So-net無料ブログ作成
障害者福祉 ブログトップ
前の10件 | -

津久井やまゆり園事件から1年 [障害者福祉]

 

 

衝撃的な事件から1年。各地で取り組みがされていますが、大分の情報では次のように記されています。

「昨年7月26日、神奈川県相模原市の障がい者施設「津久井やまゆり園」で入所者19名が亡くなり、職員を含む26名が負傷するという悲惨な事件が起きました。犯人は元施設職員でした。なぜ「意思疎通がとれない人間を安楽死させるべきだ」という思想を持ち、犯行に至ってしまったのか?背景にどのような問題があるのか?二度と起こさないためにどうすればいいのか?――「だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会」と「大分障がいフォーラム実行委員会」は729日、大分市のホルトホールで『相模原事件を考えるシンポジウム』を開催しました。県内各地から約140人の方が参加して意見交換をしました。」

 各地で風化させないための取り組みとしても行われています。

 

 石渡氏は次のように述べています。(「すべての人の社会」2017.10 日本障害者協議会)

 

「津久井やまゆり園事件から1年を経過して

石渡和実 NPO法人日本障害者協議会副代表

(略)

923日、「津久井やまゆり事件を考え続けて、『ともに生きる』の実現をめざす、みんなで交流のつどい」という集会が相模原市で開かれた。主催は、「津久井やまゆり園事件を考え続ける会」 で、東京や神奈川の障害当事者、やまゆり園の家族、支援に携わっている人、議員、マスコミ関係者など、さまざまな立場の人が関わっている。筆者もメンバーの一人で、月I回ほどのベースで率直な意見を闘わしている。 9月の集会では、建て替えについて検討を重ね、82日に報告書を提出した、神奈川県障害者施策審議会の専門部会長である堀江まゆみ氏 (白梅学園大学教授)が、公の場で初めて講演を行なった。

堀江氏は、部会に課せられた検討課題が2つあった、と整理された。1つは、「当事者不在」という言葉に象徴される、本人抜きで議論が進んできた経過を踏まえ、いかにして入所者本人の意思を確認するか、という点である 12回の検討会で も、「意思決定支援」に多くの時間を費やした。(略)

「一人ひとり」の意向に沿った支援を展開することが求められている、と何度も強調された。そのためには、入所施設という1つの選択肢しかない、という状況では意向の尊重などありえない。いかに選択肢を増やすか、についても議論を 重ねた。そこで、2つ目の課題が、県立施設の役割である。家族会の意向として131人全員が津久井の地に帰る、との報道が注目された。これまでと変わらぬ入所施設ではなく、将来を見据えた施設のあり方が論議された。結果として、131人の居住の場は確保するが、津久井と横浜に小規模施設 を分散整備し、グループホームの入居など、多様な選択肢を提案できるよう努めた。少人数の「コテージ」という概念を提唱し、「センター棟」では 日中活動や医療的ケアを提供する。将来は、短期入所や地域移行に向けた体験の場として活用する ことなども示した。こうした検討が続いている中で、横浜で暮らし始めた入所者や家族にも変化が出ているという。 新しい場で体調を崩した入所者も多かったが、一 方で、横浜ならではのMM21 (みなとみらい)や 金沢シーパラダイスへの外出、家族と過ごす機会 が増え、本人にも家族にも変化が芽生えている。グループホームを見学したり、体験入居を考える 家族も増えつつあるという。 本人を中心に、さまざまな立場の人が意見を交換し、本人の思いに沿った支援の形を実現したい この事件を悲劇に終らせるのではなく、前へ進む 力を生み出したい。そのために、「続ける」ことが 大切である。そうした関係者の前向きの姿勢が、 確実に地域を変えつつある。」

 

支援の在り方が「ひとりひとりの意向」に沿ったものになっているかという問いへと深まっています。事件からの教訓としては優生思想が背景にありますが、具体的な突破口としての模索に注目していきたいと思います。

 

002.JPG

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

介護・障害者支援現場の処遇改善も [障害者福祉]

 

 

障害者施設で働く人について報道されるのは虐待があったときなどで、どのように働いているかということはほとんど知られていないと思います。ある調査によると年収300万未満が6割を占めていて、やりがいはあるが、長く勤められるかは分からないという人が多い。報酬は細かく決められ1日単位の利用者援助で決められます。もともと少ない職員なのに膨大な事務量です。障害者との話や職員同士の意見交換などに時間をとるべきなのに、事務に時間をとられています。今、介護保険と障害者施設の報酬の見直しがされていますが、改善の見込みは薄いです。次のような声もありますが、処遇改善はまったなしです。

                  

「(声)介護現場の処遇改善だけでなく 19歳 20171020日朝日新聞

 

 衆院選で各政党が介護スタッフの処遇の見直しを政策に掲げている。介護スタッフ不足の現状や、高齢者が総人口の3割近くを占め、需要が今後も増えることを考えるとこのような政策を掲げるのはごく普通だと思う。しかし、これだけが解決策だとは思わない。

 現在、高齢者の一人暮らしの人が家や部屋を借りられないという問題が起きている。なぜなら孤独死があった部屋は「事故物件」とされ、「次の借り手が見つかりにくい」と大家が貸したがらないからだ。その結果、施設で暮らす選択になることも介護スタッフの不足につながっていると思う。

 そのような状況の中、65歳以上の高齢者向け賃貸物件を積極的に扱っている不動産会社があることを知った。一人暮らし高齢者が物件を借りられるよう大家に交渉してくれたり、見守り機器を普及させたりしている。

 私は大学で「違った視点から物事を見る」ということを学んだ。各政党は、介護スタッフの処遇の見直しだけでなく、高齢者が一人でも暮らしやすい賃貸住宅の確保に努力する不動産会社や、見守り機器を開発する企業の支援にも力を入れて欲しい。」

015.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「いのち」の意味 [障害者福祉]

 

 

 

「だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会」の機関誌で相模原事件を考えるシンポジウムを振り返って徳田氏は次のように述べています。(一部引用)

 

「言わせちょくれ⑲再び「相模原事件」を考える  別府市 徳田靖之

当日にもお話したのですが、この事件を考えるにあたって大切なことは「いのちの選別」を許してはならないということです。「いのち」は、それ自体として尊重されるべきであり、「いのち」には意味のある「いのち」と意味のない「いのち」などないのだということです。

この「いのちの選別」という考え方は、私たちの社会に実に根深く浸透しています。

こうした考え方の起源となったのは、ナチスが最大限に利用したことで知られる優生思想ですが、このような選別の理由には、二つの流れがあります。

一つは、世の中に役に立つかどうかというものさしで、「いのち」の価値を図ろうとする考え方です。世の中の役に立たない「いのち」、周囲や社会に迷惑をかけるだけの「いのち」に何の意味があるのかという考え方です。こうした考え方が、どれほど多くの障がいのある人たちの生命を奪ってきたことか。これはナチスだけでなく、例えば、私たちが「だれもが安心して暮らせる大分県づくり条例」に取組み始めた時に実施したアンケート調査でも、精神障がいのある方から「お前のような世の中に役に立たない奴は死ねと父親から言われたことがずっとトラウマになって今日まで生きてきた」という声が寄せられました。私たちが進めている条例づくりの運動は、まさしく、こうした「いのちの選別」を絶対許さないとい

うものでなければなりません。「いのちの選別」を正当化するもう一つの流れは、「選別」することが、その人のためだ、あまりに可哀想だからとして「いのち」を奪うというものです

このような考え方が正当化された事例として、歴史的には、サリドマイド事件の被害児を母親が殺害した事件やハンセン病患者の子を強制的に中絶した事件がありますし、最近に至るまで繰りかえされている、重度の障がいのある子を殺してしまうという事件において、母親たちがそうした行為に及ぶ決定的な動機の一つともなっています。

私はこの「その人のためだ」とか、生きていくことは、大変な苦難を背負うことになるから「可哀想だ」といった考え方に、私たちが断固として立ち向かう必要があると強く感じています。何人にも、その人の人生が、意味があるかないかを決める権限はありません。

「いのち」即ち生きるということ自体を絶対的に、無条件に肯定することなくして、誰もが安心して暮らせる社会をつくることはできないと思うからです。(以下略)」

 

繰り返し指摘される「いのち」の意味ですが、それでも、虐待・心中・ネットによる犯人擁護の声はこの国の奥底にある「障がい者は不幸な存在」とする考えが強いのだと思う。それは、昨今の憲法軽視の風潮と無縁ではないように思われます。

「戦後、日本国憲法が施行されたことは日本において民主主義に基づく新しい国家の基盤が形成されたことを意味した。日本国憲法には,第二次大戦以前から社会の底流に存在し求められながらも抑圧されてきた国民主権,基本的人権の尊重,平和主義がうたわれた。またこれにより,恩恵的な土壌のなかでの社会事業が社会的責任,人権,民主主義 ,平和思想、に基づく社会福祉へと前進した。」(『生活支援の社会福祉』)

 

たが、戦後の蓄積が崩壊しかねない状況にあるのではないか。

004.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お年よりも、障害者も [障害者福祉]

 

 

新聞のコラムからです。老いは確実にやってきます。

 

「 春秋

 〈温かく迎えてくれるは便座のみ〉(53歳女性)-。今日は「敬老の日」。公益社団法人全国有料老人ホーム協会が選定しているおなじみの「シルバー川柳」から、今年の入選作を

▼〈字を忘れ考えてるうち文忘れ〉(93歳男性)。いえいえ、少し思い出せなくなっただけでは。〈物忘れ知識を少し捨てただけ〉(70歳男性)と前向きに。けれども〈通帳に暗証番号書いている〉(75歳男性)のはいけません

▼お年は召されても流行には遅れずに。〈ポケモンを捜し歩いて捜されて〉(76歳男性)〈iPad指舐(な)めスライド孫怒る〉(57歳女性)はまだほほ笑ましく。〈「君の名は?」老人会でも流行語〉(62歳女性)はちょっとブラック

▼この世代は女性パワーが全開。〈遺言書「すべて妻に」と妻の文字〉(59歳女性)〈付いて来い言った家内に付いて行く〉(83歳男性)。果ては〈ペットロス主人の時より号泣し〉(76歳女性)。世の男性も泣いてます

▼人前では弱みを見せないのもこの年代。普段は無理なことも要介護認定の判定時には頑張ってしまい、低いランクになることも。〈できますと家族を泣かす認定日〉(53歳男性)

▼足腰も弱りました。〈ルンバさえ越えてる段に足とられ〉(58歳女性)たり、〈石段の下から拝む寺参り〉(83歳男性)だったり。それでもむつまじく〈手をつなぎ互いの杖(つえ)となるあした〉(63歳女性)でありたいものです。=2017/09/18付 西日本新聞朝刊」

 

安売りのルンバを仕入れました。ルンバは勢いよく超えていきます。あれよりも足が上がっていないとは・・。

 

新聞の投稿欄からです。

 

「友生き生きと障がい者就労   36

私の親友が障がい者就労支援を利用して飲食店ヘ就職した。今年6月、そこに親友の彼氏とお昼を食べに行った親友はとても生き生きと働いていた。彼もうれしそうだつた。お店はごく普通のチャンボンなどを出す食堂。近年、 障がい者の雇用が広がっている。中でも、精神に障が いのある人の受け皿が増えている。うつ病や統合失調症などの人を積極的に受け入れる企業が増え、うれしい。私の住む市にも、雇用契約を結んで利用するA型事業所」もできた。そこで働き始めた人もいる。私もバイトをしている。精神的な病気を患うまで、

働くことに不安はなかったが、病気になってから働くとなると苦労も多い。でも、私も親友のように笑顔で働きたい。何よりもっと障がい者への雇用と理解が深まってほしいと願う。」

2017102日西日本新聞)

 

A型事業所」では、最近解雇される障害者が多数いたことが問題になりました。良く機能すれば障害者雇用につながります。障害者のことを考えたものであって欲しい。

005.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家族に頼らざるを得ないのか [障害者福祉]

 

 

「(声)命あってこそ、必ずよいことが  61歳 2017925日朝日新聞

 

 私は小学校低学年の時に、薬の副作用で難聴となり、卒業する頃にはほとんど聞こえなくなった。中学校からは補聴器を使ったがあまり効果がなく、聞こえないからどうしても動作が遅くなる。先生に呼ばれても返事が出来ない。勉強にもついていけなかった。すぐにいじめの対象になり、バイキン呼ばわりされた。

 歯を食いしばり「負けないぞ」と思っていたが、一度だけ泣きながら、「お母さん、死にたい」と言った。「ダメ! 死んだって誰も責任取らないよ。それよりも、希望を持って生き抜こう」という母の一言で生き返る思いがした。

 希望を捨てずに生きてきてよかった。家族もできた。多くの友とも出会えた。

 いじめられているあなた。命あってこそです。よいことは必ずあります。」

 

母の強さに救われたのかもしれません。ですが、母も迷うことが・・・。

24日のNHKスペシャル「亜由未が教えてくれたこと ~障害者の妹を撮る~」は常時介護が必要な妹を、相模原事件の被告が「障害者は不幸を作ることしかできない」という言葉に反発した兄が、30日間介護に参加して見えてきた実像を描いていました。障害者施策の推進をと願いつつ、親なき後はきょうだいに頼らざるを得ない現実に慟哭する姿が切なかった。この国の政治がこの現実に向き合ってくれることを願う。

012.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見守り福祉 [障害者福祉]

 

 

新聞の投稿欄からです。

 

「新聞投稿同志彼岸から声援 72

久しぶりの「こだま」掲載。小さな努力が報われ、 胸をなでおろした。そして、すぐにちょっとばかり気落ちした。というのも掲載後、すぐに批評と激励のはがきをくださる方が今春、亡くれなられたからだ。その方は文章がうまく、 いろいろな機関誌にも投稿されていた。難しい法律や憲法も、私でも納得のいくようにつづっておられた。一方では、若かりしころの同窓会の話を面白おかしく披露されていたこともある。新聞でその名前を見つけると、自分のことのようにうれしくなった。もう私の文章を読んでもらえない。はがきが来ることもない。残念で仕方ない。でも、彼岸から声が掛かっている気がする。これからも少しずつ頑張っていこう。」(2017817日西日本新聞)

 

先日の「ハートネットTV」ではコロニーと呼ばれるいくつかの入所施設が集合する国立施設が紹介されました。建設時は理想の施設として歓迎されたという。番組のホームページでは次のように説明されています。

 

「日本の施設福祉の象徴と言われる、国内唯一の国立の知的障害者入所施設「のぞみの園」。群馬県高崎市の市街地を見下ろす観音山の上の広大な敷地に、北海道から鹿児島まで全国から集められた重度知的障害のある人たち約200名が暮らしています。重い障害を理由に地域社会には居られないとして、故郷から遠く離れた山の上に来たのが半世紀前、20代のとき。いま、平均年齢65才、最高齢92才と高齢化が進み認知症なども患う中で最後の時を過ごしています。のぞみの園はもともと、障害者が集団で暮らし理想的な“社会”を作る「コロニー」として計画された場所でした。」

 

地域で暮らすことが目標になっている現在とは異なりますが、職員の見守りと本人たちが望んで来たところではないという言葉が重たい。

 

「受け身でない 見守り福祉を  69

若いころ、特別支援学級の担当をしたことがきっかけで、知的障がい者の会をつくり、今年で35年となる。親も子も高齢化し、難しい問題を抱えながらも、たくましく成長する姿には、感動さえ覚える。 障がい者問題は、制度上は整備されたように見えるが、放置された問題が数多くあり、私も退職後はその対応に当たっている。事業所を変えたことで賃金が大幅アップした例もあれば、虐待防止法に触れる扱い、高齢保護者の福祉機関への連絡、事業所の配慮のない対応、近隣の差別、偏見・・・とさまざま。一番の課題は居住地域での見守りだ。私も民生委員を2期務めたが、高齢者問題が中心を占めているのが現状だ。まずは地元の地域に足を運び、障がい者とのをつながりをつくることが必要である。福祉相談が単なる「調査」や連絡を待つ受け身ではなく、「見つける」という観点で進めれば「見守り」ももっと深化することだろう。」(同前

 

017.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

重度は作られる? [障害者福祉]

 

 

精神障害者、知的障害者の地域移行は言われるが遅々として進みません。精神障害者の場合は医療機関が介在するために相当遅れているのかもしれません。スウェーデンの例が下記に記されていますが、自傷他害がある場合は特別の措置をとっているというのですから、日本と比べての差は実態として大きなものではないかもしれません。まずは、住む場と日中活動の場を新たに作っていけば、入所施設から地域に移行するのはそんなに大変なことでしょうか。政策的な決断の力さえあれば変わりうるのではないか。

 

「スウェーデンの福祉関係者は、「重度」の人はスウェーデンにはいないという。そうは言っても一定数はいるのではないかと聞くと、「日本から来た人はみんなそう言う」と言われる。自己決定と独立を保障するケアを十分にし、すべての人の「固有のニーズ」を満たせば、すべての人に尊厳に値する生活が保障でき、「重度」というレッテルを貼る必要はない。ということである。ただし、ひとつだけ残された問題があり、それは自傷他害のおそれのある場合である。 その人たちだけは、別の建物、別の部屋、別のケアの仕方をしている。他方でスウェーデンのそうした状況の背景に、「重度の人」は生まれる前に人工妊娠中絶によって排除されているのではないか、比較的条件が緩やかなので、その懸念も拭いきれない。

相模原事件を契機に、日本でも出生前診断、中絶、さらには尊厳死問題をあらためて議論する 必要があるのだが、そういう問題がありつつも、生まれ出た人に対しては、十分なケアをしていけば、容疑者が言ったような「重度の障害者は社会の役に立たない」というようなことはなくなるだろう。私たちもそういう社会を目指すことは可能である。}(『生きたかった』)

013.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笑顔に会いに [障害者福祉]

 

 

「仲畑流・万能川柳 毎日新聞2017810日 東京朝刊

☆印は秀逸(仲畑貴志選)

☆タコ壺に照れくさそうにイカがおり 白石 よねづ徹夜

働けと言う妻帰れと言う会社 奈良 すいかまん

水難の相が当たったにわか雨 静岡 石垣いちご

保守というよりぬるま湯が好きなだけ 福岡 龍川龍三 (以下略)」

 

働く障害者です。働くことでも変化しているのでしょうか。

 

「(ひととき)君の笑顔に会いに  2017810日朝日新聞

 

 私たちがよく利用する地域センターのレストランには、障害のある若者数人が働いています。みな生き生きと明るく、いつも「いらっしゃいませ」と迎えてくれます。その中の一人、I君はダウン症です。

彼がポイントカードにはんこを押している時、話しかけるのはご法度です。今の仕事に集中しているからです。

水の入ったコップをお盆にたくさん載せて運んで来た時、「全部そこに置いて。まわすから」と言うと彼は拒否します。お客一人ひとりに水を配るのは彼の仕事だからです。

あるとき誰かが「お兄さん!」とよびかけました。彼は腰に下げた名札を掲げて、「お兄さんじゃありません」と言い、名前を伝えました。お客にこびない、まっとうな言い分です。

彼の姿が見えないと、私たちは気になって「I君、今日は休み?」と尋ねます。彼の笑顔が見られないと、何か忘れ物をした気分になります。

 I君と一緒に働く仲間たちにも、おのおのの個性と魅力があるのでしょう。触れ合うことでお互いに理解が深まり、ごく自然なつきあいができるようになるのだと思います。 (東京都杉並区 79歳)」

009.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

負担感が強ければ [障害者福祉]

 

 

障害児の家族が負担感が強ければ、偏見をなくすということもなかなか難しいように思います。

 

障害児への偏見のない社会を(記者の一言)後藤一也201756日朝日新聞

   

  連載で紹介した女性(33)の自宅には、長男(6)が新生児のときに関わりのあった医療スタッフが、県外からも訪れています。たくさんの人が長男に愛情を注いでくれるようです。「人間らしく生きるとはこういうことなんですね」。彼女はしみじみと言いました。人との深いつながりのかけがえのなさを、長男を通じて改めて学んだそうです。

 

  医療的ケア児(5:情報編)在宅ケア支える仕組み課題

  患者を生きる はこちらから

 

 ただ、障害のある子どもへの周囲の理解のなさを痛いほど感じる時もあります。「そんな状態でまだ生きられるんだ」。長男が1歳ぐらいの時、女性は友人からこう言われました。とてもショックだったそうです。今も長男を連れて外出する勇気はありません。病院ですら、見知らぬ患者らが長男をジロジロ見てくることに、耐えられない気持ちになるそうです。

 障害者福祉に詳しい大阪体育大の大谷悟・元教授(66)は「障害のある子は特別支援学校に通うなど、社会と分離されている。障害への理解を深めて、安心して地域で暮らせる社会を目指していかなければならない」と指摘します。

 

 親の孤立と孤独感は、精神面に加え、長男のケアに四六時中追われる状況も影響しています。

 取材で女性が涙ながらに口にした言葉が忘れられません。「仕事もできなければ、好きなときに外出できるわけでもない。もう一度、社会復帰したい気持ちもあります」

 数時間に一度たんを吸引しないと子どもが死に至ることもあるため、家に閉じこもって、子どもにつきっきり。医療的ケア児でも、特に重度の子どもを持つ親の現状です。厚労省研究班が、埼玉県の医療的ケア児を調べたところ、6割が自力での移動、言語理解がともにできない重症心身障害児でした。レスパイトなどの制度があるとはいえ親の負担を社会全体でどう軽くしていくかが課題です。(以下略)」

 

まだ、施策が始まったばかりだと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「はだかのいのち」 [障害者福祉]

 

 

時季外れになりましたが・・・。

 

「元気ダネ

山菜やタケノコ、魚のサワラ など、春に旬を迎える食材はたくさんあります。それらをおいしく味わうには、歯が健康でなければなりません。しかし病気やけがのため、歯科への通院が困難で、虫歯や歯周病を放置しているという高齢者は少なくありません。2005年 の厚生労働省の調査では、65歳 以上の高齢者で歯科ヘ通う人の 割合は70~74歳がピークで、それ以上の年齢層は急減します。 そんな人たちに利用してもらいたいのが、訪問歯科診療です。 歯科医師や歯科衛生士が機材持参で虫歯などの治療をしに来て くれる往診サービスです。医療 保険や介護保険が適用されるた、安心して使えます。 利用できるのは自宅から半径 16キロ以内の歯科医院なので、地 元の歯科医師会に問い合わせて みるとよいでしょう。 訪問歯科診療を利用して、旬 の食材をおいしくいただきまし ょう。」(2017511日西日本新聞)

 

命には死が内包されているという事実に気づいていなかったり、避けたりする傾向がありますが、病弱だった私は幼いころから2度死にかけたと言われてきたので、内包というより「そういうものだ」という実感があり、内包というものとも少し違っていました。

 

「死を見つめて生きる 二ノ坂保喜先生

「はだかのいのちが」が引き出す力

生まれたときから障害がああ 水野ひかりさん(23)との出会いを機に始まった地域生活ケアセンター「小さなたね」。私のクリニックで、重度の障害がある 子どもたちを成人後も支える活 動を行っています。 重度障害児者と呼ばれる彼らは、周りの支援がなければ食事も排せつも入浴もできません。 家族、特に母親の日々の介護負担は大きく、日中預かることで、 少しでも負担を軽くしたいとの趣旨です。重度障害児者とその家族が地域の人たちと出会い、交流する中で、地域コミュニティーの思いやりを育む契機にする目的もあります。誕生から6年。全国各地の仲間たちとつながりながら活動を続け、文字通り、小さなたねが芽を出してきました。

センター所長は、ひかりさんの父、水野英尚さん(49)です。水野さんは「はだかのいのち」についてよく語ります。私たちは、生まれてから直線的に死に向かって生き、病気や障害、加齢によって死に近づいていくと考えてい ますが、水野さんは「命には元々 死が内包されている。死を内包した命を、体力やさまざまな能力が包み込んで守っている」と 言います。 障害がある子どもたちはこの 守る力が弱く、いわば命がその ままさらされている「はだかのいのち」だと捉えます。そして、はだかのいのちからの働き掛けが、私たちのケアの力を引き出すのではないか、と考えています。(以下略) (にのさかクリニック院長、福岡市)」(同前)

027.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 障害者福祉 ブログトップ