都野次郎太(つの)と言う武士が牛頸に住んでいました。八代将軍吉宗の享保の改革の強硬政策に加えて、大飢鍾が襲来し村人たちは困りはてていました。でも年貢は減らされず、全国の農民に大きな不満が広がりました。牛頸村もその例にもれませんでした。そのような困難が村に押し寄せた時、次郎太は、村人を救うため年貢の半免(半減)を黒田の殿様に直訴しました。しかし、それは聞き入れられず次郎太は藩の綻を破った罪で、死罪となり、その亡骸は後にいう次郎太畠に葬られました。
」(『さいふまいりの道』より)

 

偉大な先人にお会いしたかったが、2度尋ねたが同じ場所をぐるぐる回るだけで、それらしきものは見当たりませんでした。人通りもなく尋ねることもできませんでした。

 その帰り道に、牛頸川を渡ろうとしたら「地蔵橋」とあります。案内図によると近くに「六地蔵」というのがあります。平野小学校近くです。そこだとおぼしきところはありましたが断定できませんでした。 『さいふまいりの道』には記載がありませんでしたが、すぐ近くが「底なし沼」として紹介されていました。

市の資料によると「六地蔵」のようですが。

004.JPG
007.JPG
008.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

平田のお大師さん  さいふまいりの道 [歴史散歩]

 

 

大野城市緑ヶ丘4丁目付近に「平田の八重桜とお大師さん」があったという。さいふまいりの道を利用した人たちに役だった「平田の泉」に八重桜があります。泉はなくなっています。自衛隊運転教習所のところにも井戸があったそうです。宅地化などで井戸はつぶれていったようです。でも、そこに住んでいるのですからなんとも言えませんが。

「平田の泉」にあったという「お大師さんと猿田彦」があったが、宅地化されるときに南側の宅地内に移動。道路からお参りできます。『さいふまつりの道』を参照しました。

006.JPG
007.JPG
008.JPG




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イガイ牟田池(底なし沼) さいふまつりの道 [歴史散歩]

 

 

太宰府詣での道のひとつ那珂川から大宰府までの途中、大野城市南ヶ丘の平野小学校入口に池があります。この辺は、農業のために水路を切り開き、池をつくっていった先人の記録があります。だが、この池のことはなにも説明板もありません。なんだろうと思いながら10年余過ぎました。

 池の向かいに自衛隊の自動車教習所があります。この教習所の中に井戸があり、昔はまいりの人たちが喉を潤したという。だが、教習所ができたところで埋め立てられたという。那珂川町の「歴史を学ぶ会」の『さいふまつりの道』は丹念に拾い上げています。

「イガイ牟田とは

牟田は湿地または泥沼の意で、大牟田、八丁牟田など、 九州西北部に多い地名です。牛頚のイガイ牟田は花無尾の丘と、上大利の野添の丘の間にはさまれた谷間で、
現在は溜池になっていますが、流れ込む川もなく、北側は
狭い谷間を通って2町歩ばかりの水田が開けているため、湿地や池になる条件はない筈ですが、今も旱魃の時で も池の中央附近は枯れないと言われます。そこには、湧水
があるものと思われます。

人柱の由来

旧筑紫郡には女性が16才になると、「16参り」といって宝満山の上宮にお参りし、良縁を願う風習がありました。 それに宝満山竃門神社の祭神玉依姫命は、水分の神でありましたので、水を治めるため16才の少女を捧げると いう、伝説を発想したのではないでしょうか。」と説明されています。

さらに

「イガイ牟田池の堤防

池の堤防は水城の堤防と同じ構造になっているという話です。版築工法(はんちく)と呼ばれています。突き固められた土が幾層にも重なってで、きています。明治344月に、自衛隊の車両練習所入口あたりから横峰の丘を越えて、平野神社の正面に向かって、幅18m ほどの曲折した道が新設されました。大正末年頃には、 6mほどの切通しの道が、現在のコミュニティセンター前を通るように造られたため、イガイ牟田池を廻つて花無尾の丘を越える道は利用されなくなりました。」

 

池の傍に重機が入っていて削っていました。堤防の跡ではないかと心配です。

008.JPG
009.JPG
010.JPG

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天狗の鞍掛けの松  さいふまいりの道 [歴史散歩]

 

 

福岡県大野城市南ヶ丘四つ角交差点から平野神社方面に100メートル行ったところ。パチンコ店の傍にあります。なんとなく通り過ぎてしまうほどです。1960年代以降の住宅開発以前は、両側に山が迫り、谷間の道だったと言います。

『さいふまいりの道』によれば、牛頸村にいた天狗の話です。「ある日、馬に乗った武士が牛頸村やってきました。武士がしつらえている馬具を見て、それを欲しいと思ったのか、天狗さんは武士を吹き飛ばし、馬の鞍を取り上げました」そして、その鞍をかけたところから名前の由来になったという。明治時代に、油屋さんが切り倒したとき、伝説を伝えたが、その後、油屋に不幸があり、新しい松を植えたということです。

現在は、市が説明板を設けています。

002.JPG
003.JPG
004.JPG

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 歴史散歩 ブログトップ