So-net無料ブログ作成

開放的な作業所に [作業所]

 

 

「(声)開放的な福祉作業所守って  30歳 2017222日朝日新聞

 

 私は今、知的障害者の福祉作業所で働いています。去年、相模原市の施設で悲しく残こくな事件がおこってしまいました。その事件の影響をうけて、様々な施設で、施設開放のイベントが中止になったり、ボランティアさんの受け入れをしなくなってしまったりしております。

 私の通っている作業所では幸い、まだそのようなことにはなっていませんが、ニュースを聞いて、不安な気もちになっている仲間も数多くいます。

 私の作業所でも、他の施設でも、私たちのような人が、障害のない人と同様に地域で普通にくらせるように、はたらいています。そのように所長さんや職員の皆様が一生懸命つとめてきてくれました。その方々には感謝しきれないほど、私たちは感謝しています。

 私は、日本中の作業所、施設がみんな開放的で明るくなれば良いのになあ、と思っています。

 なのにこのような事件で昔のような閉さ的な場所にもどってしまったら、職員さんや、所長さんたちの努力が、ムダになってしまったみたいで、とても悲しく思います。」

     

事件後、政府は防犯対策を求め、警察も防犯の徹底を施設に要請しました。それだけでしたので、多くのところが悩みながらも、イベントを中止したりしたと思います。なぜか。政府は事件を非難したが、国民にこうした言動との闘いを呼びかけはしなかった。19人もの大量殺人事件なのに・・・。そのことも施設側の意識を萎縮させたのではないか。それだけではないかもしれませんが、そんなことを思ったりしたものでした。

007.JPG

バレンタイン商品 [作業所]

Scan.jpg
クリックすると拡大します

福祉の現場は [作業所]

 

 

TOMO2017年1月号では、漫画家の山本おさむ氏とのインタビューを掲載しています。相模原の障害者施設での事件の背景について、その一部を引用します。

 

「もうひとつ気になるのは、今回の事件の前に、川崎市の高齢者施設で入居者3名を突き落とすといった事件などもありました。福祉の分野で、昔は障害者の施設もそうですけど、運動の志のある人たちが、実践を積み重ねて、理念を積み上げて、さらに後任に対する教育を重ねて理念のもとに各地に作業所を立ち上げたので、理念を間違える職員っていうのは、ちょっと考えにくかったんです。
ところが、以前たまたまある居酒屋で、隣に座った若い人と話をすることになって、その人は高齢者の施設で働いている職員の方でしたが、その方が言うには、「毎日毎日お年寄りの世話をしているけど、ああいう風になったら生きている価値がないと思う」って平
気で言うんですよ。で、僕はちょっと、びっくりしたんですけど あれは生きている価値はないと思います」って言うんですよ。
福祉が商業化されて、高齢者施設 でもなんでも普通のビジネスとしてやる形態が出てくると、理念抜きでビジネスが成立するっていうのでしょうかね。近年の福祉理策のなかで、理念を教育されていない職員が、存在してきているんじゃないかと思うんですよ。教育もしないでコンビニのアルバイトと同じような感覚で入ってきて、利用者の支援をやらせてる。」

 

かつては志のある人たちが無認可作業所で頑張ってきたので、彼らは収入がないか、低くても、あるべき姿を求めて活動してきたと思います。ですが、広げていくためには一定の収入が求められ、認可施設に移行していきました。すると、さらに収入を確保するために最少人間で運営しています。報酬が足りなければ土曜日開所などをしているところもあります。理念や援助の哲学などを共有する余裕がないままに、職員の確保もままならないまま、日々追われているのだと思います。今、放課後デイや就労継続A型の見直しが検討されています。それは、民間企業が参入してきて、いろいろと問題が指摘されています。利用する側も、A型であれば給料が高いのでそこを希望します。介護保険でも同じなのでしょうが、福祉が利潤を得る場になっているのです。それは政策的誘導の結果ではないでしようか。

018.JPG

事業所だけの責任か [作業所]

 

 

 

「障害者雇用報酬『食い物』に」(2015118日西日本新聞)としてA型事業所

の責任を問うています。

A型事業所

一般企業ヘの就職は難しいが、パソコン操作や清掃など一定の就労が可能な障害者と雇用契約を結ぶ就労継続支援事業所。障害者自立支援法で2006 年度に位置付けられ、県などに事業計画書を提出して指定されると公的補助が受けられる。14年度で全国に約2400カ所。障害者側にとっては、雇用契約を結ぶことで最低賃金が保障され、職業訓練の場にもなる。障害が重い人向けに雇用契約を結ばない、「B型」もある。」(同前)。最低賃金の適用除外という方法も一部適用されます。

「もうかる仕組み」とされているのは

 

「■差益 月100万円

 

働かせなくても経営が成り立つ―。その仕組みを、福岡県内にあるA型事業所の経営者はこう解説する。まず収入面。障害者を雇用して国などから得る報酬1人当たり1日約550

0円で、仮に20人を週休2 日で受け入れると月約240万円が手に入る。別途、特定求職者雇用開発助成金 (特開金)1人当たり約3万円(雇用が2年継続の場合)20人で約60万円。 合わせて月に最大約300万円が入ってくる。支出はどうか。時給75 0円で14時間働かせても、20人で月に約130万円。家賃などの運営経費を差し引いても「月100万円近くは余る」と、この経営者は打ち明ける。請け負った仕事で収益を得て給与に回すのが本来の姿だが、仕事を探そうとしない事業者側は「働かせない方が経営にプラスになる」というのだ。」

 

制度しては福祉サービスとしての報酬と障害者雇用した場合の助成金と労働行政からの助成金が入ります。このことが参加意欲を高めたと思います。なんとしてでも障害者雇用を進めているという姿勢を見せたい、福祉予算の増大を抑制したい厚生労働省・財務省の思惑で制度化されたのではないかと思われます。公的補助を二つ入れたことで意欲は高まったが、利益目当ての参入は予測されたことでありました。もちろん、真面目に取り組んでいる事業所が多いとは思いますが・・・。

 

「不適正な例として①最低賃金を払える仕事を確保できていない②長く働ける利用者がいるのに労働時間が短い③特開金の支給が2年で終わると退所させる―を明示した。10月からは制度を見直し、労働時間が極端に短い事業所の報酬を引き下げることにした。

通知を受け、福岡県障害者福祉課は「多くは適切に運営されているが、不適切な事業所は低賃金の上、障害者のキャリアアップにもつながらない。是正指導を徹底したい」としている。(竹次稔)

 

報酬と助成金でまかなえるので仕事を敢えて確保しない。だから、長く働くと支出が増えて事業所の収益減になるので短時間労働にしている。助成金が切れる2年でやめさせるなど、制度の趣旨とは異なる手法が取りやすいことも原因だと思われます。制度設計に問題なかったのか、審査を厳しくするだけで解決するのか、・・・

 

043.JPG

作業所見学・金澤翔子・金子みすゞ展など [作業所]

 

 

12日は、朝、てんかん協会のメンバーで、4月に完成した「風ひかり作業所」を見学。ここは、てんかんの人たちの作業所として出発したあかり作業所ともうひとつの作業所が統合し、移転したものです。職員の方に案内してもらいました。日曜日なのでお休みでしたが、金曜日の「ファミリーヒストリ―鳥郷俊太郎」にも出ていた人がいらっしゃいました。いろいろと工夫された施設で、羨ましいかぎりでした。

 午後からはてんかんの医療相談会。大分県境からの参加もありました。講師は黒川先生。

中座して金澤翔子・金子みすゞ展に行きました。書家の金澤氏はダウン症の方としても取り上げられますが、きちっと見たのは初めてです。会場では障害者施設の販売もあり、私どもの作業所も出ていましたので、水ようかんなどを買いました。

 金子みすゞの詩も、よく読めば怖いほどの現実が語られています。金澤氏のことは、よく分かりませんが、文字よりも、文字のない空間のきちんとしたというか、計算したかのような空白がとても印象に残りました。文字としては、「星」が絵文字風に書かれています。

そんなことを含めて堪能しました。

入場料では障害者割引・65歳以上の割引がありましたので利用しました。

023.JPG

私にはよく分からなかった [作業所]

 

 

先の地方選挙で聴覚障害者の議員が誕生した。手話通訳などの配置が進んでいます。ある議会で喉頭がんのために発声が困難な人の発言を制限するということがありましたが、今後は、新聞記事にならないですむぐらい当たり前のことになってもらいたい。

 

「(声)手話に学ぶ相手よく見る大切さ 66歳 2015526日朝日新聞

 

 4月から週1回、手話講座に通っています。ろう者の友人と、より深いコミュニケーションができれば、と思ったからです。講師は聴覚障がいのある青年。幼いころの病気が原因とか。でも、野球が得意のスポーツマンで、ユーモアあふれる、笑いが絶えない講座です。

 何より大切なのは、相手のしぐさ、表情をしっかり見ること。日々の暮らしの中で、これほど真剣に相手を見つめることはあまりないかもしれません。手話は「伝えよう」「読み取ろう」という互いの心が響き合って初めて成り立ちます。共感性を育む一助にもなりそうです。

 講座の参加者は皆、健聴者です。手話習得の動機はさまざまでしょうが、教室には若い人たちの姿も少なくありません。真剣に学ぼうとする彼らの表情にふれると、ちょっと大げさですが、日本の未来に希望を感じます。」

  

次の投稿にはどう考えてよいのかは分かりませんでした。

 

「障害ある子ヘ 母立ち向かう  61

 

今日は福祉施設を訪問する日だ。その施設は福岡県大牟田市郊外の小高い山の頂にあった。職員の方に施設内の作業所を案内してもらった。
そこでは、障がい者たちがい古い電気器具の分解作業をしていた。皆さん、一生懸命に取り組んでいる。突然、大柄な青年が大声を上げて立ち上がった。すぐに小柄で痩せた女性職員が止めに入ったが、あっという間に、はじき飛ばされてしまった。
ところが、驚いたことに、
その女性職員は青年に立ち向かっていき、青年の胸ぐらを右手でわしづかみにした。その毅然とした態度に、私は目を見張った。後で分かったことだが、小柄な女性職員は大声を出した青年のお母さんだった。そのことを聞かされたとき、胸がいっぱいになり、涙がこみ上げてきた。

お母さんはきっと、人には言えないようなつらい思いをして、障がいのある子どもさんを育ててきたに違いない。自分の子どもが人に迷惑をかけないように、必死の思いで止めに入ったのだ。その美しい光景を誰かに伝えたくて、筆を執った次第である。」(2015525日西日本新聞)

 

感動されたことに何も言うことはありませんが、親が職員だったことと、親としての対応と職員としての対応が同じものになるのかと言うことが判断できませんでした。この投稿の範囲では分からないことですが

①かつての作業所では、市の補助金が少ないために職員を雇用できずに親が代行していました。そういうことが続いているのかどうか。

②親としては対応に問題はないのでしょうが、作業所職員の場合も同じ対応で良いのか。親の場合は、どうしても親の視点になってしまうが、働く場にも親の目で対応して良いのか。

 

そんなことを思いましたが、親としての姿に何も異存をさしはさむ気持ちは毛頭ありませんが。

 

034.JPG

顔を拝見しました [作業所]

 

 

 

「憂楽帳:「元気」の接点  毎日新聞 20150115日 西部夕刊

 

 パソコンのサポート会社に勤めていた中村伊久夫さん(38)は、10年前結婚を機に主夫業に入った。何か福祉に関われないかという思いを温めていたが、それを実行に移したのは主夫業7年目のこと。障害者が作った作品や小物を全国から集め、ネットで売り出したのだ。門司港に店も構えた。

その中村さんが請われて、北九州市小倉北区京町の「一丁目の元気」で働くことになった。障害者施設や小規模事業所で作られたスイーツ、アートや雑貨を展示販売するアンテナショップだ。来月には店長を任される。多くの人を店に呼び込みたい。そのために新商品を計画している。各施設の良質な製品を組み合わせ、ニーズに合わせたギフトを生み出すのだ。21日から福岡三越で行われる「まごころ製品」販売会にも出展する。店に来て商品を買った人、買わなかった人の感想を聞きたいという。何が求められているかを知り、作り手側に伝えるためだ。

 「人と人の接点を増やすのが仕事で、そのために何ができるかを考えています」。力んではいない。むしろ淡々とした口調に、かえって思いの強さが感じられた。【隈田高文】」

017.JPG

 

 今年も開かれて会場に行きました。入り口に「一丁目の元気」の店があり、そこに中村さんのネームカードをつけた背の高い人がいました。昨年も同じイベントがあり、昨年は期間中に2000万円ほどの売り上げがあったそうです。


「まごころ製品」販売会に行ってみた [作業所]

 

 

福岡県が指定している「まごころ製品」という障害者施設の大規模な販売会が昨年から福岡三越で開かれるようになりました。都心の便利な人が集まるところなので期待されますが、そんなことを感じさせる場面に出会いました。

 1階のエレベーターホールで待っていると、子連れの女性が二人の会話。「どうせ買うなら障害者製品にしたら・・・」だが、連れは渋っているようです。「気に食わなければ買わなければいいし、どうせ買うのなら協力したい」という会話です。やはり製品で勝負しないといけないが、こうした人たちが寄ってみようということになるのは、開催場所の利点でしょう。25日まで

834b13f00133e42f49793d4d5360e921.jpg
015.JPG
019.JPG

 会場に入れば多くのお客さんです。売り上げはどうでしょうか。 今後も続くといいですね。