So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

淡々と [高齢者]

 

 

 

「ニュース川柳

・問題は五輪のあとです統一旗

・税金が豆まき代わり名護選挙

・かたくなに夫人の無実語る臣

・隊員の冥福祈る佐賀の空」(2018210日西日本新聞)

 

病をどう受け入れるかも年寄りにとって大事な仕事ですね。

 

「みんなの広場

深く生きる決意ができた=無職・75歳 毎日新聞2018212日 東京朝刊「病によりて道心はおこる」という言葉は知っていました。

 しかし、淡々と過ごす定年退職後、次第に人生の目標もあいまいになり、「やることをやったし、いつ終わってもいい」との思いも頭をかすめていました。つまり、惰性の日々だったのです。 ところが、この1月に受診したがん検診で陽性反応が出てしまいました。25

年前に大腸がんを患った私です。「まさか」と思っても、「十分ありうる」と心が一変。これを機に人生を見直す心境になりました。「本当に終わってもいいのか。いや、まだまだし残したことがある」と。

 目が覚めた私は「もし、生き延びたら達成したいこと」を書き出してみました。「妻の病気克服」「家族の幸せ」「エッセーを書く」「イチゴ作り」「思い出の地再訪」。いくらでもある。「病」が人生を見直すきっかけとなり、深く生きる決意ができたことは確かです。再検査の3月を目指して心を強く生きたい。 」

 

なんとなく明日が来ると思っていますね。自戒しました。

015.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント