So-net無料ブログ作成

基肄城を知っていますか [歴史]

 

 

読みは「きいじょう」で、佐賀県基山町と福岡県筑紫野市にまたがる古代の朝鮮式山城です。今年は築造1350年として、福岡県の大野城と合わせて記念事業が行われており、講演会で基肄城の話を聞きました。

基山は「きやま」といい基肄城のある山を基山を「きざん」と呼ぶのだそうです。大野城を含めて、国の特別史跡なのですが、作られた経過は今までは、663年、朝鮮の白村江で百済再興を支援していた倭国(日本)が唐・新羅の連合軍に惨敗したため、大宰府防衛のために、百済からの亡命者の指導の下に山城や水城などの防衛施設を築造したというのが定説です。最近、それに対して、大宰府の防衛施設として作られたが外敵との関係ではないとする説が注目されています。

 昔、草スキーに基山に行ったことがありますが、史跡のことは知らなかったので見逃しています。

 話を聞いていると、解明されていないことが多いのと、観光施設としての整備もほとんどされていないように感じました。人が増えれば、史跡が荒らされる可能性は高いですが、

今のままではアクセスもよくないですね。

 10月3日「第5回古代山城サミット」のシンポジウムが基山町で開かれます。因みに基山町出身はジャイアンツの長野・芸人のどぶろっくだという。

Scan2.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0